男性用の制汗剤が進化している。この夏は男性ならではの「わき毛」に対処した商品が登場した。「汗臭い」は男らしさの象徴ではなく、職場などで「スメルハラスメント」(スメハラ)と問題視される時代。“スーパー残暑”まで予想される今夏、制汗剤は臭い対策に欠かせないアイテムだ。(石井健)

スメハラある4割

 臭いが原因で周囲に不快な思いをさせる「スメハラ」。マンダム(大阪市中央区)が今年5月、1028人の男女を対象にインターネットで調査したところ、認知率は45・8%。平成26年の前回調査から倍増した。

 また、40・1%が「職場にスメハラがある」と回答し、うち61・6%が「問題だ」と答えた。「問題だ」は女性のほうが約10%多かった。「クールビズシーズンに気になること」の問いには、63・1%が「臭い(体臭)」と回答。前回首位は「汗をかく」だったが、汗の不快感より、周囲の「臭い」への反応を気にする時代になっている。



(中略)




自信を回復させる

 体臭、多汗治療が専門の五味常明(ごみ・つねあき)・五味クリニック院長(68)は、「わきの臭いを気にするのは、日本人特有」と語る。「清潔好きゆえに、臭いを嫌う」

 五味院長によると、現代人はストレス社会の中で、汗をかくことが増えているという。ただし−。

 「臭いを気にする人の7割は、実際には臭っていません。周囲に迷惑をかけたくない、という気持ちが強い、まじめな人たちです。こういう人たちが制汗剤を使って安心感を得て、自信を回復させる。きわめて現代的な商品です」

【男性用の主な汗対策商品】
 ○「デオナチュレ 男すっきりジェルバー」 (シービック、1150円)
 ○「メンズビオレ 薬用デオドラントZ エッセンス」 (花王、694円)
 ○「メンズRiff あせワキパット」 (小林製薬、520円)
 ※いずれも税別。価格は店舗によって異なる場合もあります。


中略部分の具体的な商品については、以下のページを御覧下さい。

http://www.sankei.com/life/news/170809/lif1708090007-n2.html

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)