多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、汗に悩む方の心のケアを重視した、様々な対策や治療法をご紹介します。

多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)トップ

新着情報
  • 欧米化が体臭を強くする? ニオイを作る食事
  • 汗をかく仕組みとふたつの汗腺
  • サラサラした「いい汗」とベタベタした「悪い汗」
  • 汗の成分の99%以上が水分。汗だけならニオわない!
  • どうして汗をかくの? 汗が果たす役割
  • 立ち止まると流れる汗の仕組みは?
  • オフィスでは肌より汗が気になる
  • 舞妓さんもやっている?知って役立つ“汗を一瞬で止める”テクニック
  • 節電の夏に学ぶ「正しい汗」のかき方 暑さ乗り切る智恵の数々
  • 節電の夏を乗り切る!からだの上手なクールダウン
  • 汗の臭い、あなたは大丈夫ですか? 正しい入浴法と入浴剤のすすめ
  • よく汗をかくので困っています
  • ここ数年、大汗をかくように。節電で暑さが直撃しそうなこの夏を乗り切れるか心配
  • 汗のしずくが腕を流れるほど多汗です。(体臭多汗Q&A 25)
  • ワキガ多汗症のボトックス治療について教えてください(体臭多汗Q&A 21)
  • ワキガ手術後、ワキの汗はどの程度減りますか?(体臭多汗Q&A 14)
  • 汗を制する! 夏に強いカラダの作り方
  • 知って制する! 汗とニオイのメカニズム
  • エアコンの多用や運動不足 汗をかく機会が減る現代人
  • 汗をかかないと人間の汗腺は機能が低下。汗の臭いの元凶は「悪い汗」をかくこと

欧米化が体臭を強くする? ニオイを作る食事

 汗腺の他に、肌のうるおいを保つ働きをする皮脂を分泌する皮脂腺もニオイに関係します。皮脂が多く分泌されすぎると、汗と共に分解・酸化されてニオイの元に。その原因は、動物性たんぱく質の摂りすぎにより皮脂腺が活発になってしまうから。

「欧米化した食事も体臭を強くする原因の一つです。動物性脂肪を摂りすぎると、皮脂が多く分泌されるだけでなく、汗腺から分泌される油脂成分が多くなり、体臭が強くなります」(五味先生)。

 食事内容の変化で肥満の人が増えたのも、体臭が気になる人が増えた理由のひとつです。肥満の人は、体外へ放出するのを分厚い皮下脂肪がブロックしてしまい、体温が上がりやすいのです。その体温を下げるために、発汗が必要となり普通の人よりも汗をかきやすくなります。

 それとは逆に、無理なダイエットも体臭を生み出す原因になりかねません。過度な食事制限をすると、エネルギーとなる炭水化物やたんぱく質が不足し、カラダが飢餓状態になります。そこで、身を守ろうと貯蔵していた中性脂肪を燃やそうとするのですが、このとき中性脂肪がニオイを放つ脂肪酸に変化します。これが初期段階の「ダイエット臭」です。次に、体内の酸素が不足することで疲労物質である乳酸が生まれますが、乳酸はアンモニアと一緒に汗に出る性質があり、アンモニア臭が強くなります。最後に、空腹のまま体内の脂肪を燃焼し続けると、脂肪酸がニオイの強いケトン体を生成して強いニオイを放ちます。


Body+  2012年9月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗をかく仕組みとふたつの汗腺

汗を分泌する汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。エクリン腺はカラダのほとんどの部分に広がり、通常「汗をかく」というときの汗はエクリン腺から出ています。エクリン腺はアポクリン腺に比べ体温を低く下げることができます。

 人により200万〜500万のエクリン腺があるといわれますが、その半分近くは普段は休眠状態にあります。それに加えて、現代人は運動不足やエアコンの効いた室内にいることが増えたため、汗をかく必要がなくなり、さらに休眠汗腺の数が増えています。つまり、実際に活動している能動汗腺の数が減っているのです。

「能動汗腺の数が減ると、一つの汗腺は他の休眠している汗腺の分まで働かなければならなくなります。そのためゆっくり、ミネラル類を血液に戻している余裕がなくなってしまいます。つまり、『悪い汗』が増えて、ニオイの元になります」(五味先生)。

