多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、汗に悩む方の心のケアを重視した、様々な対策や治療法をご紹介します。

多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)トップ

新着情報
  • 制汗剤 自分に合う使い方は?
  • 熱中症には汗腺トレーニング!
  • 夏の汗対策 拭き取ると逆に出やすくなる、蒸発させるのが吉
  • お出かけのときに困ったら…
  • いい汗をかいてにおいを出さない
  • 汗コントロール
  • webR25 冬の汗のにおいは夏よりキツい?
  • あなたの汗は、「良い汗」? 「悪い汗」?
  • 汗を止めるための、正しい汗の拭き方
  • 朝のメイク時にかく顔の汗を止める方法
  • Q 汗のべたつき、においが気になります……。
  • 汗をなるべくかきたくない! 汗をかかないために、水分を控えたほうがいい?
  • Q 顔や体の汗が止まらない! 一時的に止めるためのよい方法はないですか?
  • 汗をかいたときの対処法
  • 汗のニオイを消す入浴法
  • 夏の汗・体臭を防ぐテク
  • Q5 簡単にできる夏の汗のにおい対策は?
  • Q4 わきの汗のにおいが気になる。これってわきが?
  • Q3 悪い汗は、夏バテの原因になるって本当?
  • Q2 「よい汗」と「悪い汗」があるって本当?

制汗剤 自分に合う使い方は?

ニオイの強さ、耳垢で判断

腋臭や体臭、多汗の専門医、五味常明さんは「タイプは様々でも、制汗剤の役割は大きく二つ。制汗と抗菌です。体臭の強さに応じて、抗菌成分が自分に合った製品を選びましょう」。

まず体臭の強さの自己判定を。
綿棒で耳垢を取り、湿り具合で判断する。キャラメルが溶けたような耳垢なら、体臭が強い傾向があると考えられる。湿った状態ならば軽〜中程度。乾燥していれば、非ワキガ体質といえる。

体質で使い分け

ワキガ体質でない人は、植物エキスを配合したシートタイプで拭くだけで臭いは十分抑えられる。
軽〜中程度ならば、フェノールなど穏やかな抗菌剤が配合されたスプレータイプやアルコールが含まれたシートで除菌してから、植物性の制汗スプレーで汗を抑えれば十分だ。
強度の人は、殺菌作用の強い塩化ベンザルコニウムなどの入ったもので、直塗りを選ぶ。銀配合も殺菌効果が長く持続するという。
注意したいのは、軽度の体臭やワキガでない人が強い殺菌作用の製品を使うこと。通常は表皮ブドウ球菌という常在菌が別の強い菌の繁殖を防いでいるが、殺菌成分の強いものを使い滅菌状態が続くと、黄色ブドウ球菌など強い菌が繁殖する可能性がある。これでは逆効果。今まで以上に臭いが強くなってしまう。

帰宅後拭き取る

また、五井さんは「制汗スプレーを全身にするのはいけません。汗腺をふさいで、体温調整にも影響します」とも指摘。
ワキや足などの局所使用にとどめ、帰宅したら拭き取る。局所だけでも3日に1日は制汗剤を使わない「休制汗日」を設けるのも大切だ。

「気になる人は、肌でなく、衣類にスプレーする制汗剤を使いましょう」

汗を抑えるにもコツがある。出た汗をすぐに拭いてしまう人がいるが、これはよくない。汗が気化しないうちに拭き取ると、体温は下がらず、また汗が臭くなることもある。疲労や緊張、ストレスも汗を臭くする原因だ。
「よい汗をかくには、汗腺の機能を高めること」という五味さんが進めるのは、風呂場での汗腺トレーニング
2、3週間続けると効果的だ。



朝日新聞 2013年7月14日


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

熱中症には汗腺トレーニング!

美楽  2011年 9月号
美楽講座 37回 『熱中症には汗腺トレーニング!』


 人類はさまざまな環境の変化、外気温の変化に対応できるように、体温調節できる仕組みを得ました。しかし、冷房の普及で、体温調節がうまくいかなくなってしまったのです。この体温調節がうまくできないと、熱が体内にこもったままになり、熱中症を起こします。
 今号では、正しい汗のかきかた、そのための汗腺トレーニングの仕方などについて、五味クリニックの五味常明院長にお話を伺いました。


Q1 これまで、夏になると冷房をかけて快適な環境の中で暮らすのが普通でした。それによって私たちの体に起こった変化には、どういうものがあるとお考えですか?


私の外来には、「汗」に悩む患者さんが多数いらっしゃいます。彼らを見ていて痛感させられるのは、体温調節をうまくできない人が本当に多いということです。
人類はさまざまな環境の変化に対応するために恒温動物となり、外気温の変化に対応できるように、体温調節できる仕組みを得ました。かつて、夏は屋内も屋外も本当に暑かった。だから夏の季節には、汗を出し、体  内の熱を放出して体温を下げ、環境に対応してきたのです。
しかし、冷房の普及で状況は大きく変わりました。夏なのに、屋内はクーラーをガンガンにかけるために、寒すぎるほど。そのクーラーの熱は屋外に吐き出され、外は暑い。すると屋内をさらに冷やし、屋外はもっと  暑くなるという悪循環が始まったのです。
私たちはそのとても寒い屋内と、とても暑い屋外を往復することになります。暑さ、寒さの繰り返しを強いられることで、体温調節がうまくいかなくなってしまったのです。
今年は節電の影響で、冷房を自由に使いにくい。そこで私が危惧しているのが、熱中症の増加です。体温調節がうまくいかない現代人は、暑い夏になかなか対応できず、熱が体内にこもったままになり、熱中症を起こ  しやすいのです。


Q2 今年の夏を健康に乗り切るために肝心なことはなんでしょうか?


