脳の発達は汗のおかげ!?

 風邪をひいて体温が38度になったとしましょう。あなたはだるくて仕事や勉強に集中できなくなるでしょう。さらにもう1度上がって39度になれば、もう頭がボーっとして考えることもできません。健康なときの37度からたった2度上がっただけでこのありさまです。

 人間は恒温動物です。外の温度に関係なく、いつも一定の体温を保っています。実は、この体温調節の仕組みは、あらゆる動物の中で人間が最も高度に発達させたものなのです。そのわけは脳にあります。

 人間は中枢神経系の脳を発達させて進化しました。この脳細胞がコンピューターと同様に熱に弱いのです。脳細胞ではいろいろな酵素が代謝を切り盛りしています。その酵素が最も働きやすい最適の温度が37度なのです。つまり人間の平熱37度は脳の適温に合わせているのです。37度は内臓や筋肉といった他の器官にとっては冷えすぎる温度ですが、大切な脳を守るためにみな我慢しているのですね。

汗を敬遠するほど臭い汗に
 人間は脳のために汗をかきます。また、そうして汗腺が発達したからこそ、脳はさらなる進化が可能になったのです。まさに、人類の文明は「汗のたまもの」なのです。

 その大切な汗を現代人は「臭い」、「汚い」、「ベトベト気持ち悪い」と敬遠して、汗をかかなくなってしまいました。この汗をかかないことが、実は、現代人の汗が「臭い汗」になっている原因なのです。

汗は血液から作られている

 体温は、汗が蒸発するときに気化熱を放出することで下がります。汗が蒸発するには、水分が必要です。その水分の供給源として、皮膚血管の中を流れる血液が使われます。つまり、汗のひとしずくは、貴重な血の一滴と言えます。

 汗腺は、血液から血球成分を除いた血しょうをくみ取ります。血しょうの中にはナトリウム、カリウムなどのミネラルやニオイのもとになる物質も含まれていますから、それらをろ過して血液に戻し(再吸収)、残りを汗として外に出します。(図)

理想の汗は混じりけのない水
 理想的な汗は、完全に再吸収ができた後の100%純粋な水です。仮に体重70kgの人が純粋な水分のみの汗をかいたとしたら、38度に上がった体温を37度の平熱に戻すのに、たった100ccの汗があれば十分。この場合、水は表面張力が働いて小粒になり、すばやく気化して体温を下げるからです。実際には100%とまではいきませんが、理想の「良い汗」は血しょう成分が薄く、限りなく水に近いサラサラした汗です。こうした良い汗はニオイ成分も少ないため、かきたてはほぼ無臭です。

運動不足、エアコンで汗腺が衰えると臭う汗に
 ところが、現代人はライフスタイルの変化によって、良い汗がかけなくなっています。筋肉を使わなければ筋力が衰えるのと同じです。交通機関の発達で運動不足になり、エアコンの普及で汗をかく機会が減少した結果、汗腺のろ過機能(再吸収)が衰えた人、汗をかかない「休眠汗腺」ばかり増えて汗を出す「能動汗腺」が減少した人が多くなっています。再吸収が十分にできないと血しょう成分が多い、濃い汗になります。

 濃い汗は大粒でベトベトして、なかなか蒸発しません。流れるだけのムダ汗、つまり「悪い汗」なのです。悪い汗には、アンモニアや乳酸などのニオイ成分や雑菌のエサとなる皮脂なども多く含まれ、「臭い汗」となります。

ドッと出るワキ汗もニオイのもとに
 こうした汗腺機能の低下とは別に、一気にドッと汗をかくことも臭い汗の原因になります。例えば、女性の更年期の多汗(ホットフラッシュ)や、緊張した時に出る精神性発汗(冷や汗)などです。

 汗はじっくり、しっとりかけば、十分に再吸収されサラサラ汗となります。ところが、一気にドッと出ると再吸収する時間的ゆとりがありませんので、濃いネバネバ汗が出て、ニオイ成分が多く含まれる臭い汗となります。

 現代はストレス社会のため、精神性発汗をする人が多くなりました。最近、悩む人が増えている「ワキ汗」もドっと出るため、わきがではなくても臭い汗となりやすいのです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180620-OYTET50039/