汗コントロール
体温調節機能を担っている汗は、人間にとって欠かせないもの。
しかしこの汗こそ体臭に深く関わる問題でもあります。
サラリとしたいい汗には本来においはありませんが、汗が酸化したり、細菌が繁殖したりするとにおいが発生します。
また汗をかく機能の低下や不健康な生活習慣によって、汗ににおい物質が混ざるようになることもあります。
いい汗をかけるようにコントロールすることこそ、におい予防に欠かせない対策のひとつです。


汗の種類は2つ

人間のからだには、エクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺があります。
汗はこの2つの汗腺から出ますが、その性質は大きく異なります。


サラサラのいい汗
からだの至る所に無数にある汗腺がエクリン腺です。
汗のほとんどはここから出るといえます。
この汗は99%が水であり、塩分や尿素、アンモニアなどが残りごくわずかに含まれています。
においははとんどなく、サラリとしているので蒸発しやすい汗です。


においの強い汗
わきの下やおへそのまわりなど、一部の場所にのみ存在するのがアポクリン腺です。
ここから出る汗はやや粘り気があり、たんぱく質、糖質、脂質、アンモニアなど様々な成分を多く含んでいます。
また塩分がほとんどないため菌が繁殖しやすく、わきが臭の元になります。


更年期の汗もにおいの大敵!

更年期障害の代表的な症状に"ホットフラッシュ"があります。
"ホットフラッシュ"とはほてりやのぼせのことで、顔を中心に上半身に集中して汗をかきます。
女性ホルモンの低下で汗腺機能の調節がうまくいかなくなることや、自律神経の乱れによって起こります。

こうした更年期の汗はにおいが強いのが特徴。
一部の汗腺から集中して大量に汗が出ると濃度が濃く、べたべたして蒸発しにくい汗になります。
日頃から軽い運動をしたり、半身浴でよく汗をかくなど、更年期の汗対策には汗腺をコントロールすることが予防につながります。


Column
デオドラント剤の選び方

わきの下のにおいを抑えるデオドラント剤にはいろいろなタイプが出ています。
目的によってタイプを選ぶといいでしょう。
使い方は「部分的」「短時間」が基本。
広範囲に塗布したり、長時間の使用はなるべく控え、外出から戻ったらふきとるようにします。


スプレータイプ、パウダータイプ
制汗作用の高いものが多いので、わきの汗や汗臭さを抑えたい時におすすめ。


ふきとりシート
急な発汗に悩まされている場合は、持ち歩けてすぐに使えるシートを。


ロールオン、クリームタイプ
殺菌作用が強いものが多いので、わきが臭の予防におすすめ。
わきが臭の場合は、デオドラント剤は香りが混ざらない無香性のものを。


「匂いのエイジングケア」(有楽出版社)より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)