多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、汗に悩む方の心のケアを重視した、様々な対策や治療法をご紹介します。

多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)トップ > 汗対策

新着情報
  • ひどいワキ汗は病気なの? 多汗症チェック&ワキ汗を止める方法
  • 「大量のワキ汗」「ニオイ」…梅雨から夏の汗のお悩みにプロが回答! [with]
  • 臭う汗と臭わない汗(1)運動不足、エアコン、緊張…生活習慣があなたの汗をクサくする
  • 夏のデオドラント
  • 夏の汗、気になるニオイ…。汗博士に聞いたベストな「汗対策」って?
  • 会議や満員電車でかく汗は、通常の汗より強くにおう!? 原因や対策は?【医師監修】
  • いい汗をかいて暮らそう。夏こそ、「汗マネジメント」!
  • 乳輪の圧迫が効果的? ジワッとしみる不快な“ワキ汗”解消3つの掟
  • 今日からできる臭い汗対策!ユニクロの下着が抜群の効果?腕・胸に制汗剤は危険
  • いつの間にか汗でびっしょり。これって何が原因?
  • ストレスでワキ汗に!?医師が教える夏の「ワキ汗対策」
  • 就活生たちへ 面接で大汗をかかない方法
  • もう止まらない(汗) クサイ・ベタベタ・ドロドロ、汗問題を解決する!
  • 多汗症、トイレの回数・・・汗にまつわる疑問Q&A
  • 専門家に聞く!顔、脇、背中...夏の汗悩みレスキューテク
  • 賢く冷やして、暑さを撃退!
  • 夏よりクサい!春に発生する“悪い汗”の撃退方法
  • 春の汗のニオイが一番キツい!?
  • もう悩まずに済むワキ汗対策とは?
  • 夏のニオイ対策の強い味方。ふき取りシートと制汗剤の上手な使い方とは?

汗対策

ひどいワキ汗は病気なの? 多汗症チェック&ワキ汗を止める方法



「汗は体温が上がった時に下げる役割があります。人は体温を一定に保つために汗をかいているので、汗をかくことはとても大切なんですよ」と五味先生。しかし、そんな汗にも「悪い汗」と「良い汗」があるといいます。


「"良い汗"とは、サラサラの汗で匂いもほとんどありません。逆に"悪い汗"はベタベタして水分も蒸発しにくく雑菌なども繁殖しやすくて匂いも伴います」(五味先生、以下同)


まずは、あなたの汗は「良い汗or悪い汗」をチェックしましょう!


◆あまり運動をしない
◆肉食が多い
◆エアコンをよく使う
◆ストレスをためやすい
◆シャワーだけですませる
◆ふかふかのベッドが好き
◆入浴後すぐに寝る


4個以上当てはまる場合は"悪い汗"の危険性があります。
でも、心配ご無用! 「食生活、入浴、睡眠を改善すると"良い汗"をかくことができるようになります」と五味先生。



ワキ汗の原因は?

"良い汗"をかくようにライフスタイルを改善したら、ワキ汗をかくことはなくなるのでしょうか?


「ワキ汗の原因は2つあります。1つは発汗するエクリン腺が多いタイプで、これは体質的なものです。もう1つが精神性発汗。緊張して手に汗をかいたりする方は、こちらのタイプ。そして、ワキ汗が多いと気にしている方もこの精神性発汗の場合が多いんですよ。


そもそもワキは汗腺が多くて、暑くなると汗をかきやすい場所なんです。腕や胸も同じように汗をかいていても、蒸発しているのであまり気になりませんが、ワキは籠りますよね。それが余計、いっぱい汗をかいているように思ってしまう。『汗は嫌だ!止めたい!』と思えば思うほど、汗はでてきちゃうんですよ!」


ワキ汗を止める方法


原因は分かりました! では、どうしたら止められるんですか?


ステップ1:開き直ること!
「精神性発汗の人は、真面目で思いやりがあって優しい人が多いんです。だから、一人でいると汗をかかない。周りの人を無視できない人がかく汗。だから僕は“気遣い汗”と呼んでいます。この“気遣い汗”の止め方は、開き直ること!」


ステップ2:デオドラント(制汗)剤を使用
「デオドラント剤を使うと、制汗はもちろんですが“使っているという安心感”が
自信につながって“汗をかくんじゃないか”という予期不安がなくなります」


ただし、デオドラント剤の使用には注意が必要!
「デオドラント剤が使えるのは“ワキ”と“足の裏”の2ヵ所だけ。それ以外の場所に使ってしまうと、夏は汗腺をふさいでしまい熱中症の原因につながります」


ステップ3:ボトックス注射
「それでもやっぱりワキ汗が気になるという方にはボトックス注射をおススメします。ボトックスを打つことで、汗腺を刺激するアセチルコリンの放出をブロックして、発汗作用が弱まります。


汗腺は汗をかけばかくほど機能が深まり“良い汗”がでるようになる。逆に使わないと汗腺は機能が落ちてしまいます。ワキの汗腺は体温調節には関わっていないので、汗を止めるボトックスを打ってもいいんです。ボトックスは約半年で体から排出されます。その半年間、ボトックスで汗をかく機能をブロックすることで汗腺の機能が落ちて、その後も汗をかきにくくなります」


どうしてもワキ汗が気になる人は、試してみる価値はありそうですね。しかし、五味先生は「ワキ汗は病気じゃないですよ!」と力強くおっしゃいます。


「ワキ汗をたっぷりかいても、誰にも迷惑はかけていないんですよ! 他人のワキの下なんてじっくり見つめる人はほとんどいませんよ。
ただ、ワキ汗が気になって外出ができない、対人関係に自信がもてない……と思うようになっていたら、それは病気です」


「ワキ汗は気遣い汗」 素敵な言葉ですよね! ワキ汗に悩んでいる方は、五味先生の言葉をしっかりと受け止めて今後の対応を考えてみてください。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

「大量のワキ汗」「ニオイ」…梅雨から夏の汗のお悩みにプロが回答! [with]

http://www.joseishi.net/2018/07/03/69919/


Q.ワキに汗を大量にかいてしまいます。かかなくするには?(会社員・24歳)


A.汗をかいてもOKな環境づくりが汗を軽減!
汗をかいたらどうしよう、周りに気づかれたら……と考える程、汗はどんどん出ます。その気遣い汗は、汗をかける状況を作れば解決(五味クリニック・五味常明院長)」


Q.ワキの汗じみがひどく白やグレーのトップスが着られないほど!(会社員・30歳)

A.汗じみが黄ばんでいたらワキガの可能性あり
「ワキガの人の汗には色があり、汗じみがかなり濃く黄ばんでいたらワキガの可能性があるのでクリニックへ。透明なら問題ありません(五味クリニック・五味常明院長)」



Q.ワキ汗がニオイます。もしかして、ワキガ!?このニオイが周りにバレていないか心配です(会社員・28歳)

A.汗がベタついていなければバレていません
「普通の汗のニオイに周りが気づくことはありません。ワキガが気になるなら下のチェックを(五味クリニック・五味常明院長)」


【全部当てはまったらワキガかも!!】
☑耳あかが湿っている
☑ワキ毛が多くて太い
☑衣類のワキ部分が黄ばむ
☑肉親にワキガの人がいる
☑ワキ汗が多い
☑食生活は肉食中心


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

臭う汗と臭わない汗(1)運動不足、エアコン、緊張…生活習慣があなたの汗をクサくする

脳の発達は汗のおかげ!?

 風邪をひいて体温が38度になったとしましょう。あなたはだるくて仕事や勉強に集中できなくなるでしょう。さらにもう1度上がって39度になれば、もう頭がボーっとして考えることもできません。健康なときの37度からたった2度上がっただけでこのありさまです。

 人間は恒温動物です。外の温度に関係なく、いつも一定の体温を保っています。実は、この体温調節の仕組みは、あらゆる動物の中で人間が最も高度に発達させたものなのです。そのわけは脳にあります。

 人間は中枢神経系の脳を発達させて進化しました。この脳細胞がコンピューターと同様に熱に弱いのです。脳細胞ではいろいろな酵素が代謝を切り盛りしています。その酵素が最も働きやすい最適の温度が37度なのです。つまり人間の平熱37度は脳の適温に合わせているのです。37度は内臓や筋肉といった他の器官にとっては冷えすぎる温度ですが、大切な脳を守るためにみな我慢しているのですね。

汗を敬遠するほど臭い汗に
 人間は脳のために汗をかきます。また、そうして汗腺が発達したからこそ、脳はさらなる進化が可能になったのです。まさに、人類の文明は「汗のたまもの」なのです。

 その大切な汗を現代人は「臭い」、「汚い」、「ベトベト気持ち悪い」と敬遠して、汗をかかなくなってしまいました。この汗をかかないことが、実は、現代人の汗が「臭い汗」になっている原因なのです。

汗は血液から作られている

 体温は、汗が蒸発するときに気化熱を放出することで下がります。汗が蒸発するには、水分が必要です。その水分の供給源として、皮膚血管の中を流れる血液が使われます。つまり、汗のひとしずくは、貴重な血の一滴と言えます。

 汗腺は、血液から血球成分を除いた血しょうをくみ取ります。血しょうの中にはナトリウム、カリウムなどのミネラルやニオイのもとになる物質も含まれていますから、それらをろ過して血液に戻し(再吸収)、残りを汗として外に出します。(図)