衰えた体温調節の機能を取り戻すことです。もっと具体的にいうと、汗を正しくかけるようになること。これが、体温調節をうまく行い、今年の夏を健康に乗り切る上で非常に重要だと考えています。


Q3 「汗を正しくかく」ことの重要性について、もう少し詳しく教えてください。


汗をかく器官である汗腺は、人間の進化の過程で最後につくられたものです。それゆえに未完成で、一番退化しやすく、使わないでいるとうまく機能しないようになります。
冷房の影響で一年の中で汗をかく機会が極端に減ってしまった現代、汗腺は退化し始めています。周囲を見渡すと気付くと思いますが、夏、「普通に汗をかいている人」は結構少ない。さほど暑い状況でもないのに、  滝のようにダラダラと汗をかいているか、まったくといっていいほど汗をかいていないか、そのどちらかでしょう。
必要以上に大汗をかくと体の水分やミネラルが失われて、めまいや脱力感、筋肉のけいれんを起こします。これは熱中症の症状のひとつ。また、暑くてもうまく汗をかけない人は、皮膚の血管が広がりすぎて血液が不  足し、血圧が下がって意識がもうろうとしてきます。体温が著しく上がり、意識障害を起こしてしまうことも。これらも熱中症の症状です。
正しく汗をかくことは、熱中症から身を守ることにつながるのです。


Q4 いい汗、悪い汗の見分け方は?


いい汗は、肌の上ですぐ乾き、汗が小粒で限りなく水に近く、量は適量です。一方、汗を大量にかく、汗が大粒で拭いても拭いても出てくる、汗がベタベタしている、汗が不快なニオイがする。といった場合は、それ  らは悪い汗でしょう。
汗腺が退化していない人は、必要な量の汗で体温調節ができます。でも、退化している人は、壊れた水道のように、いくらでも汗が出てくるのです。
汗は99%以上が水で、残りは塩分と微量のミネラルや乳酸などの老廃物。汗腺は汗が出た後、水分だけを残して、ほかの物質を再吸収します。だから、いい汗は限りなく水に近い。ベタベタもしないし、ニオイもしま  せん。
ところが汗腺が退化していると、"再吸収"をうまくできないのです。塩分やミネラルなども皮膚上に残りますから、ベタベタするし、老廃物のニオイがするのです。


Q5 つまり、「汗臭さ」「多汗」と言った悩みも、正しく汗をかけるようになれば、改善できるのでしょうか?


まさに、そうです。汗腺は使わなければすぐに退化しますが、もとの正常な働きを取り戻すのも早い。汗腺を鍛えて、正しく汗をかけるようになれば、汗に関する悩みとオサラバできるでしょう。


Q6 具体的な方法を教えてください。


"汗腺トレーニング"としてぜひやっていただきたいのが、「手足高温浴」と「半身浴」です。
まず、お茶や軟水のミネラルウォーターなどを多めに飲みます。
そして浴槽に43〜44度の熱めのお湯を少なめに張り、四つんばいになるようにして、膝から下の足と肘から先の手をお湯に浸けるのです。これが手足高温浴です。
全身の汗腺の中で、脳から遠い手や足の汗腺は機能が衰えやすい。手や足の血液が温められると、それが全身をめぐって体が芯まで温まり、脳の温度センサーが「いい汗」をかくように働きます。
手足高温浴の後は、40度前後のお湯を浴槽に張り、半身浴をします。お湯に浸かるのは、みぞおちから下。肩まで浸かると汗をかいても蒸発できず、体温調節をうまくできません。
半身浴をすると、体が芯から温まり汗が出ます。これによって体温が調整され、脳の温度が上がりすぎるのを防ぎます。半身浴からあがったら、硬水のミネラルウォーターをこまめに飲みましょう。
手足高温浴と半身浴は、2週間続けてください。2週間で、手や足はもちろん、ほかの体の部位の汗腺も活発に働くようになります。すると、汗を正しくかけるようになるのです。


Q7 入浴後はクーラーで体を冷やしてもいいですか?


NGです! クーラーで体を冷ますと、せっかくのトレーニングが台無しです。開いた汗腺が閉じてしまうからです。
入浴後はタオルで優しく水気を拭き取り、汗は自然な蒸発に任せてください。どうしても体がほてってつらいという場合は、うちわで首筋や額、脇の下のクールダウンを。


Q8 汗腺を鍛えるドリンクなどがあれば教えてください。


入浴後、リンゴ酢や黒酢を水やジュースで割って飲むといいですよ。体のエネルギー代謝を円滑にするクエン酸が含まれていて、自然に汗をかけるようになります。
逆に、ギンギンに冷えたビールはやめてください。発汗が急激に止まってしまい、トレーニング効果が半減します。


