医学博士・五味常明さんは「汗の効用」をこう解説する。「体温が高いと寝苦しくなります。体の内部の深部体温が下がるときに眠くなるのですが、そのためには寝る前に汗をしっかりかくこと。汗は夏の睡眠導入剤です」

   汗を上手にかくポイントの一つは入浴だ。暑いからとシャワーですませる人が多いが、夏こそ湯船に浸かれという。40度以下のぬるま湯にゆっくり入ることで深部体温が上がり、風呂上りに汗が引いていくと深部体温も下がって眠くなる。

   入浴後のクールダウンも快眠に関係する。クーラーに当たりたいところだが、表面だけ冷えて発汗が止まってしまう。冷えた飲み物も口の中のセンサーだけが働いて、脳が体温が下がったと勘違いして汗を止めてしまう。「一番いいのは薄着で扇風機にあたることです。徐々に内部から体温が下がっていきます」(五味さん)

   汗をかいてからぐっすり睡眠といっても、だらだら流れるほどかく必要はない。「肌がしっとりしていればちゃんと汗はかいています。いつも肌がサラサラに乾いている人は、汗腺が少なく汗をかきにくい体質です」(五味さん)

   43度の熱めの足湯に10〜15分浸かって汗が出なければ、汗をかきにくい体質だ。ただ、簡単なトレーニングで汗腺を増やし、汗をかけるような体質に変えることはできる。それがゆっくり入浴なのだ。

   五味さん「水分補給も大切になります。お風呂に入る前にまず少し、出た後は喉を潤してさらにゴクンとひと口。寝る前にもひと口飲んでください。常温のノンアルコール、ノンカフェにしてくださいね」

   「2リットルのペットボトルを凍らせて、扇風機の前に置いて寝ています」という視聴者のファックスが紹介さた。五味さんは「それはいいですね。熱中症予防にもなる」とおすすめだった。


2017年7月18日放送NHK「あさイチ」より。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)