理想の汗は混じりけのない水
 理想的な汗は、完全に再吸収ができた後の100%純粋な水です。仮に体重70kgの人が純粋な水分のみの汗をかいたとしたら、38度に上がった体温を37度の平熱に戻すのに、たった100ccの汗があれば十分。この場合、水は表面張力が働いて小粒になり、すばやく気化して体温を下げるからです。実際には100%とまではいきませんが、理想の「良い汗」は血しょう成分が薄く、限りなく水に近いサラサラした汗です。こうした良い汗はニオイ成分も少ないため、かきたてはほぼ無臭です。

運動不足、エアコンで汗腺が衰えると臭う汗に
 ところが、現代人はライフスタイルの変化によって、良い汗がかけなくなっています。筋肉を使わなければ筋力が衰えるのと同じです。交通機関の発達で運動不足になり、エアコンの普及で汗をかく機会が減少した結果、汗腺のろ過機能(再吸収)が衰えた人、汗をかかない「休眠汗腺」ばかり増えて汗を出す「能動汗腺」が減少した人が多くなっています。再吸収が十分にできないと血しょう成分が多い、濃い汗になります。

 濃い汗は大粒でベトベトして、なかなか蒸発しません。流れるだけのムダ汗、つまり「悪い汗」なのです。悪い汗には、アンモニアや乳酸などのニオイ成分や雑菌のエサとなる皮脂なども多く含まれ、「臭い汗」となります。

ドッと出るワキ汗もニオイのもとに
 こうした汗腺機能の低下とは別に、一気にドッと汗をかくことも臭い汗の原因になります。例えば、女性の更年期の多汗(ホットフラッシュ)や、緊張した時に出る精神性発汗(冷や汗)などです。

 汗はじっくり、しっとりかけば、十分に再吸収されサラサラ汗となります。ところが、一気にドッと出ると再吸収する時間的ゆとりがありませんので、濃いネバネバ汗が出て、ニオイ成分が多く含まれる臭い汗となります。

 現代はストレス社会のため、精神性発汗をする人が多くなりました。最近、悩む人が増えている「ワキ汗」もドっと出るため、わきがではなくても臭い汗となりやすいのです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180620-OYTET50039/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

夏のデオドラント

汗のにおいの原因は皮膚にすみついている雑菌。さらに現代人は汗をかくことが減り、汗腺が衰えたため、雑菌が繁殖しやすい「悪い汗」をかきやすくなっているといいます。また、「悪い汗」は水分とともに体に必要なミネラルも体外に出してしまうため、夏バテや熱中症を招きます。ここでは、「よい汗」をかくための生活習慣や汗腺を鍛える入浴法、かいた汗をにおわせないポイントなどをご紹介します。

Q01発汗の役割とメカニズムは?
Q02においの感じ方は?
Q03汗をかくと、なぜにおうの?
Q04「よい汗」と「悪い汗」があるって本当?
Q05悪い汗は、夏バテの原因になるって本当?
Q06わきの汗のにおいが気になる。これってわきが?
Q07加齢臭って何? 女性にもあるの?
Q08体臭の強さと生活習慣に関係があるって本当?
Q09簡単にできる夏の汗のにおい対策は?
Q10よい汗をかくための入浴法は?
Q11足がにおいやすいのはどうして?
Q12口臭をケアするにはどうしたらよい?

https://www.selfdoctor.net/q_and_a/2012_07/




多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

夏の汗、気になるニオイ…。汗博士に聞いたベストな「汗対策」って?

https://doda.jp/careercompass/compassnews/20180621-36730.html

汗には「良い汗」と「悪い汗」の2種類がある
汗には体温を調整する大事な役割があり、私たちは汗をかかずには生きていけません。たとえば運動して体が熱くなると自然と汗が出ますが、これは体温を平熱に戻すために起こること。汗が蒸発することで、私たちは体温を一定に保っているのです。

ただ汗と一言でいっても、嫌なニオイを発生する汗とあまり臭わない汗があるのをご存知ですか? 五味院長は、汗を「良い汗」と「悪い汗」の2つに分類しています。

「良い汗とは小粒で濃度が薄く、限りなく水に近い成分。よくサラサラ汗とも言われます。ニオイが少なく、蒸発しやすいので体温調整が効率的にできる汗です。

一方、悪い汗は大粒で、ナトリウムなどのミネラルが一緒に排出されるので濃度が濃い。嫌なニオイがするほか、ネバネバしているので蒸発しにくく、体温調整の機能も低いのです」(五味常明院長:以下同じ)

いつも良い汗をかくための生活習慣8箇条
では、良い汗をかける体になるためには、どうすればいいのでしょうか? ポイントは汗を分泌する「汗腺」を正しく機能させることにあると五味院長は言います。

「エアコンの効いた室内で長時間過ごしていたり、運動不足で汗をかく機会が減ったりすると、汗腺の機能が弱まり悪い汗が多く分泌されます。そのため正しく機能させるには、まずは弱った汗腺の機能を取り戻してあげることが大切。

汗腺は筋肉と同じで、鍛えれば鍛えるほど機能性が高まります。ですから、良い汗をかきたければ、たくさん汗をかくために生活習慣を見直し、汗腺を鍛えることが効果的です」

“汗腺を鍛える”という考え方は、初めて知る人も多いかもれません。実際にどのように生活を見直すべきかを8項目に分けてご紹介します。

1.部屋の温度を下げすぎない
「エアコンは、なるべく温度を下げすぎないよう工夫しましょう。オフィスにいて調整が難しい場合は、直接体に風が当たらないようにブランケットなどを活用するのもオススメです」

2.冷房の効いた部屋からすぐに外に出ない
「冷えた部屋に長時間いると皮膚温度が下がってしまい、暑い外に出ても、すぐには汗が出なくなります。その代わり、一定時間が経つとドッと汗が出てしまう。これが嫌なニオイのもとなんです。外に出る前に玄関などで少し立ち止まって、身体を外気に慣らしてから外に出るようにしてください」

3.日常的に有酸素運動を取り入れる
「ジョギングなどの有酸素運動を一定時間行うと、サラっとした良い汗をかくことができます。これは、肺から十分な酸素が抹消の血管に配給され、体の末端まで血行が良くなるためです。理想は週に2回以上、有酸素運動を行うこと。難しい場合でも日常的にたくさん歩いたり、階段を多く使ったり体を動かすように工夫しましょう」

4.通気性の良い服を着る
「汗が出たら蒸発させて体温を下げることが大事ですので、水分が蒸発しやすい綿や麻など通気性の良い素材を用いた服を着るようにするといいですね。春夏はもちろん、秋冬も屋外と屋内の温度差が大きいと汗をかくことがあるため、意識しておくといいでしょう」

5.辛いものを食べ過ぎない
「辛いものを食べると汗がにじみ出ますよね?『代謝が上がって汗をかくワケだから、いいことなのでは?』と思われるかもしれませんが、実は辛いものを食べ過ぎると汗が出にくい体になってしまいます。食べてもいいけれど、控えめにすることをお忘れなく」

6.夏は動物性の脂肪とタンパク質は控える
「牛・豚・鳥などの肉類、バター、ラード、牛乳、チーズ、魚介類など動物性の脂肪やタンパク質が多い食べ物は熱が体にこもってしまいやすく発汗作用がないので、夏の時期はなるべく控えるといいでしょう」

7.お風呂で汗腺トレーニングを行う
「これは、私が考案した汗腺トレーニング法です。まず熱めのお湯(43〜44度)を少なめに張った湯船で10〜15分ほど手足を温め、そのあとぬるま湯にして全身浴、または半身浴をします。両手・両足の汗腺は予備力が高いため、鍛えることで能動汗腺を増やし機能を高めることができますよ。本格的に夏が来る前から取り入れると効果的です」

※予備力:ある機能について最大能力と平常の生命活動を営むのに必要な能力との差

8.お風呂から出たあと、すぐに体を冷やしすぎない
「夏場はお風呂から上がったあと体が火照っているので、すぐに冷房に当たりたくなりますよね。しかし一気に体を冷やして汗を止めてしまうと、お風呂で開いた汗腺が急に閉じてしまいます。ちょっとガマンして、うちわか扇風機で汗を蒸発させてから冷房を付けるとちょうどいいですね。

またエアコンで急激に冷やすと、皮膚温度は下がっても体温は十分に下がらないままで、寝付きも悪くなります。熟睡するためには、体温低下に伴って基礎代謝が下がり“プチ冬眠”のような状態をつくる必要があるからです」

ニオイを伴う悪い汗を止めたいときの対処法
ここまでは良い汗をかくための習慣をご紹介しました。合わせて、急に大量に汗をかいたり、ベタベタした不快感の強い汗をかいたりしたときに、汗を止めるための対処法も伺います。

●湿り気を残して汗を拭く
「汗が出て、すぐにゴシゴシ拭き取ってしまうのはNG。汗が蒸発したときに体温が下がるわけですから、蒸発しないうちに拭いてしまったら、またすぐに汗が出てきます。大粒の流れる汗は拭き取ってもいいのですが、皮膚にとどまっている汗は湿り気を残して、タオルやハンカチで押さえるように拭いてください」

●脇の下を圧迫する
「汗が大量に出てきてしまったときは、両脇の下を圧迫すると止まりやすくなります。げんこつを作って脇を締めてもいいですし、冷たいペットボトルがあれば脇の下に挟むとかなり効果的ですよ」

●デオドランド剤を二重塗りする
「良い汗と悪い汗があるとお伝えしましたが、脇と足の汗は体温調整機能を持たないため、デオドランドスプレーなどで止めても大丈夫。私がオススメしているのは、脇の毛が生える狭い範囲に直塗りタイプのデオドランド剤を塗り、その上から軽くスプレーする方法です。スプレーが胸や腕にかかったりすると、身体にこもった熱を逃がせず熱中症になってしまう恐れがあるので注意しましょう。

ウェットシートタイプのデオドランド剤はアルコールが含まれていて、拭いたあとに水分が蒸発するので、全身に使用しても大丈夫です」

汗を上手にコントロールすれば、夏場も爽やか!
汗の拭き方やデオドランド剤の使い方など、誤った習慣を続けていた人もいるのではないでしょうか? 熱中症のリスクも下げつつ嫌なニオイを防ぐ、正しい汗の対処法を身に付けましょう!