 また、もう一つの汗腺、アポクリン腺のほとんどはワキの下にあり、人により乳輪、へその周囲、外耳道、外陰部、肛門周辺などに存在することもあります。アポクリン腺はエクリン腺に比べて大きく、その役割は体温調節ではなく、体臭の原因となる汗を産生することです。やや粘り気のある汗で、塩分をほとんど含まないので、人の皮膚の常在菌が繁殖しやすくなり、その発酵臭が体臭の原因になります。いわゆるワキガはアポクリン腺から出る汗によるものです。


Body+  2012年9月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

サラサラした「いい汗」とベタベタした「悪い汗」

 通常の汗臭さとは別に、血管に戻すためのろ過機能である『汗の再吸収』がきちんと働かずに、血しょうのごく微量の成分が汗として排出されてしまう場合があり、これが『ニオイの元』になります。「血しょう成分の多くを再吸収して水に近い「いい汗」、再吸収できなかった汗を「悪い汗」と私は呼んでいます」〈五味先生〉。     
「いい汗」は水のようにサラサラしているので蒸発しやすく、ニオイが発生しません。しかし、「悪い汗」はベタベタしているので蒸発しにくく、ニオイの元になります。


「いい汗」と「悪い汗」の比較表

いい汗悪い汗
・汗腺の再吸収が働き、ミネラル等の栄養成分が血液中に戻る・汗腺の再吸収が不十分なため、栄養成分やアンモニアが汗に含まれる
・小粒で濃度が薄い・大粒で濃度が濃い
・水に近くさらさら・ねばねば、べとべと
・蒸発しやすい→体温調節の効率がよい ・蒸発しにくい→体温調節の効率が悪い
・菌が発生しないので、ほぼ無臭・菌が発生しやすく、ニオイが発生
     ・ミネラルが排出され、夏バテの原因に

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗の成分の99%以上が水分。汗だけならニオわない!

「汗の一番の理想は〈水〉です。水は粒子が小さいから蒸発しやすいんです」と五味先生。水に近い汗は蒸発しやすいので、より少ない汗の量で体温を下げられるのです。では、実際汗は何でできているのでしょうか? 汗は血液を材料としており、血しょうを薄めたものと同じです。成分の99%以上は水で、わずか1%の中に、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルや、ニオイの元となるアンモニアが微量ですが含まれています。しかし、汗をかくたびに水分以外の成分を排出しているとアンモニア臭が出て、カラダに必要なミネラルも失われてしまいます。そこで、汗腺には、水以外の成分だけを再吸収して、残りの水分を汗として出す働きがあります。つまり、本来の汗は水に近いので、ニオイが出るまでにはならないはずなのです。

 汗がほとんど水であればニオうことはないのに、汗にはなぜ「汗臭さ」があるのでしょうか? それは、時間が経つと皮膚の雑菌や垢と反応して、ニオイ物質が出るためです。また、ワキや汗がニオいやすいのは、汗が溜まったり蒸れたりしやすく、蒸発しにくい箇所だからということも原因のひとつです。このような「汗臭さ」には、ニオイが発生する前、汗をかいて1時間以内にふき取ることで対処できます。水で濡らしたタオルでふき取ると、雑菌や皮脂汚れも取り除くことができます。ただし、汗は体温を下げるためにかくものなので、自然に蒸発させることも大切です。すぐにふき取ることができないワキには、汗ワキパッドが有効でしょう。

Body+  2012年9月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

どうして汗をかくの? 汗が果たす役割

「ニオイが出るから、汗をかくのは嫌!」と思っている人はいませんか? しかし、汗は私たちのカラダの中で大切な役割を果たしています。発汗することで体温を調節するので、生きていくために必要不可欠です。
「『汗は尿と同じ排泄物』と思っている方が多いのですが、これは間違いです。微量の老廃物を含んでいますが、尿のように排泄を目的としたものではありません。皮膚の上で蒸発するときにカラダの熱を下げます。これが汗の役割です。炎天下でマラソンをしたときに、一滴も汗をかかなければ体温は38、39度と上がってしまうでしょう。しかし、たった100mlの汗をかけば、体温は平熱に保たれます」と話すのはニオイ・多汗研究の第一人者、五味常明先生。これを「温熱性発汗」といい、カラダにとって必要な発汗です。
 このほかに、驚いたり緊張したりすると冷や汗をかいたり、手のひらや足の裏に汗をかくことがあります。これは「精神性発汗」といい、感情の高まりが去ると、自然と汗が引きます。


Body+  2012年9月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

立ち止まると流れる汗の仕組みは?

