これからの季節、気になるのが汗のニオイ。汗は身体から出てくるものですから、ニオイが強くなってしまう原因の一つに食べた物も関係しています。五味クリニックの五味院長によれば、食生活の欧米化が体臭を強くしている可能性があるのだとか。「動物性脂肪が好き」、「野菜がキライ」、「いつも適温で生活している」方は、要注意ですよ。


■良い汗と悪い汗

良い汗の99%は水分で、サラサラしていてすぐに蒸発します。悪い汗は、ベタベタとして身体に残り、ニオイの元となってしまいます。

常にエアコンの効いた快適な環境で生活していると、汗による体温調節の必要がないため汗腺の機能が悪くなり、サラサラな汗ではなくベタベタした汗が出やすくなってしまうそう。悪い汗は、ミネラルなど身体に必要な栄養分を汗と一緒に排出してしまう作用があるだけでなく、汗腺を詰まらせニキビや肌荒れを引き起こす場合もあります。


■汗が臭うNG食習慣

(1)動物性脂肪が好き

肉や生クリーム、バターなどの動物性脂肪は、皮脂分泌を増やすだけでなく、汗の油脂成分も増幅させてしまいます。皮脂や汗に含まれる脂肪は汗が蒸発して身体に残ることで酸化され、ニオイの原因となってしまうそうですから、ベタベタ汗をかきやすい方は、動物性脂肪を控えてみて。

(2)野菜がキライ

野菜に含まれるビタミン・ミネラルは、脂肪の代謝をサポートするだけでなく、ポリフェノールの抗酸化作用で皮脂の酸化を抑える効果も期待できます。野菜は美容だけでなく、汗ケアのためにも積極的に食べておきたいところ。

■ドリンクで発汗・ニオイ対策

五味医師によれば、良い汗を出すには汗腺を鍛えることが大切なのだとか。たくさん汗を出すためにも、お風呂はシャワーで済まさず湯船につかって汗を出す習慣をつけましょう。そしてしっかり汗が出たところで、ニオイケアができるドリンクを飲んで水分補給をすると、更に効果アップ!

●発汗を促す!ジンジャーティ

冷え取りでお馴染みの生姜には、発汗を促す働きがあります。とくに生の生姜には強い発汗作用がありますから、いつものお茶に摩り下ろした生姜を加えてみて!

●ニオイ対策には!クエン酸・リンゴ酸ドリンク

五味医師によれば、酢に含まれるクエン酸や、リンゴ酢に含まれるリンゴ酸には消臭効果が期待できるそう。コップ1杯の水や炭酸水に小さじ1を目安に酢を加えましょう。

1〜2週間、入浴やドリンクを続けることで汗腺の機能が高まるそうですから、ベタベタ汗が気になる方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

マイナビニュース
 
http://news.mynavi.jp/news/2015/05/05/359/


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)