冷房に頼って汗をかかないようにするのではなく、日頃から汗腺を鍛え、悪い汗をかかないよう体質改善を図りましょう。そうすることで夏場でも不快感に悩まされることなく、快適に仕事ができるはず。

夏はすぐそこ! ぜひ、今日から「良い汗」をかくための習慣を始めてみませんか?

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

会議や満員電車でかく汗は、通常の汗より強くにおう!? 原因や対策は?【医師監修】

https://shigotonadeshiko.jp/209056

ストレスの汗は、通常の汗より濃度が高い!? 適切なケアの仕方って?
これからの時期に気になる、汗のニオイ。運動をして汗をかくとにおっていないか気になりますよね。実は、運動でかいた汗より、満員電車などの環境的なストレスや、会議やプレゼンでの緊張などが原因でかく汗のほうが強くにおっている可能性があるんです!

そこで、五味クリニック院長で体臭・多汗研究所所長の五味常明先生に、その原因や対策などについて話を伺いました。

■ストレスの汗が通常の汗よりにおう原因って?
そもそも、なぜストレスの汗が通常の汗よりにおうのでしょうか? 五味先生は次のように解説します。

「満員電車などの環境的なストレスや、会議やプレゼンでの緊張などが原因でかく汗を『精神性発汗』と呼びます。

『精神性発汗』の場合、緊張時の交感神経の亢進で、たんぱく質やミネラルなどのにおい成分を含む汗を出す『アポクリン腺」の分泌が盛んになり、『アポクリン腺』が多いワキの下から汗が出ます。

また、誰にでもある『エクリン腺』からも汗が急激に出るため、血液成分を再吸収させる余裕がないため濃度が高く、通常の汗よりもニオイが強くなります。」


■ストレスの汗のニオイ対策は?
では、汗のニオイを防ぐためにはどのようにケアをしたらいいのでしょうか?

「汗をかいてからニオイになるまでには、1時間ほどのタイムラグがあります。その間にできるだけ早く、固く絞った濡れタオルなどで汗をふき取るようにすればニオイを防ぐことができます。

また、制汗デオドラントなどを生活に取り入れて、汗をなるべく気にしない生活を心がけてください」と五味先生。


続けて、実際に制汗剤を選ぶ際のポイントについても教えていただきました!

✔︎Point1:古代から天然の消臭剤として人々に愛用されてきた「ミョウバン」由来のものを選びましょう。

✔︎Point2:形態は、スプレーやミストよりも肌に直接塗布するタイプのほうが消臭成分が密着しやすいと言われています。

✔︎Point3:ニオイでニオイをマスキングするタイプのものより香りの強くないものを選びましょう。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

いい汗をかいて暮らそう。夏こそ、「汗マネジメント」!

汗が果たす役割とは
1. そもそも、なぜ人間は汗をかくのですか?
「汗というのは、体のどの部分のためにかいているか?
それは、脳細胞を守るためです。人間の脳には、中枢神経が入っています。脳細胞は熱に弱く、常に37度前後という温度に保たれていなければなりません。なので、私たちは汗を放出し、蒸発する時の気化熱で体温を下げているんです。人間は、汗をかくための機能・汗腺(かんせん)も発達しているんですよ。暑いからといって、ゾウのようにしょっちゅう水浴びするわけにはいきませんからね」


あなたの汗は、ベタベタor サラサラ?
2. いい汗と悪い汗の違いは、どのようなものですか?
「汗の原料となるのは、血液です。汗腺が、血液の血球を除いた血しょうをくみ取って、汗として排出しています。また、汗腺にはろ過機能があり、必要な塩分やミネラルが排出されすぎないように、体に『再吸収』しています。
いい汗はサラサラとした水のようで、かきたての状態はほぼ無臭です。また、少ない量で体温を下げることができます。
ところが、汗腺の『再吸収』機能が低下すると、血しょうを多く含んだ濃い汗をかきやすくなります。悪い汗はベタベタしていて、ムダ汗になりやすい。また、大量にかかないと体温を下げることができません。すると、どのようなことが起こるでしょうか?血液を大量に使うわけですから、水が失われて脱水症状におちいりやすく、ミネラルも失われます。つまり悪い汗をかく人は、熱中症になりやすいんです。さらに、悪い汗というのはアンモニアなどのニオイ成分が強いため、かきたてから臭く、雑菌のエサになりやすいという特徴があります。


ニオイは「衣服でブロック」するのが合理的!
3.先生が提唱されている「経衣類消臭法」について教えてください。
「経衣類消臭法は、体から出るニオイを、衣類で消臭する方法です。
そもそも、多くの人が気にしているのは、体から出た自分のニオイそのものではありません。
そのニオイが他の人の鼻に伝わって、その人を不快にしてしまうことが心配なのですよね?もしも、自分ひとりだけで過ごしているならば、体臭は個性ですからそれほど気にならないわけです。
私たち人間は、誰しも服を着ます。ですから、服そのものを消臭してしまうことは、とても理にかなっていると思いませんか。方法はふたつあって、衣類に消臭スプレーをかけるか、機能性繊維でできた服を選ぶかです。
あなたが毎日着る服を『消臭剤』にできれば、第一の皮膚からニオイ分子が出ても、第ニの皮膚である衣類がニオイ分子を抑えてくれて安心ですね。このように、経衣類消臭法は、ニオイで悩む人が失ってしまいがちな『安心』や『自信』といった気持ちも回復してくれます。汗のニオイが気になっている人には、皮膚に塗布するタイプのデオドラント剤と合わせて試してみてほしいと思います。
嬉しいことに、今は繊維メーカーからも、吸水性、通気性、速乾性に長けた機能性繊維がたくさん出ていますね。そうした機能性繊維を用いたインナーもぜひ活用してください。多少高くても、お金をかける価値は十分にあると思います。何よりも安全ですし、機能性繊維を使ったインナーを着るほうが、ずっと快適に過ごせるでしょう」


汗のニオイ予防にも!お風呂でできるトレーニング
4.いい汗をかき、夏場を乗り切るための汗腺トレーニング方法を教えてください。
「ひとつは、43度くらいのお湯に、ひざ下とひじ下を10分から15分間ひたす手足入浴法です。
脳から遠いところにある手と足の汗腺は、いちばん衰えやすい場所でもあります。そこを集中的に刺激することで、汗腺を鍛えることができます。また、手と足には細かい血管が通っているので、血液が体中を巡り、5分ほどでいい汗をかくことができます。
もうひとつは、半身浴です。さきほどの手足入浴法のあと、交感神経を優位にし、リラックスさせるために行います。36度くらいのぬるめのお湯を足し、コップ半分くらいの酢(クエン酸)を入れると、汗のニオイ予防効果も期待できます。半身浴や岩盤浴は、体の深部が温められるので、いい汗をかくことができますよ。
さらに、お風呂からあがったあともトレーニングのひとつです。汗は、エアコンで急激に蒸発させず、うちわなどを使ってゆっくりと体温を下げるようにしてください。
また機能性繊維を使ったインナーなら、お風呂あがりから着ることができます。
お風呂あがりに暑いからといって、いつまでも裸で過ごせば湯冷めしてしまいますし、すぐにTシャツを着ても、衣類が汗で蒸れてしまえば、体を冷やしてしまい逆効果になりかねません。綿素材は吸湿性にすぐれていますが、放湿性が悪く、汗をかくと重くなりやすいですが、その点、機能性繊維を使ったインナーは、吸汗速乾性にすぐれたものが多く、さらさらとした着心地でお風呂あがりも気持ちよく過ごせるかと思います。
ゆっくりと体温を下げるための汗腺トレーニングにも適していると言えますね。
汗腺は比較的新しい器官なので、このトレーニングを2週間ほど続けていれば、機能が高まり、いい汗をかけるようになるでしょう」

https://www.topvalu.net/peace_fit/contents2/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

乳輪の圧迫が効果的? ジワッとしみる不快な“ワキ汗”解消3つの掟

https://woman.mynavi.jp/article/130617-026/

■不思議なカラダのしくみで汗を止める方法
一時的に顔やワキ汗を止める方法として、人間のカラダに備わった不思議なしくみを利用する方法があるそうです。
「人間のカラダには、カラダの片側を圧迫すると、圧迫した側の汗が減って、反対側の汗が増える“半側発汗(はんそくはっかん)”というしくみがあります。これを利用すれば一時的に顔やワキの汗をおさえることができますよ」

上半身を圧迫すると、下半身の汗が増えて上半身は減る、右側を圧迫すると、左側の汗が増えて右側が減る、というように、圧迫した側の汗をおさえられるしくみが「半側発汗」。ではこのしくみを使った、具体的なワキ汗解消法は?

