体臭と密接な関係にある汗について、もう少し話を続けましょう。エクリン腺から出る汗は、次のような仕組みで分泌されます。


体温が上昇すると、血液からミネラル分と水分が汗腺に取り込まれます。ただし、このとき、体にとって必要なミネラル分は血液に再吸収され、水分とわずかな塩分だけが汗として皮膚面に排出されるのです。これが、本来の汗であり、「よい汗」」といえます。


血液への再吸収機能がうまく働いているよい汗ほど、より水に近いサラサラの汗になります。さらに、水に近いので蒸発しやすく、気化熱による体温調節もスムーズに行われることになるのです。


ところが、汗腺の機能が鈍って、ミネラル分を再吸収せず、水分と一緒に体外に排出される汗は、ベタベタしていて蒸発しにくく、体温調節機能がうまく働きません。


現代人がかく汗のほとんどは、この「悪い汗」といえます。肉中心の食生活や生活環境・人間関係におけるストレスの他、運動不足に加えて汗をかく習慣がないことが悪い汗をかく大きな原因です。


とくに、エアコン完備のような環境にいると、本来の働きを忘れた汗腺に老廃物や角質がたまり、汗をかいたときに、これらの不純物も一緒に排出してしまうのです。


不安や緊張などによる「精神性発汗」も、突発的かつ大量にかくため、ミネラル分の再吸収が追いつかず、悪い汗となります。


また、よい汗は蒸発しやすく、また少量の塩分を含んでいるので皮膚表面を酸性に保ち、皮膚常在菌の繁殖を抑えてくれます。したがって、よい汗をかいている分には、体はそれほど臭くなりません。


しかし、悪い汗はベタベタして蒸発しにくく、ミネラル分を含んでいるため、皮膚表面をアルカリ化してしまいます。アルカリ性の環境下では皮膚常在菌が繁殖しやすく、汗のニオイが強くなってしまうのです。


悪い汗は臭いとなると、自分の汗が「よい汗」か「悪い汗」か、気になるところです。


そこで、簡単なチェック法を教えましょう。使うのは、赤色のリトマス試験紙です。汗にリトマス試験紙をつけ、酸性であれば試験紙の色は変化しませんが、アルカリ性であれば試験紙は青く変化します。大まかな目安としては、青ければ「悪い汗」、色が変わらなければ「よい汗」ということになります。一度試してみてはいかがですか。







五味常明著『気になる口臭・体臭・加齢臭』(旬報社)より


気になる口臭・体臭・加齢臭


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)