Q9 先生の美学について教えてください。


汗の悩みでいらっしゃる患者さんというのは、非常に優しい方が多い。通常、病気というのは、自分がつらいから、痛いから病院を受診されるわけですが、汗で悩んでいらっしゃる方は、「人に迷惑をかけているので  はないか」と他人を気遣っている。だから悩むのです。
そういう心優しい患者さんを悩みから解放してあげたい。それが患者さんと接するにあたって私が常に考えていることであり、美学であるのです。















多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

夏の汗対策 拭き取ると逆に出やすくなる、蒸発させるのが吉

 7月に入ってから、日本各地で最高気温35℃を超える“猛暑日”ばかり。連日、“汗”と戦っている人も多いはず。「汗博士」として知られ、体臭・多汗研究所所長、五味クリニック院長の五味常明さんはこう話す。

「汗をかきたくないので水分を控えるという人がいますが、飲まなければ汗が出ないというわけではありませんからちゃんと水分補給を。体温が上昇すれば汗は出ます。そのための水分を体に蓄えていなければ体液から無理にでも汗として水分を出そうとして脱水症状になるのです。必要でない水分は尿として排出されます」

 つまり、水分補給と汗の量が直結するわけではないということ。むしろ、暑い季節だからこそ水分補給は重要だというわけだ。

 では、どうすれば汗をかきにくくなるのだろうか。実は、汗をすぐ拭いてしまうのはよくないのだという。

「乾いたハンカチで絶えず汗を拭き取ると、逆に汗が出やすくなります。汗は皮膚上で蒸発して体温を下げることで減る仕組み。したたり落ちる汗は拭くとしても、残る汗は扇子などで風を送り、蒸発させて。もしくは、汗用シートなど“湿った布”を使い、水分を肌に残した状態で押さえるのもいいでしょう」

※女性セブン2013年8月8日号

http://news.mynavi.jp/news/2013/07/31/036/index.html 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

お出かけのときに困ったら…

とっさの緊急対策

予防だけでは止められない外出時の急な汗やにおい。
そんなとっさのトラブルに慌てないためにも、日頃から緊急の対策を知っておけば安心です。
そこで、外出時に役立つ情報をご紹介します。
とくに更年期を始めとする多汗は精神的な面が大きく、汗が出たことで動揺するともっと汗をかくという悪循環に陥ります。
汗が出てもまずゆっくり深呼吸。
その後で落ち着いて対処しましょう。


出た汗を上手にふく方法

流れるような汗が出てしまったらハンカチなどでふきます。
でも、ふいてもふいても間にあわないほど汗をかくから困っているはず。
汗が止まらない理由は、乾くまでふききってしまうから。
そもそも体温調節のために汗をかくのに、汗が蒸発できないと体温が下がりません。
そこで、からだはさらに汗をかいて体温を下げようとします。


汗をふくときは、流れ落ちるような汗は押さえつつ皮膚に適度に湿り気を残してふきとることがコツ。
においが気になる時は、濡れタオルでふくといいでしょう。


まとめ
汗をふくときは少し湿り気を残す


止まらない汗をなんとか抑えたい

人に会うときや人前に出る時など、汗で困ったというときに一時的に汗を抑える方法があります。
汗をぴたりと止めるわけにはいきませんが、部分的に刺激を与えることで一部の汗を抑えることができます。
上半身の汗を抑えたいときは、両方のバストの5cm上あたりを親指で強く圧迫します。
これで顔周辺の汗が一時的に止まるはずです。
また、下半身の汗を止めたいときには左右の腰のあたりを親指で強く圧迫してください。


まとめ
上半身の汗はバストの上を圧迫して止める
下半身の汗は腰のあたりを圧迫して止める


衣類の消臭対策でずいぶん違う

衣類に消臭スプレーをしておけば、少々の汗やにおいが出ても心配はいりません。
衣類の消臭スプレーには「経衣類消臭法」というコンセプトのデオドラント剤がおすすめです。
これは、におい分子のプラスやマイナスに対して、反対の極性のイオン分子を衣類にスプレーしてにおいを中和するというものです。

手軽にできて効果の高い衣類の消臭は、外出時の強い味方になってくれます。


「匂いのエイジングケア」(有楽出版社)より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

いい汗をかいてにおいを出さない

いい汗とは、ほとんどが水でできたサラサラの汗のことです。
汗腺は、血液から血球を除いた血漿をくみ取って汗を作りますが、血漿には水分の他にマグネシウム、ナトリウムといったミネラルが含まれています。
こうした体にとって必要なミネラルが体外に失われるのを防ぐため、汗腺には再吸収という働きがあります。
いったん汲み取ったミネラルをもう一度血管に戻して、残りの水分を汗として放出する働きです。
あまり汗をかかないと汗腺の再吸収能力が低下してべたべたした濃い汗をかくようになり、においが発生しやすくなります。
また体外にミネラルが多く出てしまうので、慢性疲労などの不調を引き起こすので注意が必要です。


いい汗をかくための3カ条
◆半身浴などでゆっくり汗をかく
◆湯上がりにクールダウンする
◆ストレッチやウォーキングなど軽い運動を心がける


入浴後にはクールダウン

入浴後すぐにクーラーの冷気にあたって汗をかかないという人が増えています。
しかし、入浴後のクールダウンにこそ汗腺の働きを高めるポイントがあります。
正しいクールダウンの方法を知って、汗腺の機能アップを目指しましょう。


