仕事のアポイントやデートの待ち合わせなど、「遅刻してはまずい」というケースで必死に走った経験がある人も多いだろう。気がつくとワキの下からじんわり汗が。「まずい、臭いが気になる」……。そんな出先での「汗のトラブル」にはどう対応したらいいのか紹介しよう。

ぬれタオルでさっとひとふき、服は綿素材を選ぶ

五味クリニックの院長で、体臭・多汗研究所所長でもある五味常明先生によると、たとえ汗をかいても、臭いが発生するまでには約1時間かかるとのこと。もし出先で手元に制汗剤がなかったら、タオルやハンカチをぬらして絞り、ワキの下などをすぐにふきとるのが最も効果的だという。

臭いの原因は皮膚に残った雑菌であり、ぬれタオルでふくことで、雑菌といっしょに皮脂汚れなども取り除くことができる。一度使用したぬれタオルは、臭くなるのですぐに洗濯しよう。

また、汗をかいたら服の中の湿度を高めないように、できるだけ汗を発散・蒸発させることで臭いを防ぐことができる。そのため、服や下着は通気性や吸水性がよく、かつ速乾性にも優れる綿(コットン)素材のものがベスト。ポリエステル素材は、シワになりにくいというメリットはあるが、通気性が悪いため暑苦しく、臭いがこもりやすいという。

特に近年は、吸水性や速乾性が従来よりも高められて、臭い成分を吸着してくれるような新素材なども出てきている。夏場に着用する衣類選びの際のポイントにしてみてはいかがだろうか。


マイナビニュース
 

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)