A 汗には「いい汗」と「悪い汗」の2種類があり、「悪い汗」がべたつき、においの原因に。「いい汗」をかく習慣づくりが大切!

汗腺は、血液中の血漿をくみ取って汗の原料としていて、血漿の成分をいったん血管に戻してろ過したのちに、残りを汗として出しています。
ふだんはこの汗腺の働きが正常に行われるため、さらさらの「いい汗」が出るのです。

しかし、汗をかく機会が減った現代人の汗腺は機能が衰え、この再吸収能力が低下しているため、ミネラル分が必要以上に放出されてしまいます。
これがベトベト&におう「悪い汗」の原因。

日ごろから、冷房をきかせすぎない、冷たい食べ物・飲み物をとりすぎないなど、汗腺の機能をそこなわない生活を送りましょう。



オレンジページ 2012.08.02


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)