汗が流れる時は皮膚血管の血液量が豊富になるのですが、歩いている最中は血液が筋肉へ優先的に集まるため、皮膚血管の血液量が上がらず、発汗しにくいんですね。その後、立ち止まった時には体に熱ができており、体温を下げようと皮膚血管に一気に血が集まります。そのため、汗が一斉に噴き出すのだと考えられます。

歩いている時には皮膚の表面を空気が流れており、立ち止まっている時より汗が蒸発しやすい。そのため、歩いている時の方が発汗を感じにくいともいえるでしょう。また、汗が蒸発すると体の熱は気化熱として放出されますから、その分、皮膚温度が下がり発汗が抑えられるという側面もあります。

立ち止まった時、少しでもうちわや扇子であおぐことです。先ほど言ったように、汗は蒸発することで体の熱を放出させます。体に風を当てると汗は蒸発しやすくなりますから、その分皮膚温度が下がり、結果的に発汗を少なくさせるんですね。ですから汗に悩む人は、小さめのうちわや扇子を持ち歩くことをオススメします。

普段からの訓練でも発汗は抑えられます。熱帯地方に住む人は自然に汗腺が訓練されるため、少量の発汗で体温調節できるようになるのですが、これを応用して、1日30分くらい熱い湯に入ったり、できるだけクーラーを使わなかったりして普段から汗腺を暑さに慣れさせましょう。すると次第に汗腺機能が高まり、より少ない発汗で体温を調節できるようになるんですね。


webR25に五味院長のインタビュー記事
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20120806-00025275-r25


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

オフィスでは肌より汗が気になる

【五味院長取材記事・番組紹介】
yahooニュース
オフィスでは肌より汗が気になる
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120607-00000001-joblabo-soci

体臭・多汗研究所所長で五味クリニック院長の五味常明医師は、汗を抑え、かいた汗はすぐ拭き取り、衣服にしみこませないことが重要だといい、「疲れてくると血液中のアンモニア濃度が高くなり、汗や皮膚ガスと一緒に体外に出る『疲労臭』が発生しやすい。疲れているビジネスパーソンは特に、汗対策が必要」と話している。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

舞妓さんもやっている?知って役立つ“汗を一瞬で止める”テクニック

【五味院長取材記事・番組紹介】
msnビューティースタイル
舞妓さんもやっている?知って役立つ“汗を一瞬で止める”テクニック
http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/feature/article.aspx?cp-documentid=250232818&page=5

汗博士・五味常明先生が伝授する、汗がすーっとひく裏ワザ
汗対策の一番のポイントは、“サラサラの汗”にあり!

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

節電の夏に学ぶ「正しい汗」のかき方 暑さ乗り切る智恵の数々

【五味院長取材記事・番組紹介】
BIGLOBEニュース
節電の夏に学ぶ「正しい汗」のかき方 暑さ乗り切る智恵の数々
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0702/jc_120702_7592528958.html

今年もうんざりするような暑い季節の到来だ。熱中症にも夏バテにも負けず、節電の夏を乗り切りたい。こまめな水分補給や睡眠はもちろんだが、ほかに手頃な対策はないものか。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

節電の夏を乗り切る!からだの上手なクールダウン

【五味院長取材記事・番組紹介】
アイリス健康美容ドットコム
節電の夏を乗り切る!からだの上手なクールダウン
http://www.iris-health-beauty.com/health/Heat-illness/

昨年に続き、今年も節電の夏がやってきます。もしも、観測史上最高を記録した2010年並みの猛暑がやってきたら…!? と考えてゾッとしている人も多いでしょう。そこで今回は“汗博士”として著名な五味常明先生に、現代の日本人の身体と熱中症対策について教えてもらいました。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗の臭い、あなたは大丈夫ですか? 正しい入浴法と入浴剤のすすめ

夏の体臭対策は? 「しっかりと湯船に浸かって、汗腺を鍛えましょう」


蒸し蒸しと暑い夏は、いつも以上に汗や汚れが出やすく、その分、体臭も気になります。周りの人を不快にさせないように、体臭を予防する鍵が、実は「汗」にあるのをご存知ですか? 体臭対策のために大切な汗と効果的な入浴法について、五味クリニックの五味常明先生に伺いました。


夏の「悪い汗」がイヤな体臭を招く!