クールダウンはこうする
◆入浴後はゆっくり汗をかき、体温を自然に下げる
◆入浴後の汗は、タオルを軽く押しつけてふき取る。
肌に湿り気を残すくらいを目安に
◆固く絞った濡れタオルでふくのもおすすめ
◆なるべくクーラーに頼らず、ほてりはうちわで顔をあおぐなどして静める
◆入浴後すぐに服を着ない。
汗が収まるのを待って体が冷える前に着る


エイジングケアと汗

いい汗をかくのはアンチエイジングの手助けにもなると言われています。
その理由は、汗をかくと新陳代謝が上がり、ホルモンの分泌を促して抗酸化力が高まるからです。
また、いい汗には美肌効果も期待できます。
いい汗をかくといい皮脂が出て、そのふたつが皮脂膜となって肌を守るからです。
皮脂膜は肌の水分の蒸発を防ぐだけでなく、ウイルスの侵入からガードするバリアの役目も果たし、肌をしっとりさせます。


まとめ
いい汗をかく→いい皮脂が出る→肌を守る→美容にいい


Column
お風呂上がりに飲みたいドリンク

入浴後のクールダウンには発汗を促すドリンクがおすすめです。


サワードリンク
リンゴ酢や黒酢などを蜂蜜と一緒にお湯で溶く。
夏場は常温に冷まして。

*クエン酸を含むお酢はからだのエネルギー代謝を円滑にするため、自然な発汗を促す。


生姜ドリンク
すりおろした生姜に蜂蜜を加えてお湯で溶く。
好みでレモンを加えてもいい。
夏場は常温に冷まして。

*発汗作用のある生姜は汗腺の機能を高める。


飲んではいけないもの…
キンキンに冷えたビールやジュース。
お風呂上がりに冷たいものを飲むと、発汗が止まってしまいます。


「匂いのエイジングケア」(有楽出版社)より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗コントロール

汗コントロール
体温調節機能を担っている汗は、人間にとって欠かせないもの。
しかしこの汗こそ体臭に深く関わる問題でもあります。
サラリとしたいい汗には本来においはありませんが、汗が酸化したり、細菌が繁殖したりするとにおいが発生します。
また汗をかく機能の低下や不健康な生活習慣によって、汗ににおい物質が混ざるようになることもあります。
いい汗をかけるようにコントロールすることこそ、におい予防に欠かせない対策のひとつです。


汗の種類は2つ

人間のからだには、エクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺があります。
汗はこの2つの汗腺から出ますが、その性質は大きく異なります。


サラサラのいい汗
からだの至る所に無数にある汗腺がエクリン腺です。
汗のほとんどはここから出るといえます。
この汗は99%が水であり、塩分や尿素、アンモニアなどが残りごくわずかに含まれています。
においははとんどなく、サラリとしているので蒸発しやすい汗です。


においの強い汗
わきの下やおへそのまわりなど、一部の場所にのみ存在するのがアポクリン腺です。
ここから出る汗はやや粘り気があり、たんぱく質、糖質、脂質、アンモニアなど様々な成分を多く含んでいます。
また塩分がほとんどないため菌が繁殖しやすく、わきが臭の元になります。


更年期の汗もにおいの大敵!

更年期障害の代表的な症状に"ホットフラッシュ"があります。
"ホットフラッシュ"とはほてりやのぼせのことで、顔を中心に上半身に集中して汗をかきます。
女性ホルモンの低下で汗腺機能の調節がうまくいかなくなることや、自律神経の乱れによって起こります。

こうした更年期の汗はにおいが強いのが特徴。
一部の汗腺から集中して大量に汗が出ると濃度が濃く、べたべたして蒸発しにくい汗になります。
日頃から軽い運動をしたり、半身浴でよく汗をかくなど、更年期の汗対策には汗腺をコントロールすることが予防につながります。


Column
デオドラント剤の選び方

わきの下のにおいを抑えるデオドラント剤にはいろいろなタイプが出ています。
目的によってタイプを選ぶといいでしょう。
使い方は「部分的」「短時間」が基本。
広範囲に塗布したり、長時間の使用はなるべく控え、外出から戻ったらふきとるようにします。


スプレータイプ、パウダータイプ
制汗作用の高いものが多いので、わきの汗や汗臭さを抑えたい時におすすめ。


ふきとりシート
急な発汗に悩まされている場合は、持ち歩けてすぐに使えるシートを。


ロールオン、クリームタイプ
殺菌作用が強いものが多いので、わきが臭の予防におすすめ。
わきが臭の場合は、デオドラント剤は香りが混ざらない無香性のものを。


「匂いのエイジングケア」(有楽出版社)より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

webR25 冬の汗のにおいは夏よりキツい?

webR25に五味院長の取材記事が掲載されました。


冬の汗のにおいは夏よりキツい?

気温と湿度が高い夏はどんなに薄着をしていても、汗をダラダラとかいてしまうもの。自然とケアにも注意が行きます。それに比べて、気温も湿度も低い冬は汗をめったにかかないから、制汗・消臭ケアの必要はない。そう思っている人は周囲に迷惑をかけているかもしれません…。

「あまり知られていないようですが、実は汗をたくさんかく夏より、あまり汗をかかない冬の方が発汗後のにおいは強くなるのです。実際に、汗のにおい悩みを訴えて来院する方は夏よりも冬に多いのです」

と、教えてくれたのはワキガの治療や多汗症のカウンセリングを専門に行う五味クリニック院長の五味常明先生。「汗のにおい対策商品」の宣伝をよく目にする夏より、冬の汗のにおいの方がキツいなんて! これはどうしてなの?

