一番悩まされるのが、わきの汗だ。デオドラント販売のシービック社(東京都港区)の20、30歳代を対象にした調査によると、自分のわきの汗を気にしている人が84%、他人のが気になる人が76%もいた。

 肉の摂取量の多い欧米人に比べると、日本人にわきがの人は少ない。「わきがだと来院する人の7割以上は、気にする必要はありません」。東京・新宿の五味クリニック院長、五味常明さんはこう話す。

 しかし、東日本大震災以降の節電による冷房温度の高め設定や、臭いを問題とする「スメルハラスメント」という新語も登場して、汗や体臭に敏感になる人が増えている。

 制汗剤として売り上げが伸びているのが、「ミョウバン」を主成分にしたじか塗りタイプだ。ローマ帝国のシーザーが携えてクレオパトラに会いに行ったと伝わるくらい、ミョウバンは古代からの消臭剤。無香料で、臭いの元となる雑菌と汗を抑える効果がある。

 「スプレーよりも肌への直塗りの方が、消臭成分が密着しやすく、効果が長続きする」とシービック社は説明する。ひんやり感のある夏タイプも発売された。

 五味さんによると、いい汗をかく食品は葛根、ショウガ、大豆製品(豆腐、納豆、豆乳)。くず粉でもいいので、くず湯にしたり、くず粉を料理に加える。また、すりおろしたショウガに蜂蜜を加えて、湯で溶いたショウガドリンクもいい。

 「汗をかきにくい人は真夏でも、きんぴらや大根おろしなど、体を温める根菜類をたくさん食べることを勧めます」(斉藤勝久)

(2014年7月6日 読売新聞)


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)