熱中症になる人が近年、増えている。気になるのが、炎天下の戸外でなく、普通に生活している人の「室内熱中症」や、高齢者の死者も出た「睡眠時熱中症」だ。

 「最近の熱中症は、クーラーの普及で汗をかくことが減り、汗腺が鈍った体温調節障害ともいえる。エアコン漬けの現代人の誰もが陥る可能性がある」。東京・新宿の五味クリニック院長で、体臭・多汗研究所長の五味常明さんの指摘だ。

 この問題は、平熱が35度台の低体温児が増えていることにも結びついている。「今の子供は夏も冬も、エアコンによる快適温度の中で育てられている。汗腺が成長する乳幼児期に汗をかかないと、汗腺が未発達になり、体温調節が下手な変温動物になってしまう」と五味さんは忠告する。

 熱中症対策の“常識”には誤りが多い(表参照)。水はたくさん飲むのでなく、こまめに取る。塩分補給も忘れずに。室内でも、火を使って熱がこもりやすい台所などは要注意。冷えた車内と暑い戸外の出入りを繰り返していると、汗腺が疲労して大量の汗をかき、脱水症状を起こして室内熱中症になりかねない。

 臭いと嫌われる汗だが、いい汗には美肌効果もある。良い皮膚膜ができて肌をしっとりさせ、ウイルスの侵入を防いでくれる。だから、汗のふき方も大事だ。汗が出るたびに、乾いたハンカチなどでふきとってしまうと、皮膚の上での蒸発がないので、体温が下がらず、また汗が出る。

 「湿ったタオルでふくと、皮膚についた水滴が汗の代わりに蒸発して、体温を下げ、涼しくなる」と五味さんはアドバイスする。

(2014年6月22日 読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=100589 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)