「冬の方が汗のにおいがキツくなる主な理由は2つあります。1つは、冬になると汗をかく量が減って汗腺機能が弱まるため。これにより、夏に比べてアンモニア、たんぱく質、皮質などを多く含んだ“濃い汗”をかき、これらの成分が独特のにおいを発生させるのです。もう1つは、冬になると厚着をするため衣服内の通気性が悪くなるから。そのため汗が長時間皮膚に留まり、脇の下などの部位が蒸れることで、キツいにおいの原因となる雑菌が繁殖されます。また、冬になると体温を下げない目的で、基礎代謝が高まります。したがって、暖房の効いた場所で体を動かして暑さを感じたとき、大量の“濃い汗”をかいてしまうのです。しかもその汗は、厚着をした衣服のせいで乾きにくい…。このように、汗のにおいがキツくなる条件が整っているのが冬なのです」


(続きは以下のページでご覧ください)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121220-00000005-rnijugo-life

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

あなたの汗は、「良い汗」? 「悪い汗」?

「良い汗」と「悪い汗」の違い

 汗にはゆっくりじんわりと出る「良い汗」と、急激な温度差で大粒の汗がドトっと出る「悪い汗」があります。「良い汗」は、サラッとして臭わず小粒で限りなく水に近い汗です。「悪い汗」は、ベトベトして臭う、大粒でミネラル分が多い汗です。



悪い汗が出る原因

 運動不足やクーラーに頼る生活による汗腺機能の低下が、「悪い汗」をかく原因といわれています。
 通常、体温が上昇すると血液から水分とミネラルが汗腺に取り込まれ、体に大切なミネラルのみ血液に再吸収され、水分と塩分だけは「良い汗」として放出されます。しかし、汗腺が上手に働かないと、ミネラルが血液に再吸収されずに水分と塩分と一緒にベタついた「悪い汗」として放出されてしまいます。悪い汗は、体に必要なミネラル分を血液から奪うため、慢性疲労や熱中症の原因にもなります。また、ミネラル分の多い汗は体温調節をうまく行えないため、免疫力や腎臓機能を低下、自律神経失調症なども引き起こします。



豆知識

あなたの生活習慣をチェック

チェックマークが多い人ほど、悪い汗をかく可能性が高い。

□クーラーが効いた部屋で過ごすことが多い。
□眠りが浅く不眠気味。
□水分をあまり摂らない。
□お風呂よりシャワーで済ませることが多い。
□運動をしていない。
□肥満気味。
□姿勢が悪い。
□冷え性。
□ストレスの多い生活をしている。
□タバコを吸っている。



対策1 入浴方法の見直し

 汗腺は使わなければ退化し、退化すると「良い汗」はかけません。そこでおすすめなのが、毎日の入浴で汗腺を鍛える「汗腺トレーニング」です。
 まず初めに「手足高温浴」を行います。43〜44℃の熱めのお湯を少なめに張った浴槽に、両手の肘から先と、両足の膝から下だけを10〜15分浸します。バスチェアを使って、ちょっと前かがみで行えば楽にできます。その後、ぬるめのお湯を加えて湯の温度を37〜38℃ぐらいにし、「半身浴」をします。みぞおちまでお湯に浸かり、10〜15分ぐらい温まると良いでしょう。

汗腺トレーニングの注意点

●入浴後にクーラーを使って体を冷やすのはNG。窓を開けて換気をして、うちわや扇子であおぐなどゆっくりと平静な状態に。
●入浴前と入浴中・入浴後の水分補給が大切。入浴前はしょうがドリンクやしょうが紅茶、リンゴ酢を、入浴中や入浴後はミネラルウォーターがおすすめ。



対策2 生活習慣・食生活の見直し

 汗をかくべき夏に十分発汗せず、年中、クーラーの効いた部屋で一定の温度で暮らしていると、発汗を刺激するセンサーも弱ってしまいます。クーラーを使用する場合は、外気温との差を5℃以内に抑えましょう。
 また、発汗を促し汗腺機能を高めるしょうがなどの食材を取り入れることも大切。すりおろしたしょうがに蜂蜜を加えてお湯で溶いた「しょうがドリンク」がおすすめです。



Bon Vivant 2012年 vol.81


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗を止めるための、正しい汗の拭き方

上手に体温を下げるためには、汗を自然に蒸発させることが大切。

乾いたタオルなどで汗をすべて拭き取ってしまうと、肌表面の水分が一気になくなってしまうため、汗の蒸発が妨げられ、体温調節ができなくなってしまいます。

堅く絞ったぬれタオルなどを使い、肌表面に湿りけを残す程度に拭きましょう。


オレンジページ 2012.08.02


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

朝のメイク時にかく顔の汗を止める方法

保冷剤などを顔に当てて直接皮膚センサーを冷やすのが効果的。

皮膚センサーが汗を止める指令を送るため、汗が出にくくなります。

ただし、これは皮膚センサーをだまして汗を止めているにすぎず、冷やしすぎると汗腺の機能を低下させてしまうので、あくまでもメイク時の一時的な対策にとどめておきましょう。


オレンジページ 2012.08.02



多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

Q 汗のべたつき、においが気になります……。

A 汗には「いい汗」と「悪い汗」の2種類があり、「悪い汗」がべたつき、においの原因に。「いい汗」をかく習慣づくりが大切!