 自分でも気づかぬうちに、周りの人に不快感を与えてしまうのが体臭です。イヤな臭いは、汗や皮脂、垢汚れが時間とともに酸化したり、皮膚常在菌によって分解されることで発生します。汗をかきやすい夏は、その分、雑菌が繁殖しやすく、臭いも出やすくなりますが、だからといって涼しい場所で過ごして、汗をかかないようにするのは逆効果です。体臭予防のためには、臭いのしにくい「良い汗」をかけるように皮膚にある汗腺の機能を高めることが何よりも大切なのです。
 そもそも汗は、私たちの体の体温を調節するために欠かせないものです。体温が上がったときに汗が出ると、その水分が皮膚表面で蒸発して体を冷やすことで、適性の体温を保つことができるのです。しかし最近は、エアコンの普及で、夏でも涼しい環境で過ごすことが多く、それによって汗を出す汗腺の機能が衰えて、自分でうまく体温調節ができない人が増えています。本来、汗はサラサラとした水に近い状態のはずですが、汗腺が衰えると、ミネラルや血液の血漿などを含んだネバネバした臭いの強い「悪い汗」をかくようになります。「悪い汗」は、サラサラの「良い汗」よりも、体臭のもとになりやすいのです。
 また、体の汚れをしっかり落とそうと、ゴシゴシ洗うのも逆効果です。皮膚の保護のために必要な皮脂や菌まで落としてしまい、雑菌が繁殖しやすくなったり、強くこすることで汗腺を傷め、汗をかきにくくなります。それだけでなく、ゴシゴシ洗いは角質を削り取って、皮膚の潤いを保つために大切な水分の蒸発を招きます。すると皮膚の代謝サイクルが乱れ、さまざまなトラブルにつながるのです。ゴシゴシ洗いは絶対にやめましょう。

毎日の入浴で、臭いのしにくい「良い汗」に!

 臭いのしにくい「良い汗」をかけるようになるためには、汗腺を鍛えることが大切です。そのために効果的なのが、毎日の入浴です。シャワーだけで済ませるよりも、きちんと湯船に浸かることで、汗腺のトレーニングになるのです。
 おすすめの入浴法は、四一〜四二度くらいのお湯に胸から下が浸かるように入る半身浴。体に負担がかかりにくく、しっかり温まります。全身浴の場合は、ぬるめの三八〜三九度くらいが良いでしょう。食塩や重曹などの温泉成分が入った入浴剤を使うと、さらに温浴効果や臭いを抑える効果が得られます。体臭予防と健康のために、夏こそ、湯船に浸かる入浴を実践してください。


○ 毎日湯船に浸かる
× ゴシゴシ洗いはダメ!
× シャワーだけはダメ!


「シャワーだけ」「ゴシゴシ洗い」はダメ! 毎日のお風呂で「良い汗」をかける体に。



月刊 茶の間 2011 7 緑陰号 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

よく汗をかくので困っています

digimaga  デジマガ ウーマンズケア MONTHLY FREE MAGAZINE 2011  Vol.122


なかなか人に言えない体の悩みにスッキリお答え!

今月のお悩み

よく汗をかくので困っています。


多汗症CHECK!

□普段から大量の汗をかくことが多い
□じっとしていてもたくさんの汗をかく
□手のひらや足の裏など、体の一部に集中的に汗をかく
□わきの下に汗をかくことが多い
□汗をかくことに不安を感じている
□緊張しやすい
□心配事や悩みが多い
□汗をかくたびにハンカチできちんと拭く
□冷たい飲みものをよく飲む
□冷房がかかっている部屋にいることが多い

チェックした数が
0〜1個 あまり心配はいりません。今後も心身の健康をキープできるよう、心がけましょう。

2〜6個 多汗症の可能性がありそう。とくに急に汗の量が増えたときは、注意が必要です。

7〜10個 多汗症の可能性大。自分の症状をチェックし、今すぐケアを始めましょう。


WHAT?

