https://www.tbsradio.jp/133334


毎週金曜日の6時10分頃からは、「サントリーウエルネス おはよう健康塾」。気になる健康情報をお届けしています。今朝は五味クリニック院長・五味常明先生に、「春の汗対策」について伺いました。


春の汗はベタベタになりやすい

「汗のニオイのピークは真夏と思われがちですが、実は春なんです」と、五味先生。汗は体の表面にある「エクリン腺」という汗腺から分泌されます。「春の汗」がにおう原因は、この汗腺の働きが弱まっているからなんだとか。汗腺は使えば使うほど機能が高まり、においの元であるアンモニアやミネラル成分の少ない「さらさら汗」を放出するようになります。しかし、冬の期間にあまり汗をかかないで来たため、感染の機能が衰えており、春の汗はニオイのキツい、ベタベタとした質の悪い汗になりがちなんですって!


春のうちに、汗腺を鍛えよう!

いまは、汗をかいて汗腺の機能を高めるのにいい時期。ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動でゆっくりと汗をかくといいのだそうです。手軽な運動で汗腺は鍛えられるのだそうですよ。また、「薬用石鹸などを利用するのもオススメ」と五味先生。サントリーの「プラスデオ」は、とても効果が高いと太鼓判も!!


ニオイ対策については、「かんき出版」から販売中の五味先生の本 『なぜ一流の男は 匂いまでマネジメントするのか?』 こちらを是非、チェックしてください!!


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)