汗腺は、血液中の血漿をくみ取って汗の原料としていて、血漿の成分をいったん血管に戻してろ過したのちに、残りを汗として出しています。
ふだんはこの汗腺の働きが正常に行われるため、さらさらの「いい汗」が出るのです。

しかし、汗をかく機会が減った現代人の汗腺は機能が衰え、この再吸収能力が低下しているため、ミネラル分が必要以上に放出されてしまいます。
これがベトベト&におう「悪い汗」の原因。

日ごろから、冷房をきかせすぎない、冷たい食べ物・飲み物をとりすぎないなど、汗腺の機能をそこなわない生活を送りましょう。



オレンジページ 2012.08.02


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗をなるべくかきたくない! 汗をかかないために、水分を控えたほうがいい?

A 発汗は体を暑さから守るための大切な摂理! こまめな水分補給が必要不可欠です。

人間は、上がった体温を下げるために汗をかいています。
つまり、汗が蒸発するときの気化熱で体から熱を奪い、体温を調節しているのです。

その目的は、脳を暑さから守るため。脳は温度の変化に敏感で、とくに高温に弱い器官。
その機能を守るために、脳が高温になると、37℃前後の体温をキープしようと汗をかいて体から熱を放出しているのです。

逆に、汗をかくことができないと、熱をうまく逃がすことができず、熱中症などを引き起こすおそれが。そのためにも、こまめに水分を補給して、自然な発汗を促すことが大切なのです。

オレンジページ 2012.08.02


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

Q 顔や体の汗が止まらない! 一時的に止めるためのよい方法はないですか?

A 冷やした保冷剤などで首のつけ根やわきの下などを冷やすのが効果的です。

私たちの体には発汗を指令する2つのセンサーが備わっています。

ひとつは、気温の変化に反応する皮膚センサー。
もうひとつは体温の上昇に反応する脳センサー。

この脳センサーに直接信号が届きやすい部分をピンポイントで冷やすことで、発汗を止めることができます。

場所は首のつけ根やわきの下といった、皮膚の表面近くを走る動脈部分。
ここを冷やすことで血液の温度が下がり、その冷えた血液が体をめぐるため、汗が止まりやすくなります。
この方法は、汗の蒸発を妨げることなく、脳温を下げるのに効果的。

オレンジページ 2012.08.02


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗をかいたときの対処法

時間がたつとニオイが出る

汗が細菌や垢と反応し、ニオイ始めるまでには1時間ほどかかります。だから、汗をかいてすぐふけば、ニオイは出ません。また、汗をすぐ蒸発させられるよう、吸水性に優れた綿や絹、速乾性のある素材の服を選ぶのもポイント。

汗ふきは濡れタオルで

汗をかいたら、固く絞った濡れタオルでふくのがベスト。乾いたタオルやハンカチだと、水分はふき取れても、ニオイの元になる雑菌や皮脂の汚れを取るのは無理。濡れタオルなら、、まとめてふき取り、効果的にニオイを防ぎます。

ミョウバン水で制汗&防臭

古代ローマ人も使っていた

料理に使われるミョウバンは、古代ローマ人が制汗剤として使っていたほど、歴史のある体に安心なデオドラント剤。皮膚を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を防ぎます。ミョウバンを水に溶かした液で、ニオイの気になる部分のケアを。冷蔵庫で1ヶ月は保存できます。

作り方
/紕械娃ccに、ミョウバン10gを溶かす(溶け残っても1日置くと透明になる)。
▲好廛譟射憧錣貌れ、ニオイが気になる部分に吹き付ける。


からだにいいこと2012年8月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗のニオイを消す入浴法

\いすぎるとクサくなる

ニオイを気にしてゴシゴシ…実はこれは逆効果! 体を強くこすったり、何度も体を洗うと皮脂が必要以上に落ちます。すると保護のため、より多くの皮脂が出てニオイの元に。石けんを浸かって洗うのも3日に1度で十分とか。重曹を入れたお風呂はニオイ退治に○。

洗い方 洗面器にお湯を少し張り、石けんをよく泡立てる。この泡を手にのせ、やさしく肌を包むように洗う。タオルは使わないで。

重曹風呂 重曹のお風呂で皮脂の酸化を防ぎ、ニオわない体に。浴槽に大さじ1の重曹を入れたお風呂に週1〜2回はいる。ただし週2回以上は避けて。

⊆蠡浴でニオイを撃退

「汗かき不足」の現代人にオススメなのが、入浴時の「汗腺トレーニング」。高温のお風呂で一気に汗をかくことで、汗腺の機能を高めます。さらに働きの悪くなっている「寝たふり汗腺」を目覚めさせる作用も。これを2週間続けると、いい汗をかけるようになります。

やり方 43〜44度の熱めのお湯を、湯船に1/3から半分ためる。ひじから先と、ひざから下をつけ、10〜15分手足浴を。全身浴より効果的に汗が出る。皮膚が弱ければ温度を1〜2度下げて。手足浴の後は、ぬるい風呂で半身浴しリラックスして。