「顔やワキの汗をおさえたいなら、胸の乳輪あたりを強く圧迫したり、浴衣の紐などで胸を縛るといいですね。舞妓さんが帯で胸を圧迫するのは、汗をおさえて化粧崩れを防いでいるといわれているんですよ」

紐で巻く場合は長時間巻かないように、とのことですが、大事な面接や絶対にキメたいプレゼンなど、ここいちばんのとき、一時的に汗をおさえるにはよさそうです。

■食べ物で汗をコントロールする方法
そもそも「汗」とは、食べたものがエネルギーに変わる際に出るもの。カプサイシンやショウガなど、汗をかきやすい食べ物があるように、汗をかきにくい食べ物もあると五味先生はいいます。
「すべての食べ物は消化吸収されて一部がエネルギー源として利用される際、必ず熱が出ます。熱が体内にたまると体温が上がりますから、汗をかいて熱をさげるのです。なので、何を食べるかで汗の量をある程度コントロールすることができます。汗をかきにくい食べ物ならたくさんありますよ」

例えばどんな食べ物が「汗をかきにくい」のでしょうか?

「炭水化物はタンパク質や脂肪より汗をかきにくいし、辛味や甘味などの刺激が少ない食べ物も汗はかきにくいですね。さらに納豆などの大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン様作用があるんですが、実は女性ホルモンは発汗を抑制する働きがありますので、大豆も汗をかきにくい食べ物といえますよ」

刺激物や、タンパク質、脂肪を避け、イソフラボンを多くとる。食事で汗をコントロールする意識を持つことで、不快な汗をだいぶおさえられそうですね。

■人体のしくみに沿った“肉体改造”計画
皆さんは、熱帯地方などの暑い地域に住んでいる人はあまり汗をかかないと聞いたことがありませんか? 実はこれも人間のカラダに備わった「長期暑熱順化」というしくみによるものだそうです。
「暑いところで長く暮らしていると、皮膚の血流量が増して皮膚温が上がり熱の放出が盛んになるので、汗そのものをかく必要がなくなるんです。さらに、暑さで自然に汗腺が刺激されて、少ない発汗でも体温の調節ができるようになるんですよ」

なるほど、そういう肉体になれば、ワキ汗も必然的に減りそうですが、一体どうすれば肉体改造できるのでしょうか?

「夏になる前から『短期暑熱順化』という汗腺の機能訓練をするといいですね。具体的には、春先から有酸素運動をはじめて、同時に毎日30分くらい熱めのお湯で入浴して汗腺を鍛える。梅雨時からは暑くなってもエアコンを控える生活で暑さに汗腺を慣らすのです。もちろん夏もできるだけエアコンに頼らない生活を心がけてください」

そうしているうちに少しずつカラダが慣れて、汗をかきにくい体質に変わっていくそうです。数年間続けると熱帯地方の人と同じ「長期暑熱順化」のような汗腺ができ上がってくるそうですよ。もちろん効果には個人差がありますが、五味先生が教えてくれた3つのワキ汗解消法、試してみてはいかがですか?

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

今日からできる臭い汗対策!ユニクロの下着が抜群の効果?腕・胸に制汗剤は危険

https://www.excite.co.jp/News/column_g/20180625/Bizjournal_mixi201806_post-12773.html




●健康効果の高いサラサラ汗は「有酸素運動」と「設定温度27℃」がカギ

 まず「汗対策をするうえで一番大事なのは、サラサラ汗をかけるようになること」と五味氏は語る。

「汗というものは、実は血液からつくり出されているのです。血中の液体成分である血しょうを汗腺でくみ取り、ミネラルなどのさまざまな成分を濾過して血中に戻した後、水分のみを排出したものが汗です。

そしてこのとき、濾過が滞りなく行われて、限りなく水に近くなったものをサラサラ汗と呼びます。汗は気化することで体温を下げるためにつくられるわけですが、サラサラ汗は小粒なので蒸発の効率がよく、体重70kgの人であれば、ほんの100嫩度の発汗量で体温を1℃下げられます。また、成分もほとんど水であるため、臭いはほぼしません。

 反対に濾過があまりうまくいかず、さまざまな成分の混じった汗をベタベタ汗と呼びます。ベタベタ汗は固まって大粒になりやすいので蒸発の効率が悪く、どうしても発汗量が多くなってしまいます。そして血中の老廃物などが残っていることが多いので、特有の臭いもしてきます」(五味氏)

 つまり不純物の少ないサラサラ汗をかける体になれば、結果的に発汗量自体も少なくなるうえ汗臭さも解消される、ということか。また、サラサラ汗をかけるようになれば、それだけで健康効果も高いと五味氏は続ける。

「サラサラ汗をかけば体温調整がスムーズに行われるので、その分血行がよくなります。すると血液が体内を循環するスピードも早くなるので、一日の間に腎臓を通る回数も多くなります。人間は腎臓で血中の老廃物を濾過しているので、腎臓を通る回数が増えれば増えるほど血液はキレイになるのです。

 また、血行がよくなれば全身に酸素が巡り代謝もよくなります。人間は代謝がよくなると体温が上がるのですが、体温が上がることでさらに代謝がよくなる性質も持っています。


つまり体温が上がった分代謝もよくなり、その分また体温が上がる……というループが生まれるわけですが、サラサラ汗をかける人は、サラサラ汗でうまく体温を下げながら代謝をよくしていくことができるのです。

 反対にベタベタ汗をかく人の場合は、うまく体温を下げられないため、代謝を抑えることで体温の上昇を防ごうとしてしまうのです。代謝を抑えると細胞のエネルギーである酸素の消費量も減るため、酸素を運ぶ血液の流れも滞ってしまい、同時に血中の老廃物の量も多くなってしまいます。

 一般的に汗をかいて老廃物を出すことをデトックスと呼んでいますが、そもそも汗は体温を下げるためのものであって、尿のように老廃物を排出するためのものではありません。確かにベタベタ汗の中にはアンモニアや乳酸といった老廃物も含まれていますが、それは結果的にデトックスになっているだけ。本当のデトックスとは、サラサラ汗体質になることで代謝と血行をよくしながら、腎臓を使って老廃物を排出していくことでなされるのです」(同)

 それでは、サラサラ汗をかく体をつくるためには、何をすればよいのだろうか。

「汗腺も筋肉と同じように、使わなければ衰えてしまいます。ですから普段から適度に汗をかくことが汗腺のトレーニングになるというわけです。そして、一番有効なのが有酸素運動。というのも体の芯から熱が生まれてくる有酸素運動なら、汗をゆっくりじっくりかけるので、汗腺のトレーニングとして最適なのです。

体の芯から温めるという意味では岩盤浴も効果的ですね。

 そして、もうひとつのポイントはエアコンの設定温度です。エアコンの設定温度を23℃くらいにしている人も多いかと思いますが、23℃で汗をかける人間はいません。ですから設定温度はもっと高めがいいのです。とはいえ急に温度を上げて熱中症になっては元も子もないので、1℃ずつ設定温度を上げていくことで、無理せず徐々に体を慣れさせていきましょう。その際、窓を開けて換気をしたり、扇風機を併用することで空気の流れをつくり、汗を乾きやすいようにすると効果的です。最終的に28℃まで上げられれば理想的なのですが、現代人ですと28℃では耐えられない人も多いので、その場合は27℃でも大丈夫です。いずれにしても適度に汗をかきながら過ごせる体づくりを行えば、それだけで十分なトレーニングになります」(同)

●速乾吸湿性抜群の下着はマスト、意外と知らない正しい汗の拭き方は?

 サラサラ汗をかける体づくりは一朝一夕でできるものではない。だが、今日からでもすぐにできる汗対策が必要だ、という方もいることだろう。

「まずは下着を速乾吸湿性の優れたものに変えましょう。ユニクロやイオンなどから速乾吸湿性を謳った製品が販売されていますが、そのような製品は吸湿性の高い綿を内側、速乾性の高いポリエステルなどの合成繊維を外側になるよう組み合わせてあります。それを着れば、汗をすぐに吸い取って蒸発させてしまえるので臭いが残りにくいですし、何より不快感がありません。

ビジネスパーソンが夏を乗り越えるためには、これらの速乾吸湿性の高い下着が必要不可欠といっていいでしょう。

 また、正しい汗の拭き方も覚えておくべきです。汗を全部拭きとってしまえば蒸発して体温を下げることはできないので、拭いても拭いても汗が噴き出てくる、というのは当然のことなのです。流れ落ちるような汗は拭きとってしまっても問題ありませんが、全部ふき取るのではなく、肌がちょっと湿っているくらいでとどめるようにしましょう。

 そして営業の外回りから帰ってきたときや取引先の人と会う直前など、完全に汗を拭き取りたいときには、濡らしたタオルやハンカチで拭きましょう。臭いの素になる雑菌を拭き取ることができるので、汗臭さを残さず汗を拭き取れます。

 あとは、小さなことですが、建物から出ていく際、涼しい屋内からいきなり炎天下に出ては汗が噴き出してしまうので、一旦玄関先のような温度的な中間地点で2、3分待機して、暑さに体を慣らしてから外出すると、それだけでも効果はありますよ」(同)

 最後に、デオドラント剤を使用するときの注意点と、寝汗による寝苦しさを解消できる方法について教えてもらった。

「制汗作用の入ったデオドラント剤を使用するときは、汗のこもる脇と足以外には絶対使ってはいけません。制汗剤を使用した部位は汗をかけなくなるので、胸や腕にかけてしまうと、熱中症になってしまう可能性も出てきます。脇と足以外の部位をスッキリさせたいときは、エタノールを含んだウェットティッシュやボディペーパーを使用してください。


エタノールは揮発性なので、汗と同じように体温を下げる役割を担ってくれます。

 そして、夏の敷布団は固めにしましょう。人体には圧迫された部位の発汗が抑えられるかわり、その分反対側の部位から汗が出てくる『半側発汗』という現象があります。柔らかい敷布団だと背中が蒸れて寝苦しいと感じられる夜も、固めの敷布団を使っていれば、半側発汗により背中は汗をかかず、胸側から汗を放出できるので快適に眠ることができるでしょう」(同)

 今回教えてもらった汗対策をうまく活用しつつ、同時にサラサラ汗をかける体づくりを心掛ければ、今夏の猛暑も気持ちのいい爽やかさだと感じることができるようになるかもしれない。


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

いつの間にか汗でびっしょり。これって何が原因?

