毒素排出の重要なルートの一つが汗。汗をかくことは、体の毒素を排出する上で不可欠なのです。そこで、どのように汗をかくと効率よく毒が出るのか、その方法を伝授!

○毒素は汗と一緒に体外へ排出される
そもそも汗とは、どんな働きをするものなのでしょう?
「人間は、一定の範囲で体温を調節しないと生きていけませんが、この体温調節の役割を担っているのが汗。汗が蒸発することによる気化熱で、体温が調節されるのです」(五味クリニック院長・五味常明先生)
そして汗は、毒素をだしてくれる重要なルートでもあるそう。
「汗の成分は99%が水ですが、残りの1%に、毒素が含まれています。アンモニアや尿素や乳酸など体内でつくられる毒素のほか、有害金属などの体外毒素も、汗とともに出ていきます」(五味先生)


check!
あなたの汗解毒能力は?

□エアコンのきいた室内にいることが多い
□運動をほとんどしていない
□湯船につからずシャワーが多い
□汗をかきにくい体質である
□冷え症である
□暖かい食べ物より冷たいものが好き
□水をあまり飲まない
□運動はハードなものを短時間行うほう

診断
上記の項目に当てはまるものが多ければ多いほど、汗腺機能が衰えていて解毒力も低くなっている可能性大。特に5個以上当てはまった人は左ページを参考に汗腺を鍛える努力を!

 

○汗をかけないと毒素をためやすく太りやすい!
毒素排出に大切な汗だけど、最近、汗をかきにくい人が増えているそう。「現代人は、エアコンのきいた室内にいることが多く、昔に比べて汗をかく機会が極端に減っています。また、運動不足の人も増えていますが、そのせいでも汗をかく機会が減少。汗をかかないと汗腺が使われないので機能が衰え、汗をかきにくい体質になってしまいます」(五味先生)
汗をかきにくい体になると、当然毒素も排出されにくく、やせにくい体にもなってしまいます。
「水銀などの有害金属は、体内で脂肪やたんぱく質と結びつく特徴があります。特に有害金属が脂肪酸と結びつくと、その脂肪酸は、エネルギーの生産回路に入っていくことができなくなるので、いつまでも燃焼されずに血中にたまることになります。そのため脂肪が体にたまりやすくなり、やせにくくなってしまうのです」(五味先生)
太らないためにも、毒素は汗とともに排出することが重要なのです。

 

汗をかけなくなる主な原因

エアコン漬け
職場でもエアコン、自宅でもエアコンと毎日1日中エアコンのきいた室内にいると、汗をかく機会がほとんどなくなって、汗をかきにくい体質になります。

運動不足
運動は汗をかくよい機会。でも最近は運動不足の人が急増。日常生活でも、昔に比べて体を動かす機会が減って汗をかく機会も減り、汗をかけない体質の人が増加。

 

○汗習慣をつければ汗の解毒力はアップする!
有害金属を排出するには、じんわりと皮脂腺からの汗をかくことが重要ということがわかったはず。とはいえ、ふつうにかく汗腺からの汗も、アンモニアや尿素などの体内毒素が出ていくルートなので、この汗をかくこともやっぱり重要。普段から汗をかかない環境にいて、汗腺が衰えていると感じる人は、積極的に汗をかく習慣をつけるのがおすすめ。
「人間の汗腺は、約500万個あるといわれていますが、実際にはそのうちの半分の約250万個しか働いていないとされています。汗腺機能が衰えている人は、働いている汗腺数がさらに少なくなっている可能性も。でも、汗腺は、汗をかいて刺激すればするほどどんどん目覚めていきます。ですから、普段から汗をかく習慣をつけて汗腺を鍛えれば、汗をかける体になり、毒素排出力も高まりますよ」(五味先生)
エアコンの中にいる時間を減らしたり、運動をするなど、汗をかく機会を増やして!

 

疑問を解決 汗デトックス


Q 冷や汗でも毒素は出るの?
A 短時間でかく汗なので毒素排出能力は低め
「冷や汗をかくようなストレスにさらされると、体内が酸化して、逆に毒素が発生しやすくなってしまいます」(五味先生)

Q 汗がにおうのは毒素が出いるせい?
A 汗のニオイの原因は、乳酸や尿素やアンモニアなどの毒素
「汗のニオイの原因となるのが、乳酸や尿素やアンモニアなどの成分。これは体内で発生する毒素。だから、汗のニオイの元はまさに毒素なのです。なるべく汗をかくようにして、毒素をどんどん排出できれば、ニオイのないさらっとした汗がかけるようになります」(五味先生)

Q 汗をかく前後に何を飲めばいいですか?
A 汗とともにミネラルが不足するからミネラルウォーターで補給を
「汗をかくと毒素とともに、カルシウムなど、体に必要なミネラルも体外に出ていってしまいます。だから半身浴やウォーキングなど汗をかく機会の前後には、ミネラルウォーターを飲んで失われたミネラルの補給を。ミネラルを強化したスポーツドリンクでもOK」(五味先生)

 

FYTTE 2005年8月号より