F浴後の汗でニオわない体に

入浴後はエアコンや扇風機で体を冷やさず、汗を十分出しましょう。実は、急激に汗を引かせると体が乾燥し、これが過剰な皮脂の原因にも。汗を自然に引かさせると、角質が潤うため、美肌効果もあります。暑ければ、うちわを使ってゆっくり汗を引かせましょう。


からだにいいこと2012年8月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

夏の汗・体臭を防ぐテク

「もともと、汗はニオうものではないんです。ただ現代人は"ニオイやすい汗"をかく人が増えていますね」と五味先生。汗がニオうのは、時間がたつごとに皮膚の雑菌によって分解されて、ニオイ物質が発生するため。
「でも、水のようにサラサラした汗はすぐに蒸発し、ニオイが出るまでになりません。問題はベタベタした汗。運動不足などで汗をかいていないと、蒸発しにくい、ニオイやすい汗になる」
 もうひとつ、女性の傾向として「洗いすぎ」によるニオイの増加もあるとか。次の対策を実践して、ニオわない体になりましょう。

あなたの汗はニオう? ニオわない?

運動不足や、エアコン漬けで汗をかかない生活をしていると、汗腺の機能が低下します。するとミネラルを含んだ、ベタベタの汗に。蒸発しにくい上、菌が繁殖しやすくニオイの元に。あなたはサラサラの汗をかけてる?


からだにいいこと2012年8月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

Q5 簡単にできる夏の汗のにおい対策は?

A 汗をきちんと処理して「よい汗」をかくこと

 汗のにおいを予防するには、まずにおいの原因を絶つことが大事です。ポイントは、次の3つです。

○汗を抑える…外出前には、制汗剤を使用する。汗を拭き、しっかり乾かしてから使用するとより効果的。においが特に気になる場合は、抗菌作用が強いタイプを使用するとよい。制汗剤は汗腺をふさぐことで汗の量を減らすため、広い範囲の汗腺をふさがないよう「部分的」に「短時間」利用する。

○濡れたタオルでこまめに拭く…汗がにおいを発生するまでは約1時間。それまでに濡れタオルで、汗の成分や雑菌、皮脂汚れを取り除く。

○衣類に汗を染み込ませない…衣類に汗がしみると雑菌が繁殖しやすくなる。わき汗パッドや、消臭作用のある衣類などを上手に活用する。

かいた汗をにおわせない3カ条

・汗を抑える
・濡れタオルでこまめに拭く
・衣類に汗を染み込ませない

 また、においを抑えるには、汗腺の機能を高めて、においを発生しない「よい汗」(Q2参照)をかく体づくりをすることも大切です。

 汗腺は、使わなければ退化しやすい反面、よい汗をかくほど機能は高まり、短期間で眠っていた汗腺が目覚めるという特徴があります。汗腺の機能を高めるために、次のことに気をつけましょう。

○エアコンに頼り過ぎない…エアコンが効いた環境にばかりいると汗をかかなくなり、汗腺の機能が低下する。
○運動で汗をかく…汗をかき汗腺の機能を高める。ウォーキングなどがおすすめ。
○夏でも湯船に浸かる…血行がよくなり発汗が促され、汗腺の機能が高まる(よい汗をかくための入浴法参照)。同時に、においのもととなる体内の乳酸が減り、体臭が軽減される。

よい汗をかくための生活習慣

・エアコンに頼りすぎない
・運動で汗をかく
・夏でも湯船に浸かる

よい汗をかくための入浴法

毎日運動をして汗をかくことができなくても、毎日の入浴で簡単に汗をかくことができます。3週間続けると、休眠汗腺の約30%が目覚めます。

’めの湯で手足浴

43〜44℃の熱めのお湯に、ひじ先とひざ下を10〜15分ほど浸ける。手足に多くある「休眠汗腺」を集中的に温める。

△未襪淌鬚波梢藩瓩泙燭倭歓藩

湯を足し、36℃ほどのぬるめのお湯に10〜15分ほど浸かる。熱めの湯で高まった交感神経を鎮める。

I呂上がりに汗を自然に蒸発させる

体温調節のための汗をきちんと出し、汗が自然に蒸発するまで待つ。生姜ドリンクなどで水分補給するのもよい


セルフドクター Vol.061



多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

Q4 わきの汗のにおいが気になる。これってわきが?

A 「わきのにおい=わきが」ではないのです

 わきのニオイの原因は「汗によるにおい」と「わきが」の2つです。わきがは一般の汗のにおいとは異なり、わきの下など限られた箇所にある「アポクリン汗腺」という汗腺から出る汗がもとになっています。尿素やアンモニアなどが含まれ、汗自体がにおうのが特徴。さらに細菌によって分解された脂肪酸などの物質と混ざることで、強い「わきが臭」となります。
 アポクリン汗腺は誰にでもありますが、わきがのある人はない人に比べてその数が多く、サイズが大きいと言われ、日本人の10人に1人が、わきが体質といわれています。
 わきが臭は、殺菌作用の強い制汗剤や消臭剤を使用することで、一時的に効果が得られます。また現在は、短時間の手術で完全にニオイを抑えることが可能になっています。悩む前に、皮膚科などで相談するとよいでしょう。

わきが発生のメカニズム

アポクリン汗腺から出る汗には、尿素やアンモニアなどにおいのある物質が含まれ、もともと汗がにおう。さらに、脂肪と汗をもとに雑菌がつくり出すにおい物質と混ざると、においが強まる。

耳垢で「わきが」セルフチェック

耳垢は、はがれた皮膚や、わきが臭のもととなるアポクリン汗腺からの汗が混ざったものです。耳垢が、ねばねばした溶けたキャラメル状の人の7〜9割が、一般的な「わきが」と考えられます。耳垢が乾燥している場合は心配ありません。

セルフドクター Vol.061



多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

Q3 悪い汗は、夏バテの原因になるって本当?