1まずは、汗が出る仕組みを理解しよう
私たちは通常、何かしら活動をしているので、成人で1日にだいたい1リットルの汗をかくと言われています。真夏など、暑い時期には1時間当たり400〜500mlの汗をかいていると言われています。
一体なぜこれほどまでに汗をかくのでしょうか?
汗には私たちの体温を調節するという重要な役割があります。体温が上昇すれば汗をかき、汗が蒸発するときの気化熱により体内の熱を逃がして体温を下げます。そのため、季節や屋内・屋外など条件によって汗の量は変わります。体温が上昇する要因があれば、汗をかき体温を下げて快適な状態を保つようにできているのです。

では、この汗はどのような仕組みで出るのでしょうか。汗は、私たちの皮膚に存在する「汗腺」と呼ばれる場所から分泌されます。汗腺には2種類あり、「エクリン腺」と「アポクリン腺」に分けられます。

2体温調整が主な役割のエクリン汗腺とはイメージ画像
エクリン腺は私たちの体のほぼ全体に分布しています。その数は、成人男性では約300万個と言われています。エクリン腺から出る汗は成分の99%が水分で残りの1%はほぼ塩分。さらっとしていてニオイや色はありません。エクリン腺から出る汗は、汗をかく状況によって3つの種類に分けられることができ、それぞれの働きが異なります。

・温熱性発汗
上昇した体温を調整するためにかく汗のこと。

・精神性発汗
緊張や興奮をすることによってかく汗のこと。

・味覚性発汗
刺激のある辛い食べ物などを食べることでかく汗のこと。

これらがエクリン腺から出る汗です。基本的にはさらさらしている汗なのですが、日ごろ運動不足などで汗をかきなれていないと、べとべとした汗になってしまうので、日ごろからサラサラした汗をかけるよう、生活習慣に気を付けると良いでしょう。

3ニオイの元、アポクリン汗腺
アポクリン汗腺はエクリン汗腺とは違って、全身にあるわけではなく、体の中でも脇や耳、デリケートゾーン、へそなどに集中しています。
アポクリン腺はエクリン腺と異なり、体温調整以外の役割も持っています。それはニオイを作ることです。アポクリン腺から出るニオイは、個体や仲間同士を認識させたり、異性を引き寄せるためのフェロモンのような役割を持っています。
今でも、多くの動物はアポクリン腺が発達しています。かつては人間にも、今よりもっと多くアポクリン線があったと言われていますが、進化の過程で少なくなってきました。なおこのアポクリン線の量は、個人や人種によって差があり、黒人や欧米人にはアポクリン線が多く存在し、日本人は少なめと言われています。
アポクリン腺から出る汗は、アルカリ性で水分は70%〜80%と少なく、ベトベトしています。そして脂質やタンパク質、アンモニアなどの成分が含まれています。ワキガなどによるいやなニオイはアポクリン腺から出る汗が原因です。

4こんな症状は多汗症の疑いあり!
多汗症は汗を過剰にかいてしまう病気です。
自分ではただの汗かきだと思っていても、実は多汗症だったということもあります。激しい運動をしたり、暑い中にいたり、緊張や興奮した時、辛いものを食べるなど、理由があって汗をかくのは自然なこと。それが多汗症では、特に汗をかくような理由がないのに多量の汗をかいてしまいます。
これは汗をかくことで温度調節をするという主な役割を持った、本来の汗のメカニズムが正常に働いていないために起こることです。
一方で、大量に汗をかく人でも、汗をかく理由があってかいている場合は多汗症ではないことがあります。ただ、多汗症かそうでないかは、専門医でなければ見分けがなかなかつきにくいので、気になる方は一度専門医に相談をされてみることをお勧めします。

5勘違いしがちですが、ワキガと多汗症は違うもの
ワキガと多汗症が同じものだと思っている方は多いかもしれませんが、実はこの二つは違うもの。
多汗症だからといって、必ずしもワキガだということはありません。その大きな違いはニオイにあります。
多汗症は大量の汗をかくもののニオイは少なく、一方でワキガはニオイが強くなりがちです。多汗症の場合の汗の多くはエクリン腺から出ており、ワキガの原因となる汗はアポクリン腺から出ているのでそもそも出ている汗の種類が違います。アポクリン腺から出る汗には、タンパク質、脂質、アンモニア、鉄分などの成分が含まれていて、その成分が皮膚表面の菌に分解されることで、ワキガ特有のニオイとなりやすいのです

6汗かき?それとも多汗症?違いはなに?
簡単に言えば、体温を調節するといった汗をかく理由がある状態で汗が出ているなら汗かき、汗をかく理由が特にない状態で汗をかくなら、多汗症の疑いがあります。
汗は通常、体温を一定に保つために出ます。汗かきの人は激しい運動をしたときや、気温が上昇して暑さを感じたときに、体温調節のために汗をかくのですが、それが通常よりも敏感で、早い段階から汗をかいてしまいます。
また、汗の量も他の人より多く、全身から噴き出る様に汗が出て拭いてもなかなか止まりません。一方、多汗症の人は適温で快適な状態でも汗をかいてしまいます。体温調整の面から考えて、汗をかかなくても良い状況で大量の汗をかくのが多汗症なのです。
全身から汗をかくのではなく、顔や手、足の裏など、局所的に汗をかくことが多いのも多汗症の特徴です(全身から汗をかく症状の多汗症もあります)。

7多汗症の原因を知ろう
冬多汗症の多くは、精神的なストレスが原因と言われています。
ストレスを強く感じる場面は私達の生活の中でしばしばあります。失敗してはいけないことにチャレンジするときや、大勢の前に出なければいけないときなど、緊張をしてストレスレベルも上がります。
しかし、こういった場合だけでなく汗をかくケースもあります。たとえば、のんびりとリラックスしているときや、朝目が覚めたばかりのときなどです。これまで多汗症は「精神的に緊張したから多量の汗をかく」とされていたようですが、実際は少しニュアンスが違います。正しくは、緊張したときに自律神経のうちの交感神経が過度に敏感になり、それが原因となり多量の汗をかくのです。
交感神経は、発汗を促す神経なので、敏感になると発汗を促進してしまいます。そのため、ストレスのある状態や生活習慣により、自律神経が正常なバランスを失うと多汗症の原因となります。ただしなぜ緊張状態やストレスを感じたときに交感神経が敏感になるのかは明らかになっていません。
そして、精神的な問題を抱えている方が全員多汗症になるというわけではありません。ストレスが続く生活だけでなく、更年期などでホルモンのバランスが崩れる場合にも、同様の症状が出ることがあります。
この他、直接的な原因にはならないと言われていますが、遺伝と多汗症の関係性に関する研究をしている専門家もいます。ストレスを感じやすい神経質な性格や、あがり症など緊張しやすい性格が遺伝し、多汗症の原因になるというものです。

8多汗症には二つの種類があります
多汗症には全身性多汗症と、局所性多汗症の2種類があります。
全身性多汗症は頭から、背中、胸、お腹、お尻、手足まで、全身に大量の汗をかきます。更年期障害や病気が原因で症状が起こることもあります。
もうひとつの局所性多汗症では、顔や、手のひら、足の裏、わきの下、頭部など、限られた部分のみに多量に汗をかきます。
緊張したときに、手に汗をかく経験をしたことはありませんか? 緊張で手に汗握る、ということ自体は誰にでもある自然な状態ですが、生活にも不都合があるような大量の汗が出るなら、多汗症かもしれません。
局所性の多汗症は、男性と比較して女性に多くみられます。思春期前後に発症し、大体の場合40歳代前に自然に軽減されると言われています。そして、手のひらだけではなく、足の裏にも汗をかきやすくなる人も約半数ほどいるようです。
これは、精神的な要素が大きく影響しており、緊張やストレスから発汗することがほとんどです。