POINT.1

異常なほどの多量の汗には要注意!

 多汗症とは、全身や体の一部に異常なほど汗が出る症状のこと。全身に汗をかく場合は「全身性多汗症」。手のひらや足の裏、わきの下など、体の一部に多く汗をかく場合は「局所性多汗症」と呼ばれています。
 ただし汗の量は一人ひとり違うので、他の人より汗が多いからといって、それだけで多汗症というわけではありません。人間は、暑いときや運動後などに体温調整のために汗をかきますし、辛いものを食べた後にも汗を出します。しかし、これらは生理的な発汗であり、どんなに汗が多くても多汗症とは呼びません。これに対し、上記以外の理由で大量の汗をかく場合は、多汗症の可能性があります。

POINT.2

手のひらや足の裏の汗は精神的な要因が

 多汗症の原因は、さまざまですが、全身性多汗症は主に甲状腺ホルモンなどのホルモン分泌の異常によって起こります。
 一方、局所性多汗症の場合は、精神的な要因から生じることがほとんど。手のひらや足の裏などには、もともと汗腺がたくさんあるのですが、汗腺の数より、心の問題が一番の原因になるのです。たとえば、以前、緊張して汗をかいたことがあり、その後「また汗をかくのではないか」という不安があると、本人は意識していなくても脳の中は緊張状態になるため、汗をかきやすくなります。このような発汗の仕方を「精神性発汗」と呼び、現在はこのような局所性発汗に悩む人が増えています。

POINT.3

わきの下の汗はアポクリン汗腺が原因の場合も

 局所性多汗症の中でも、手のひらや足の裏などに汗をかくときは、精神性発汗によることがほとんどですが、わきの下の場合は、他に原因があることも!
 汗は、通常エクリン汗腺という汗腺から出ていますが、わきの下にはアポクリン腺という、ニオイの原因となる汗腺もあるので、その汗腺が多い人はそれが理由で多量の汗が出ることも。
 原因によってケア方法も異なるため、わきの下が気になる人は、一度調べてみてください。綿棒で耳あかを取った時に、耳あかが溶けたキャラメルのように軟らかかったり、湿っていたりするなら、アポクリン汗腺が原因。パサパサに乾燥している時は、精神性発汗が原因です。


CARE!

POINT.1

精神性発汗には開き直りと呼吸法が有効

 精神性発汗への対処法は、第一に「汗をかいたらどうしよう」という不安を減らすことです。夜眠れない時に無理に寝ようとしてもなかなか眠れないように、汗を抑えようと意識すると、余計に汗をかいてしまいます。ですから、「汗をかいてもいい」と汗を受け入れ、開き直る姿勢が大切。不安が和らげば、汗も減少していくでしょう。
 また、ゆったり呼吸をすると、心が落ち着くので、呼吸法を身につけるのも効果的です。まず、正座かあぐらをし、8秒間かけて息を吐き出します。次に4秒間かけて自然にお腹で息を吸い込みます。最後に、16秒間息を止めればOK。これを毎日数回、繰り返してみてください。

 オススメ呼吸法

 1.息を吐き出す

 2.息を吸い込む

 3.息を止める

POINT.2 

飲みものは温かいほうが汗は減少する!

 汗をかきたくないから水分を控えるという人もいますが、汗には体温調節という大切な役割があるので、水分をセーブしても体温が上がれば、それを下げるために汗をかきます。逆に、暑いのに汗を気にして水分をとらないでいると、脱水症状や熱中症になる危険があるので、水分はきちんと補給しましょう。
 ただし、飲むなら冷たいものより温かいものがオススメです。冷たいものを飲むと一時的に汗は引きますが、体に熱がこもるため、かえって多くの汗が出ます。一方、温かいものを飲むと、飲んだ直後は汗が増えますが、その汗が体温を下げてくれるので、その後は涼しくなり、汗も少なくなります。

POINT.3

汗をきっちり拭き取るのは逆効果!