A 水分とミネラルを失い夏バテを招きます

 Q2でも触れたように、悪い汗をかくと水分と共に、体に必要なミネラルが多量に失われます。すると疲れやすくなるほか、夏バテや熱中症を招きます。

 また悪い汗で失われるミネラルは、代謝に不可欠な成分。悪い汗をかくことで代謝機能が低下し、、夏でも冷える体になるだけでなく、太りやすい体質になってしまいます。
 さらに悪い汗をかき続けると、汗に含まれる免疫グロブリンの量が低下し、かぜのウィルスや細菌などへの抵抗力が弱まってしまいます。

 汗は、においやべたつきの原因として嫌われがちですが、実はそれは「悪い汗」だから。「よい汗」は、体温調節機能を高めて熱中症や夏バテを防ぐだけでなく、免疫力や代謝を高めるなど、健康な体づくりに欠かせないものなのです。

悪い汗が招く悪影響

・夏バテ・熱中症
・免疫力の低下
・冷えやすい
・太りやすい


セルフドクター Vol.061


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

Q2 「よい汗」と「悪い汗」があるって本当?

A 「よい汗」をかくと汗臭さはなくなります

 汗には、においのない「よい汗」と、におう「悪い汗」の2つがあります。
 汗を出す汗腺は、血液中の血漿から汗をつくり、発汗します。その際、血漿に含まれるナトリウムやマグネシウムなど、体に必要なミネラルは、濾過して血管に戻しています。このろ過機能がきちんと働いているのが「よい汗」で、Q1で触れたように99パーセントは水分です。
 しかし、汗腺の濾過機能が鈍ると、ミネラルを血管に戻すこと(再吸収)ができず、汗と共に多量に排出してしまいます。これが「悪い汗」。それぞれの汗の特徴は以下の通りです。
○よい汗…さらさらしていて蒸発しやすいため、少ない汗で効率よく体温調節ができる。少量の塩分を含み、皮膚を酸性に保つ。雑菌の繁殖が抑えられ、においは発生しにくい。
○悪い汗…べたべたしていて蒸発しにくいため、体温調節がうまく行われず、だらだらと汗をかく。ミネラルを多く含み、皮膚をアルカリ性にする。雑菌が繁殖しやすいため、においを発生しやすい。
 現代人は、「悪い汗」をかきやすくなっていると言えます。その原因は、汗をかくことが減り汗腺が衰えたことです。汗腺は、人間の進化の過程で最後につくられた未完成の器官といわれ、全体の約半分は「休眠汗腺」といって通常は働いていません。汗をかかない生活をしていると、さらに汗腺は退化し「休眠汗腺」を増やしてしまうのです。悪い汗は、さまざまな不調の原因にもなります(Q3参照)。よい汗をかく体質に改善しましょう(Q7参照)。



よい汗のメカニズム

汗腺の機能がよいため、汗腺に取り込まれたミネラルが血液中へスムーズに再吸収される。

よい汗の特徴
・汗の粒が小さい
・さらさらしている
・蒸発しやすい
・じんわり出る
・必要に応じてかく

悪い汗のメカニズム

休眠汗腺が増えて機能が低下しており、汗腺に取り込まれたミネラルが再吸収されず、汗と共に出てしまう。

悪い汗の特徴
・汗の粒が大きい
・べたべたしている
・蒸発しにくい
・一気にどっと出る
・だらだらかく


セルフドクター Vol.061


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

記事検索
リンク

加齢臭、その原因と対策
活性酸素の生成を抑える抗酸化食品を摂る等の加齢臭防止の方法をご紹介しています。

体のニオイの悩みに応える体臭ブログ
においをケアして、悩みを解消、もっときれいになろう。

わきがで悩んでいる方のためのブログ
ワキガの原因から、ワキガの悩みを解消するための様々な方法を取り上げています。

健康食品関連リンク

各種ビタミンの健康への効果を紹介した書籍
トマトのリコピンやトコトリエノールなどのビタミン関連の健康食品を紹介したサイトです。ハート出版の健康書籍ふるさと文庫から。

健康によいビタミンの本(ブログ)
アスタキサンチンやリコピンなど健康によい各種のビタミン類を紹介したブログです。

ソムリエのいるイタリアン酒場、何駄感駄
池袋での結婚式の2次会や忘年会など各種宴会、パーティーで人気のお店、何駄感駄(なんだかんだ)公式サイトです。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

since 2009.04.07

プロフィール

医学博士・五味常明
1949年、長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。ワキガ・体臭・多汗治療の現場で実践。 わきがの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。 TVや雑誌でも活躍中。 99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

五味クリニック院長
流通経済大学 客員教授
日本心療外科研究会代表
体臭・多汗研究所所長

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