9汗だくでも焦らない!多汗症の対処法
多汗症に対処するためには、まず交感神経の働きを正常にする必要があります。そのためには、自律神経の働きを整えることが大切です。
現代人の不調のほとんどは「ストレスや生活習慣による自律神経の乱れ」だと言われているほど、私たちはストレスの多い社会に生きています。そのため、意識的に毎日の生活の中で、自律神経を整えることで、交感神経の働きを正常に近づけていきましょう。
規則正しい生活や食事をし、仕事モードとプライベートのオン・オフをちゃんと切り替えてリラックスできる時間を持つようにして、できるだけストレスを溜めないことで、自律神経のバランスを整えるようにしていきたいですね。
ちなみに、クロルヒドロキシアルミニウムが配合されている制汗デオドラント剤では、汗に含まれる水と皮膚の細胞が汗腺をふさぐ役割を果たし、発汗を抑えることができることができます。また最近では、汗の出口にしっかりフタをして、汗が出る前にブロックする効果があるものでています。

10コツコツがポイント、食生活で多汗症を改善
多汗症は、交感神経の働きが活発になりすぎることによっても症状が出やすくなると言われているので、交感神経の働きを落ち着かせる食べ物を摂取することで、改善が期待できます。
交感神経の働きを落ち着かせるのに効果があるとされている成分が、イソフラボン。豆腐、納豆、豆乳、油揚げなどの大豆製品に多く含まれる成分です。その他、ひじきや海藻、キャベツ、ゴボウなど、食物繊維を多く含んだ食材や、クエン酸が含まれている梅干、レモンなどの酸っぱい食品、味噌、醤油などの発酵食品も効果的です。
こうした成分が多く含まれている食べ物は、和食に多いです。和食中心の食事を心がけることで、多汗症の改善につながるので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

11まとめ
汗の役割やメカニズムをご理解いただけましたか?汗にはちょっとネガティブなイメージもあり、女性にとっては化粧崩れなどの問題も引き起こすので、できればかきたくないもの。
でも、汗は私達の体温を調整する大切な役割を担っています。汗をかくことで私たちは熱を放出して体温を一定に保っています。こう考えると、汗に対する意識や考え方も変わってくるのではないでしょうか。
ただ、汗をあまりにもかきすぎる場合は、服まで汗が染みてしまうなど、困った状況になることがありますし、多汗症という病気の可能性もあります。汗と上手にお付き合いする上で大切なのは、一人で悩みすぎないこと。汗の役割やご自身の体の状態をちゃんと把握した上で、その汗をかく理由があって問題ないものであれば、汗対策をしっかり行っていき、もし「病気なのかも?」と思われるようであれば、早めに専門医に相談をしてみることです。
「汗なんてイヤだ!」と思わず、ご自身の体と向き合うきっかけにしてみるのがおすすめです。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

ストレスでワキ汗に!?医師が教える夏の「ワキ汗対策」


■ワキ汗をかくのは、ストレスやプレッシャーが原因!?


「汗をかくメカニズムは3つあります。体温を調整するための『温熱性発汗』、辛いものを食べたときに汗が出る『味覚性発汗』、そして、緊張などを感じたときの『精神性発汗』です」


「『精神性発汗』については、発汗する場所は部分的で、手のひら、ワキ、足の裏、額といった部位です。
特に脇汗は、蒸発しにくくこもりやすいことから汗染みとなってしまい、目に見えるかたちとなって現れ、『汗をかいてしまうのではないか』『汗がにおってしまうのではないか』という不安を感じることで発汗中枢がより刺激されます」

「このような『予期不安』が現実化することで、よけいに汗を意識してしまい、汗をかくという悪循環に陥るのです」

■“ワキ汗の悪循環”を断ち切るには、「安心」が重要!

「満員電車のようなストレス下でかいた汗は、運動でかいた汗と比較して皮膚常在菌が繁殖しやすく臭いが強くなります」



汗対策グッズを使って、「ワキ汗」の不安を取り除いて

「大量のワキ汗に陥る悪循環を断ち切るためには、いったん汗をとめるか、すぐに蒸発させるということが重要です。汗対策の場合、対処療法が根治療法になります。
『精神性発汗』によるワキ汗をケアするためには、制汗デオドラントや汗取りインナーなどを生活に取り入れて、汗をなるべく気にしない生活を心がけてください」

■五味先生がアドバイス!「制汗剤選び」のポイント3つ
(1)古代から天然の消臭剤として人々に愛用されてきた「ミョウバン」由来のもの

(2)スプレーやミストより肌に消臭成分が密着しやすい直接塗布するタイプ

(3)香りでニオイをマスキングするタイプのものより無香料などの香りの強くないもの

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

就活生たちへ 面接で大汗をかかない方法

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180118-OYTET50027/

マジメな努力家に多い精神性発汗
 新しい春を特別な気持ちで迎える人生の一コマ、就活の季節が始まります。そして、日差しが強くなるにつれて汗の季節も本格化します。まさに就活と足並み 揃えるかのように。

 面接で汗をかいたらどうしよう。自分のニオイがチェックされたらどうしよう。そう心配される学生のみなさんが来院されるのも、この季節です。緊張するだけで汗が出る。これではイケナイと思うほど汗が出る。そんな場面を想像するだけでも汗が出る。精神性の発汗、まさに心の汗です。

 私の診療所を訪れる精神性発汗の患者さんで最も多いのが、手のひらとワキに汗をかくタイプです。そして、共通する性格的特徴があるようです。みなさん一様にマジメで完璧主義の努力家なのです。

 負けず嫌いな面が強いのですが、その反面、恥ずかしがり屋であがり症な面もあります。このような性格の外向的な部分と内向的な部分が、就活の面接などの緊張場面では葛藤してしまいます。そして、交感神経が 亢進こうしん して多量の汗が出てしまうのです。

 今回は、このような緊張場面で簡単に汗を抑えられる方法を、いくつかお話ししましょう。

開き直りとゆったり呼吸が効果的
 一つは、「ロゴセラピー」という精神療法の応用です。言葉は難しいけど理屈は簡単。ロゴセラピーは逆説療法とも呼ばれ、「強く欲求すると望むものの実現を不可能にし、逃避はかえって恐れるものを出現させる」という人間の心理の逆を行う療法です。

 多汗で悩む人は、手のひらや脇の汗に意識を集中しすぎる傾向があります。その意識を汗そのものや汗をかく体の部分から遠ざけ、達観視するのです。ロゴセラピーの生みの親であるフランクルが多汗恐怖の患者に使った、「昨日はまだ1リットルしか汗をかいてない。それでは今日は10リットルばかりかいてやろう」という言葉が、逆説志向の本質をよく表しています。「汗をかくまい」と努力するのでなく、開き直ることで汗へのこだわりから解放され、汗以外のもっと大切なこと、たとえば面接者の質問などへ神経を集中することができるのです。

 次に「呼吸法」。これも大切です。発汗は自律神経によって調節され、交感神経が興奮すると汗が多く出ます。自律神経は通常、意志の力で調節することはできませんが、呼吸だけは自発的にコントロール可能。呼吸の仕方で自律神経を調節できるのです。

 ゆったりと深い呼吸をすると副交感神経が優位となり、汗が抑えられます。そのとき大切なものは呼気です。肺に古い空気が満たされている限り、どんなに吸気に力を注いでも大気から新鮮な空気をとることはできません。

 ですから、呼吸は呼気から始めます。呼気と吸気の比を2対1に保ちながら、全身の汚いものを吐き出すような気持ちでゆったりと行います。面接時なら「不安よ。出てけ!」と念じながら行うのもよいでしょう。吸気はお 腹なか に自然と空気が吸い込まれるのにまかせます。この呼吸法で脳波はα波となり、心も落ち着いて汗が抑えられます。

心配なら薬剤による治療も
 このような「逆説志向」と「呼吸法」で、面接時の緊張による汗は減少します。それでも不安の場合には、汗腺を支配している交感神経の末端から分泌されるアセチルコリンを抑えるプロパンザインなどの「抗コリン剤」を処方してもらい、面接の1時間くらい前に飲むのもよいでしょう。プロパンザインは口渇など副作用があるため、常時服用する薬ではありませんが、頓服として飲むのはよいでしょう。

 また、ワキ汗が気になる人に効果的な治療法は「ボツリヌス注射」です。無毒化したボツリヌス製剤は、交感神経の末端からアセチルコリンが分泌されるのを抑制し、ワキの発汗を減少させます。効果の期間は半年くらいですが、ワキ汗に関しては非常に効果的です。就活の1週間くらい前に注射をすると、面接時に汗が気になることはまずないでしょう。

ハンカチ1枚と笑顔を!
 ここで就活という新しい海に漕ぎ出す若い皆さんへ、私からのささやかなエールです。

 汗とは、あなたが自分のことだけでなく、人のことも思いやりながら「いま、ここ」を真剣に生きている証しです。恥じることはありません。そのことは、企業の採用担当者も、人を見るプロとして理解しているはずです。心配はいりません。お気に入りのハンカチ1枚と笑顔を携えて、新しい世界に挑んでください。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

もう止まらない(汗) クサイ・ベタベタ・ドロドロ、汗問題を解決する!

夏の汗は冬よりもベッタベタ。わきから汗ジミを作り始め、しまいにイヤなニオイを発するなど、まるで女の地獄絵図。そんな汗問題を、毎年汗に悩みに悩む編集S井ロシアンが徹底取材。汗研究の第一人者「五味常明先生」に取材をすると頭や顔、首にわきから足まで部位別にニオイ対策と汗の止め方があったのです!