 汗の拭き方も重要。汗は、皮膚の上で蒸発することで体温を下げるため、体温が下がれば、結果的に汗も減ります。しかし、汗かくたびにしっかりハンカチで拭いていると、皮膚の上で汗が蒸発しないので、体温が下がらず、汗が出続けることに。汗は軽く拭く程度にし、皮膚の上は少し湿った状態にしておきましょう。濡らしたタオルを使えば、ニオイも抑えられます。
 デオドランド剤は、原因ごとに使い分けるのがコツ。精神性発汗の時は、制汗作用のあるものを。アポクリン汗腺が原因の時は、殺菌作用が強いものにしましょう。精神性発汗の人が殺菌作用の強いものを使うと、害のない菌まで殺してしまい、逆にニオイが発生する場合があるので、気をつけてください。


DOCTOR’S MESSAGE

冷房と上手につき合えば汗は抑えられる

 冷房が効いている部屋から急に外に出ると、体温調節がうまくいかず、多くの汗が出ることに。室内外を出入りする時は、玄関先や日陰など、外より少し温度が低い場所に少しの間とどまり、汗腺を暑さや寒さに慣らしてから移動すると汗の量が抑えられます。





多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

ここ数年、大汗をかくように。節電で暑さが直撃しそうなこの夏を乗り切れるか心配

Q ここ数年、大汗をかくように。節電で暑さが直撃しそうなこの夏を乗り切れるか心配

もともと汗かきで夏は嫌いなのですが、ここ数年、更年期の影響なのか暑い日でなくても大量の汗をかくようになっています。特に顔や頭からダラダラと流れる滝のような汗が恥ずかしく、夏場の外出は極力控え、家では冷房を強くしてやり過ごしてきました。人と会うときは、汗をかいた後のにおいも心配です。そんな私にとって、節電で冷房にほとんど期待できないだろう今年の夏は、今から憂うつ。大汗をかかなくする方法や、汗をかいたときの上手な対処方法はないでしょうか。

質問者 神奈川県 M・Mさん 50歳


A 本格的に暑くなる前に休眠汗腺を目覚めさせればにおいのない、乾きやすい汗に


 汗腺は人類の進化過程の最後にできたもので、汗をかかない生活を送っていると、すぐ休眠してしまいます。夏場に汗の量を減らし、においも抑えたいのなら、暑くなる前に汗腺を目覚めさせ、フル稼働させることです。
 汗を分泌する「エクリン腺」という汗腺は全身に分布し200万〜500万個ほどありますが、そのうち活動しているのは半分程度。働いている汗腺が少ないと一つの汗腺から大量の汗が出ることになり、大粒の汗をかきやすくなります。
 大粒の汗は蒸発しにくく、ダラダラ流れます。汗をかく部位も顔や頭、わきの下などに集中しがちです。ホットフラッシュで顔や頭などに汗をかくM・Mさんも"休眠汗腺"が多いのでしょう。
 一方、働いている汗腺が多いと、小粒の汗を全身にまんべんなくかけます。小粒の汗は蒸発しやすく、蒸発する際に体から熱を奪うので、全身が効率よくクールダウンされ、すぐ汗が引きます。
 また、かきたての汗は無臭ですが、肌に長く残ると雑菌が繁殖してにおいのもとに。つまり、すぐ蒸発する汗はにおいの観点からも「いい汗」といえます。
 汗腺は「すぐ休眠する」といいましたが、覚醒させるのも簡単。最も効果的なのは、手足高温浴。汗腺の予備力が高いひざから下とひじから先だけを43〜44℃のお湯に10〜15分浸す方法です(肌の弱い人、高齢者は少しぬるめのお湯で)。浴槽の中にいすを置き、座った状態で行います。その後、いすを外して水を足して湯の温度を下げ、半身浴に移行を。
 この入浴法は夏本番になる前に2週間ほど続けてください。今から始めれば、本格的に汗をかく時期までに汗腺が目覚め、より少ない汗で体温調節ができる体になれるはず。
 また、ウォーキングなどの有酸素運動で「積極的に汗をかく時間」を持つことも有効。じんわり汗をかくぐらいのペースで毎日20分以上歩きましょう。最初はダラダラ汗をかくかもしれませんが、手足高温浴と同様、2〜3週間で全身から小粒の汗がかけるようになるはずです。
 ここまでは夏前に準備したいこと。夏本番になったら、汗を拭くときは濡れたタオルなどを使い、こすらず、押さえるように吸い取ってください。


