多汗体質は、塩を使った入浴法で汗をかきやすくすることで改善できる。汗のニオイに悩む人にもおすすめ!

なまけた汗腺を塩が鍛えて、サラ汗をかけるように

「多汗の人は、汗をとめようとするのではなく、かきやすくすることで汗が減らせます」と言うのは、「汗博士」とも呼ばれる医師の五味常明先生です。いわゆる「汗かき」や更年期のホットフラッシュによる“滝汗”などの多汗は、汗を分泌する汗腺機能が衰えていることにより、体の一部だけに濃度の高いベタベタ汗が出ている現象だそう。全身の汗腺を活性化すれば、小粒で蒸発しやすく、水のようなサラ汗が出てきます。

その汗腺を活性化する方法としておすすめなのが、お風呂に塩を加えて入る「塩入浴」です。塩は深部まで熱を通りやすくするので、体内の温度センサーが働き、サラサラ汗をかける体質になるのだとか。また、普通のお風呂だと汗腺の出口がふやけて、長風呂になるほど汗が出にくくなるのに対し、塩風呂は汗腺の出口をふさがず、全身の発汗を促進します。

「塩入浴」で有害物質も排出しやすく

五味先生がすすめる塩入浴のやり方は、お風呂に塩ひとつかみを入れて入浴するだけ。半身浴の場合は39度で長めに、全身浴は41度で短めにしましょう。塩はミネラル豊富な海塩が最適です。
塩入浴は多汗が解消するだけでなく、毛穴のたんぱく汚れを落として美肌になったり、冷えを解消したりといいことずくめです。また、塩入浴でいい汗をかけるようになると、全身の血流がよくなり腎血流量がアップ。水銀やカドミウムなど、尿や便で出ない有害物質を腎臓でしっかりデトックスできる体になります。

続きは以下のページをごらんください。

http://news.livedoor.com/article/detail/13404824/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)