ストレス性の汗がドバドバ出る顔と頭は塩洗髪!
週1回の塩洗髪で劇的に変わるという、五味先生。やり方は簡単、シャワーで髪をすすいだあと、ぬるま湯に小さじ1〜2杯の粗塩を入れます。溶かしたあと、そのお湯で頭をマッサージするように洗髪するだけ。ふだんの洗髪では、本来髪の毛にいるニオイをおさえてくれる常在菌をすべて取り除いてしまうけど塩洗髪は常在菌をバランスよく保ってくれるそう。


首からしたたる汗はミント入りシートで脳をだませ
首は加齢臭が出やすい部位。夏は特にニオイがきつくなりますが、止め方は簡単。ミント入りシートで肌をヒヤッとさせるだけ。脳にとって近い部位である首がヒンヤリしていると、体を冷えたと勘違いして汗がとまるんです。


夏の最大の悩みの種、ワキガとの戦いはパセリやりんごがカギ!
わきの汗、ニオイで悩む女性も多いはず。ほかの部位に比べて、アポクリン腺という汗腺が多く、そこから出る汗はほかよりイヤなニオイを発生させます。そんなワキガ、ふだんの食事の意識を変えるだけで、改善に向かうようです。その食材はパセリとりんご。パセリの成分とりんごのポリフェノールが体臭改善に効くと報告されています。毎日とはいいませんが、少し意識してみたいですね。

いかがでしたか? 取材しながらもS井ロシアンはこの夏乗り切れそう!と自信と期待に満ち溢れています。夏を快適に過ごすために、夏の汗問題一緒に考えてみませんか?


参照:『サンキュ!』9月号「夏の汗問題、本気で考えてみた」より一部抜粋
http://39.benesse.ne.jp/blog/39news/archive/1183


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

多汗症、トイレの回数・・・汗にまつわる疑問Q&A

代謝UPで暑さに負けない!自宅でできる汗トレ
多汗症、トイレの回数・・・汗にまつわる疑問Q&A

Q 汗をかいた後、服の衿やワキの部分に汗ジミや黄ばみがつくのはナゼ?
A 汗ジミは鉄分が、黄ばみはワキガ体質が原因です

「汗ジミは、エクリン腺からの汗に含まれる鉄分が原因。鉄分は蒸発しないので衣類に残ってシミになるのです。また黄ばみは、アポクリン腺から出る汗に含まれるたんぱく質やアンモニア、リポフスチンといった成分によるもの。これが多いと、いわゆるワキガです」(五味さん)


Q 汗が出すぎてしまうので、多汗症ではと心配に。受診したほうがいい量の目安は?
A 「生活に支障が出ているな」と感じたら医師に相談を

「汗の量を人と比べるのは難しく、〇㎖という基準があるわけではありません。自分自身で生活に支障をきたすと感じるかどうかを、ひとつの目安にしましょう。副腎に異常があると多汗になるケースもあるので、一度専門の病院で診てもらうといいでしょう」(五味さん)


Q ワキをレーザー脱毛したら汗の量が増えた気が。脱毛とワキ汗に関係はある?
A まれにエクリン腺が刺激され発汗が増えるケースも。ニオイは減ります

「脱毛によって汗腺がダメージを受けるということはありませんが、人によってはレーザーなどでエクリン腺が刺激されることで、汗の分泌量が増えるケースも。また、密集したワキ毛には細菌が繁殖しやすいので、ニオイは脱毛したほうがしなくなるといわれています」(五味さん)


Q 汗を一時的に止めることはできる?
A 汗を応急的に抑えるツボもあります

「バストから約5兢紊痢⇔哨錺を親指でグッと強く圧迫すると、ワキ汗を一時的に止めることができます。舞妓さんが胸の上に締める高帯は、まさにコレと同じ効果あり。大急ぎで移動した後など、今大汗をかいては困る!というときに」(五味さん)


Q 子供の様子を見ていると、あまり汗をかいていない気がします。気をつけるべきことなどあれば教えて
A 汗をかく習慣づけのため、冷房や運動不足に注意を!


「実は、能動汗腺の数には、5歳くらいまでの過ごし方が大きく影響します。子供のうちにしっかり汗をかく生活をしていれば、その後も能動汗腺が多く、いい汗をかける体質に。エアコンなどで冷やしすぎず、体をよく動かして汗をたくさんかかせましょう」(五味さん)


LEE
https://lee.hpplus.jp/column/598400/4/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

専門家に聞く!顔、脇、背中...夏の汗悩みレスキューテク

滝のように顔を流れる汗、気がつけば背中をびっしょり濡らす汗、涼しい電車でも脇汗が気になってつり革が持てない...などなど真夏の汗ってほんと困りもの。日本で唯一の汗と体臭専門医・五味クリニックの五味常明院長に、顔、脇、背中に滝汗をかいてしまった時の解決法を伺ってきました。

ダラダラと止まらない! 滝のように流れる顔汗

顔汗を止める手っ取り早い方法は動脈の通っているところを冷やすこと。動脈は主に、首、脇、股、手首などに通っていますが、顔汗の場合は首を冷やすとより効果的でしょう。また、胸の上部あたりを強く圧迫することで汗を抑える「半側発汗」という方法もあります。化粧崩れを予防するために舞妓さんが胸の上の方を高帯びでグッと抑えるのは、この「半側発汗」の効果を期待したもの。一時的にどうしても顔に汗をかきたくない場合は、浴衣の紐などで胸を強めに縛ると顔汗を抑えることができます。ただし長時間抑えてしまうと汗腺機能が低下してしまうので「ここぞ」の時に留めましょう。

沁みてない...? 気になって腕があげられない脇汗

脇汗が気になる時は、冷たいペットボトルを脇に挟み、動脈を冷やしてあげると即効性もあり効果的。脇汗は暑さも影響しますが、緊張することで量が増えてしまう可能性もあるので、深呼吸をしたり他のことを考えたりして、汗を気にしないことも大切です。出かける前に制汗剤をつけたり、持ち歩くのも安心材料になるのでおすすめ。

気づけばびっしょり、背中汗

背中にびっしょりと汗をかいてしまってなかなか引かない時は、首の動脈を冷やしたり、口に冷たい水分を含んだり、ミントスプレーをタオルに噴射し背中を拭くなどが効果的。

汗は、女性なら誰でも気になるもの。でも、意識すれば意識するほど、止まりにくくなってしまうこともあるため、意識を他に向けることや、ある程度の開き直りも大切だと五味先生はおっしゃいます。汗が止まらなくて仕方がない時は、ご紹介したテクを取り入れつつ、水分補給もしっかりして快適な夏にしましょうね。


T-SITE
http://top.tsite.jp/news/beauty/o/36329064/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

賢く冷やして、暑さを撃退!

   医学博士・五味常明さんは「汗の効用」をこう解説する。「体温が高いと寝苦しくなります。体の内部の深部体温が下がるときに眠くなるのですが、そのためには寝る前に汗をしっかりかくこと。汗は夏の睡眠導入剤です」

   汗を上手にかくポイントの一つは入浴だ。暑いからとシャワーですませる人が多いが、夏こそ湯船に浸かれという。40度以下のぬるま湯にゆっくり入ることで深部体温が上がり、風呂上りに汗が引いていくと深部体温も下がって眠くなる。

   入浴後のクールダウンも快眠に関係する。クーラーに当たりたいところだが、表面だけ冷えて発汗が止まってしまう。冷えた飲み物も口の中のセンサーだけが働いて、脳が体温が下がったと勘違いして汗を止めてしまう。「一番いいのは薄着で扇風機にあたることです。徐々に内部から体温が下がっていきます」(五味さん)

   汗をかいてからぐっすり睡眠といっても、だらだら流れるほどかく必要はない。「肌がしっとりしていればちゃんと汗はかいています。いつも肌がサラサラに乾いている人は、汗腺が少なく汗をかきにくい体質です」(五味さん)

   43度の熱めの足湯に10〜15分浸かって汗が出なければ、汗をかきにくい体質だ。ただ、簡単なトレーニングで汗腺を増やし、汗をかけるような体質に変えることはできる。それがゆっくり入浴なのだ。

   五味さん「水分補給も大切になります。お風呂に入る前にまず少し、出た後は喉を潤してさらにゴクンとひと口。寝る前にもひと口飲んでください。常温のノンアルコール、ノンカフェにしてくださいね」

   「2リットルのペットボトルを凍らせて、扇風機の前に置いて寝ています」という視聴者のファックスが紹介さた。五味さんは「それはいいですね。熱中症予防にもなる」とおすすめだった。


2017年7月18日放送NHK「あさイチ」より。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

夏よりクサい!春に発生する“悪い汗”の撃退方法

1年中でもっとも
“悪い汗”が発生しやすい春

「冬の間は汗をかかないので、汗腺の機能は衰えてしまいます。つまり、少しずつ汗をかき始めたこの時期は、もっとも汗腺の機能が弱まっており“悪い汗”が発生しやすいのです」。こう教えてくれるのは、『五味クリニック』院長、五味常明氏だ。


夏になると汗のにおいを気にする人が増えるが、実はもっとも気にすべき時期は春。専門家が教える汗対策をしっかりマスターしよう
「逆に言えば、汗をかけばかくほど汗腺は鍛えられ、“良い汗”を出せるようになります。気温の上昇に伴って汗をかくことは『温熱性発汗』といいますが、実はもっとも汗がクサくないのは、この『温熱性発汗』によって大量に汗をかく夏なのです」