日経ヘルスプレミエ 2011年夏


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗のしずくが腕を流れるほど多汗です。(体臭多汗Q&A 25)

五味クリニック院長五味常明による体臭多汗Q&Aです。


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

ワキガ多汗症のボトックス治療について教えてください(体臭多汗Q&A 21)

五味クリニック院長五味常明による体臭多汗Q&Aです。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

ワキガ手術後、ワキの汗はどの程度減りますか?(体臭多汗Q&A 14)

五味クリニック院長五味常明による体臭多汗Q&Aです。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗を制する! 夏に強いカラダの作り方

汗を抑えてDRYな男になろう!
第2回 汗を制する! 夏に強いカラダの作り方

内容はR25のページをご覧下さい。


夏がくる。またあの汗ベタベタの夏が…。そんな憂鬱な気分を抱えるアナタに朗報。
 イヤ〜な汗臭さを押さえる秘策があるのだ。それは汗腺を鍛え、サラサラ汗をかくこと。
 汗とニオイの第一人者、五味クリニックの五味常明院長に聞いてみました。
 この夏こそ汗に悩みたくないアナタは、ぜひトライを!


汗腺トレーニング、食習慣…。汗対策の極意を伝授!
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20120423-00023469-r25

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

知って制する! 汗とニオイのメカニズム

汗を抑えてDRYな男になろう!
第1回 知って制する! 汗とニオイのメカニズム

内容については、R25のページをご覧ください。


汗臭いと女子に引かれちゃうし、脇の下に汗染みなんてもってのほか。
とはいえ、ただ汗を敵視しても始まらない。闘いの基本は、相手を知ることにこそあり。
というわけで、汗に関する第一人者である五味クリニックの五味常明院長を直撃! 
汗ってどうして出るの? あのニオイのもとは?…などなど、汗の基本知識をおさらいしよう。


汗こそヒトの進化の証! でも現代人の汗機能は退化中…?
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20120416-00023429-r25



多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

エアコンの多用や運動不足 汗をかく機会が減る現代人

「良い汗」をかいて汗の臭いを予防しましょう

 さて、その汗をかく仕組みですが、人間は体温が上昇すると、汗腺が血液中にあるミネラルと水分を取り込み始めます。このうちミネラル分はほとんどが体内に再吸収され、水分とごく微量の塩分などが皮膚から排出されます。これが本来の汗。便宜上「良い汗」と呼びます。

 「良い汗」はミネラル分などを再吸収する機能が働いているため、さらっとした水に近い状態で、蒸発しやすく、蒸発時の気化熱が体温を奪うことでスムーズに体温を下げます。嫌な臭いもほとんどしません。
 これに対し汗腺の機能が鈍ると、ミネラルなどを再吸収できず、そのまま排出されてベタベタした蒸発しにくい汗となります。これが「悪い汗」。この「悪い汗」は皮膚表面をアルカリ性にするため菌が繁殖して臭いがきつくなるのです。現代は「悪い汗」をかく人が増えています。

 その大きな理由のひとつと考えられるのが、エアコンの多用や運動不足などで日常的に汗をかく機会が減っていること。特にエアコンに慣れると、暑い屋外に出たとき突発的かつ大量に汗をかくため、ミネラルの再吸収機能が追いつかずに「悪い汗」となって排出されるのです。

 さて、「気になる汗の臭い」という本題に戻ります。以上のことから分かるように、汗の臭いを抑えるには、逆説的ですが、「良い汗」をたくさんかくことが一番の近道です。

 では「良い汗」をかくにはどうすればいいか。難しいことはありません。夏にいっぱい汗をかけばいいのです。真夏の暑い日にエアコンを一切使うな、とはいいませんが、極力使用を控え、使うときも外気との温度差は5℃以内に抑えましょう。節電の夏、「良い汗」をかくには絶好の機会。屋外で積極的に体を動かして汗をかくのも大事。軽いジョギングやウォーキングは外気の対流で汗が蒸発しやすく、おすすめです。
 せっかくかいた汗を衣類でふさいでは意味がないので、夏は衣服にも気を配りましょう。ゆったりしたサイズで通気性が良く、速乾性のある素材を選びましょう。