 真夏は大量に汗をかくが、蒸発するのも早い。また、こまめに汗を拭き取りやすいため、実はニオイが発生しにくいのだ。それに対し、気温は上がるものの、真夏ほど薄着にはならないこの時期は、服の中に汗がこもりがちになる。うまく蒸発せずに皮膚に付着したまま乾いた汗は、時間が経つにつれ皮膚の雑菌や皮脂に反応し、ニオイを強めてしまうのだ。

 汗の素になる成分は血液だ。暑いときや運動をしたとき、皮膚血管を流れる血液が汗腺に摂り込まれる。血液の中には、ナトリウムやミネラルのほか、アンモニア、乳酸などさまざまな成分が含まれているが、それらの老廃物は汗腺で濾過され、血液中に再吸収される。

 ここで残った水分が汗となって体外に排出される。つまり、汗腺の濾過・再吸収機能が正常に働けば、汗は水分に限りなく近い、サラサラとしたニオイのない“良い汗”となるわけだ。




続きは下のリンクを御覧下さい。

http://diamond.jp/articles/-/127267


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

春の汗のニオイが一番キツい!?

https://www.tbsradio.jp/133334


毎週金曜日の6時10分頃からは、「サントリーウエルネス おはよう健康塾」。気になる健康情報をお届けしています。今朝は五味クリニック院長・五味常明先生に、「春の汗対策」について伺いました。


春の汗はベタベタになりやすい

「汗のニオイのピークは真夏と思われがちですが、実は春なんです」と、五味先生。汗は体の表面にある「エクリン腺」という汗腺から分泌されます。「春の汗」がにおう原因は、この汗腺の働きが弱まっているからなんだとか。汗腺は使えば使うほど機能が高まり、においの元であるアンモニアやミネラル成分の少ない「さらさら汗」を放出するようになります。しかし、冬の期間にあまり汗をかかないで来たため、感染の機能が衰えており、春の汗はニオイのキツい、ベタベタとした質の悪い汗になりがちなんですって!


春のうちに、汗腺を鍛えよう!

いまは、汗をかいて汗腺の機能を高めるのにいい時期。ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動でゆっくりと汗をかくといいのだそうです。手軽な運動で汗腺は鍛えられるのだそうですよ。また、「薬用石鹸などを利用するのもオススメ」と五味先生。サントリーの「プラスデオ」は、とても効果が高いと太鼓判も!!


ニオイ対策については、「かんき出版」から販売中の五味先生の本 『なぜ一流の男は 匂いまでマネジメントするのか?』 こちらを是非、チェックしてください!!


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

もう悩まずに済むワキ汗対策とは?

袖のある服を着たときにできるワキ汗は、女性にとっては特に恥ずかしいもの。でも気づかないうちに、汗がにじんでいたり、シミになったりしてしまったりしていて、恥ずかしい思いをした経験を持つ人も多いはず。
そこで今回は、五味クリニック院長の五味常明先生に、ワキ汗をかきやすい人の特徴や、ワキ汗をできるだけ止める方法について聞きました。
 
ワキ汗は真面目な人に多い!? ワキから汗が出るメカニズム
ほかの部位よりも汗をかきやすく、量も多いように感じるワキ汗。どのようなメカニズムで、ワキから発汗するのでしょうか。
「ワキは、手のひらや足と同じように汗腺の数が多く、汗をかきやすい場所です。肌同士が密着しているワキは、ほかの部位と違って汗がこもりやすく乾きにくい。だから、実際の量以上にたくさん汗をかいていると思ってしまいがちです。
また、ワキにはアポクリン腺というにおいを発生する汗腺もあります。この量は体質によって違いますが、アポクリン腺が多い人はワキ汗の量が多くなりますね。耳垢が柔らかい人にアポクリン腺を多いという特徴があります」
さらに、汗の出方には2つの種類があり、ワキ特有の発汗の種類も発汗量に大きく関わっているそう。
「汗は体にこもった熱を放出するための欠かせないもの。このように、暑くなったら汗が出る作用を“温熱性発汗”と言いますが、ワキからは“精神性発汗”という緊張性の汗も出ます。手に汗を握るという言葉と同じように、緊張するとワキは発汗しやすくなる性質を持っています。これは完璧主義の方や、周りに気遣いができる人に、とくに多い傾向です」
 
止まらないワキ汗…止める方法はあるの?
精神面との深い関わりがあるワキ汗。それでは、メンタルを鍛えればワキからの発汗は多少抑えられるということ?
「“精神性発汗”によりワキ汗が出てしまう場合は、汗を止めよう止めようと意識するほど発汗してしまいます。汗をかくことを『みっともない』『恥ずかしい』と思うのではなく、『汗をかいてもいいんだ』という開き直りが必要です。自分は性格が優しいから汗をかいているんだと思うことで、汗をかくことへの羞恥心が薄れ、結果的に汗が出にくくなるでしょう」
 
一方、暑いがゆえ発汗してしまう“温熱性発汗”の場合は、制汗剤を使ってワキ汗が出るのを止めてもいいそう。
 
「汗を止めていい箇所は、ワキと足の裏だけ。この2箇所は、肌や衣類などと密着していることが多く、外気に触れにくい。汗をかいても蒸発できないため、ワキと足裏からは体内にこもった熱を発散させることはできません。つまり、体温調整に関わってこない箇所なので、制汗剤を使ってワキからの発汗を抑えも問題ないのです。
なお、制汗剤にはにおいを抑える効果が高いものや、発汗自体を抑える効果が高いものなど種類がありますので、悩みに合うものを選びましょう。足裏のにおいが気になる人は、足裏専用の制汗剤を使ってもよいですよ。
また、急な発汗で一時的にワキ汗を止めたい場合は、バッグや手を使ってワキを圧迫するといいでしょう。ここで食い止められた発汗は、ワキからは出ずに別の箇所で発汗されるので問題ありません」
 
汗の原因と種類を知ることが、ワキ汗回避のいちばん重要なポイント。また、「汗は誰だってかくものだ!」という、開き直りも大切ですね。ポイントを押さえて、ワキ汗を気にしすぎずにファッションを楽しみましょう!


〜うれしいお肌、ずっと続く〜ウレハダ 
美容ボディケア もう悩まずに済むワキ汗対策とは? より
http://www.urehada.com/20160911/4116/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

夏のニオイ対策の強い味方。ふき取りシートと制汗剤の上手な使い方とは?

気になる汗をストップするには?かいた汗の不快なニオイを最小限に抑えるには?体臭・多汗治療の第一人者としてTVや雑誌などで活躍する「五味クリニック」の五味常明院長に、おすすめのアイテムと使い方のコツを教えてもらった。

◆汗がニオイに変わる前に! ふき取りシートですっきり
汗が蒸れて細菌が繁殖し、酸化、分解されると「汗くささ」が発生してしまう。そこで、蒸れる前にふき取りするのが賢い対策法と言える。
「汗をふく際は、乾いたタオルだと水分だけを吸収して細菌を皮膚に残すこともあるので、適度な湿り気があるタオルやシートがおすすめです。ぬれタオルなどのほうが、べたつきも取れてさっぱりしますよ」

市販のシートなら、より手軽で便利! 資生堂の「エージーデオ24 クリアシャワー ラージシート」は、汗、べたつき、汚れに加え、ニオイ菌まですっきりオフ。シャワーを浴びたような爽快感ながら、潤いケアで快適な使い心地。また、花王の「ビオレ さらさらパウダーシート 薬用デオドラント(医薬部外品)」は、やぶれにくい厚手のシートで全身を清潔にし、ニオイを長時間ブロック。サラサラ感触も心地良い。

◆ワキ汗は、直塗り制汗剤でしっかりブロック!
汗をしっかり抑え、気になる汗ジミを未然に防止したいなら、肌への密着度が高い直塗りタイプを。ただし「体温調節にかかわりが薄く、汗を止めても大丈夫な脇の下と足だけに使用を。他の部位は、汗をかけなくなると体内に熱がこもり、熱中症になる危険が高まるので要注意」と五味院長。

シービックの「デオナチュレソフトストーンW」は、直塗りで汗を抑制。天然デオドラント成分、ミョウバンが高い抗菌作用を発揮する。ライオンの「Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル」は、マイナスイオンポリマーとナノイオン制汗成分が肌に密着。汗ジミの原因になるワキ汗を、出る前に抑えてくれる。

夏のお出かけには、これらのアイテムをバッグに忍ばせて。自分の汗のニオイが気になったらこまめにケア、を習慣づけていこう。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160802-00010000-ourage-life


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

記事検索
リンク

加齢臭、その原因と対策
活性酸素の生成を抑える抗酸化食品を摂る等の加齢臭防止の方法をご紹介しています。

体のニオイの悩みに応える体臭ブログ
においをケアして、悩みを解消、もっときれいになろう。

わきがで悩んでいる方のためのブログ
ワキガの原因から、ワキガの悩みを解消するための様々な方法を取り上げています。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

since 2009.04.07

プロフィール

医学博士・五味常明
1949年、長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。ワキガ・体臭・多汗治療の現場で実践。 わきがの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。 TVや雑誌でも活躍中。 99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

五味クリニック院長
流通経済大学 客員教授
日本心療外科研究会代表
体臭・多汗研究所所長

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