 衰えた汗腺を鍛えるトレーニングとしてはお風呂を使うのが有効です。次で紹介する汗腺トレーニングを試してみませんか。



お風呂で汗腺トレーニング

1.半身浴

37〜38℃の温めの湯に、みぞおちあたりが湯につかるくらいまで入る。全身浴は汗が体から蒸発できず、のぼせることもあるが、半身浴はしばらくたつと、体が芯から温まり、汗が出てくる。長くつかる場合、図のように、浴室用のいすを湯に沈めて腰掛けると楽。かなりの汗をかくので、水分補給を忘れずに。

2.手足高温浴

1とは逆に、43〜44℃の熱めの湯に、両手のひじから先と両足のひざから下をつける。1と同様、浴室用のいすを沈めて利用すると楽。衰えた汗腺の機能を湯で刺激して目覚めさせる。手足だけを湯につけるのは脳から遠い部分の機能が低下しやすいため、その部分を積極的に鍛える狙いがある。より積極的な汗腺トレーニング法ですが、高齢者は血圧の高い人などは避けること。



SALUTE [サルーテ]  2011年6・7月号 より





多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗をかかないと人間の汗腺は機能が低下。汗の臭いの元凶は「悪い汗」をかくこと

 老若男女を問わず、自分の体の臭いが気になる人は多いもの。消臭・防臭関連商品がよく売れていることからも分かるように、とりわけ現代人は臭いに敏感になっているようです。そこで今回の特集では、これからの季節に特に気になる汗の臭い、中年以降の人にとっては他人ごとでない加齢臭、口から発する口臭の三つについて徹底解剖します。

 「汗臭い」「汗まみれ」「汗っかき」。世の中の「無臭志向」も手伝い、近年、汗は汚いものの象徴ととらえられているきらいがあります。しかし、汗は私たち人間の体温が上がりすぎないよう調節する大変重要な役割を果たしている存在です。

 しかも、汗を分泌する汗腺を人間ほど発達させた動物はほかにありません。これは汗が人間の進化と密接にかかわっているためです。人間は他の動物と比較にならないほど中枢神経を発達させました。中枢神経を司るのは脳。しかし、脳は体の他の部位以上に高温に弱いため、その大切な脳を温度の変化から守るために、人間は汗腺を発達させてきたと考えられています。つまり、汗は人間を人間たらしめている存在だとさえいえるのです。

「良い汗」とは…
○さらっとしている
○汗の粒子が細かい
○臭わない
○目に入っても痛くなく、味がしない
○汗をかいた後、すっきりとした爽快感がある

肌の上ですぐ乾く。必要な量が速やかに出て体温調節に効果!

「悪い汗」とは…
○ベトベトしている
○汗の粒が大きく、だらだら流れる
○汗臭い
○しょっぱい、すっぱい
○汗をかいた後、疲労感がある

蒸発しにくく、体温調節の効率が悪い!



SALUTE [サルーテ]  2011年6・7月号より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

記事検索
リンク

加齢臭、その原因と対策
活性酸素の生成を抑える抗酸化食品を摂る等の加齢臭防止の方法をご紹介しています。

体のニオイの悩みに応える体臭ブログ
においをケアして、悩みを解消、もっときれいになろう。

わきがで悩んでいる方のためのブログ
ワキガの原因から、ワキガの悩みを解消するための様々な方法を取り上げています。

健康食品関連リンク

各種ビタミンの健康への効果を紹介した書籍
トマトのリコピンやトコトリエノールなどのビタミン関連の健康食品を紹介したサイトです。ハート出版の健康書籍ふるさと文庫から。

健康によいビタミンの本(ブログ)
アスタキサンチンやリコピンなど健康によい各種のビタミン類を紹介したブログです。

ソムリエのいるイタリアン酒場、何駄感駄
池袋での結婚式の2次会や忘年会など各種宴会、パーティーで人気のお店、何駄感駄(なんだかんだ)公式サイトです。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

since 2009.04.07

プロフィール

医学博士・五味常明
1949年、長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。ワキガ・体臭・多汗治療の現場で実践。 わきがの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。 TVや雑誌でも活躍中。 99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

五味クリニック院長
流通経済大学 客員教授
日本心療外科研究会代表
体臭・多汗研究所所長

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