多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、汗に悩む方の心のケアを重視した、様々な対策や治療法をご紹介します。

多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)トップ > 汗対策

新着情報
  • もう悩まずに済むワキ汗対策とは?
  • 夏のニオイ対策の強い味方。ふき取りシートと制汗剤の上手な使い方とは?
  • 「何かにおう…」もしや自分から発してない?夏の汗&ニオイに注意!
  • 『汗』について知っておきたいことを、専門家の方に聞いてきました
  • 今から知っておきたい。夏でもお風呂上りにサッパリ過ごす5つのワザ
  • 専門医直伝!「汗腺トレーニング」で汗&ニオイ問題を解決
  • 汗のにおいを抑えるセルフケア ハンドメイド制汗剤は安全で経済的
  • 汗かき体質は治せる!? 「異常な汗」への対処法
  • 残暑に見苦しくならないための「汗」対処法
  • ああ、勘違い! 汗をすぐ拭ってしまうと、ますます汗が…。夏の汗&ニオイ対策4カ条 
  • あなたの脇汗はサラサラ? ベトベト? 汗腺を鍛えればキレイな汗に
  • お風呂上がりにクーラーで涼むと熱中症を招く可能性もありNG
  • 汗が臭う原因は食生活にあった!発汗を促す&臭いを防止する飲み物2つ
  • 汗対策 (3)消臭効果高いミョウバン
  • 汗対策 (2)室内こそ熱中症に注意
  • 汗対策 (1)冷房普及、退化する「体温調節」
  • ワキ臭対策には"酢のお風呂"が効果的!? - 酢の殺菌力でにおいを撃退
  • 出先で汗だく! そんなときに効果的なワキ臭対策は●●を使う
  • ワキの臭い対策の第一歩、そもそもの臭いの原因って何?
  • じめじめ暑い夏の乗り切り方 汗腺鍛えてサラサラ汗に

汗対策

もう悩まずに済むワキ汗対策とは?

袖のある服を着たときにできるワキ汗は、女性にとっては特に恥ずかしいもの。でも気づかないうちに、汗がにじんでいたり、シミになったりしてしまったりしていて、恥ずかしい思いをした経験を持つ人も多いはず。
そこで今回は、五味クリニック院長の五味常明先生に、ワキ汗をかきやすい人の特徴や、ワキ汗をできるだけ止める方法について聞きました。
 
ワキ汗は真面目な人に多い!? ワキから汗が出るメカニズム
ほかの部位よりも汗をかきやすく、量も多いように感じるワキ汗。どのようなメカニズムで、ワキから発汗するのでしょうか。
「ワキは、手のひらや足と同じように汗腺の数が多く、汗をかきやすい場所です。肌同士が密着しているワキは、ほかの部位と違って汗がこもりやすく乾きにくい。だから、実際の量以上にたくさん汗をかいていると思ってしまいがちです。
また、ワキにはアポクリン腺というにおいを発生する汗腺もあります。この量は体質によって違いますが、アポクリン腺が多い人はワキ汗の量が多くなりますね。耳垢が柔らかい人にアポクリン腺を多いという特徴があります」
さらに、汗の出方には2つの種類があり、ワキ特有の発汗の種類も発汗量に大きく関わっているそう。
「汗は体にこもった熱を放出するための欠かせないもの。このように、暑くなったら汗が出る作用を“温熱性発汗”と言いますが、ワキからは“精神性発汗”という緊張性の汗も出ます。手に汗を握るという言葉と同じように、緊張するとワキは発汗しやすくなる性質を持っています。これは完璧主義の方や、周りに気遣いができる人に、とくに多い傾向です」
 
止まらないワキ汗…止める方法はあるの?
精神面との深い関わりがあるワキ汗。それでは、メンタルを鍛えればワキからの発汗は多少抑えられるということ?
「“精神性発汗”によりワキ汗が出てしまう場合は、汗を止めよう止めようと意識するほど発汗してしまいます。汗をかくことを『みっともない』『恥ずかしい』と思うのではなく、『汗をかいてもいいんだ』という開き直りが必要です。自分は性格が優しいから汗をかいているんだと思うことで、汗をかくことへの羞恥心が薄れ、結果的に汗が出にくくなるでしょう」
 
一方、暑いがゆえ発汗してしまう“温熱性発汗”の場合は、制汗剤を使ってワキ汗が出るのを止めてもいいそう。
 
「汗を止めていい箇所は、ワキと足の裏だけ。この2箇所は、肌や衣類などと密着していることが多く、外気に触れにくい。汗をかいても蒸発できないため、ワキと足裏からは体内にこもった熱を発散させることはできません。つまり、体温調整に関わってこない箇所なので、制汗剤を使ってワキからの発汗を抑えも問題ないのです。
なお、制汗剤にはにおいを抑える効果が高いものや、発汗自体を抑える効果が高いものなど種類がありますので、悩みに合うものを選びましょう。足裏のにおいが気になる人は、足裏専用の制汗剤を使ってもよいですよ。
また、急な発汗で一時的にワキ汗を止めたい場合は、バッグや手を使ってワキを圧迫するといいでしょう。ここで食い止められた発汗は、ワキからは出ずに別の箇所で発汗されるので問題ありません」
 
汗の原因と種類を知ることが、ワキ汗回避のいちばん重要なポイント。また、「汗は誰だってかくものだ!」という、開き直りも大切ですね。ポイントを押さえて、ワキ汗を気にしすぎずにファッションを楽しみましょう!


〜うれしいお肌、ずっと続く〜ウレハダ 
美容ボディケア もう悩まずに済むワキ汗対策とは? より
http://www.urehada.com/20160911/4116/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

夏のニオイ対策の強い味方。ふき取りシートと制汗剤の上手な使い方とは?

気になる汗をストップするには?かいた汗の不快なニオイを最小限に抑えるには?体臭・多汗治療の第一人者としてTVや雑誌などで活躍する「五味クリニック」の五味常明院長に、おすすめのアイテムと使い方のコツを教えてもらった。

◆汗がニオイに変わる前に! ふき取りシートですっきり
汗が蒸れて細菌が繁殖し、酸化、分解されると「汗くささ」が発生してしまう。そこで、蒸れる前にふき取りするのが賢い対策法と言える。
「汗をふく際は、乾いたタオルだと水分だけを吸収して細菌を皮膚に残すこともあるので、適度な湿り気があるタオルやシートがおすすめです。ぬれタオルなどのほうが、べたつきも取れてさっぱりしますよ」

市販のシートなら、より手軽で便利! 資生堂の「エージーデオ24 クリアシャワー ラージシート」は、汗、べたつき、汚れに加え、ニオイ菌まですっきりオフ。シャワーを浴びたような爽快感ながら、潤いケアで快適な使い心地。また、花王の「ビオレ さらさらパウダーシート 薬用デオドラント(医薬部外品)」は、やぶれにくい厚手のシートで全身を清潔にし、ニオイを長時間ブロック。サラサラ感触も心地良い。

◆ワキ汗は、直塗り制汗剤でしっかりブロック!
汗をしっかり抑え、気になる汗ジミを未然に防止したいなら、肌への密着度が高い直塗りタイプを。ただし「体温調節にかかわりが薄く、汗を止めても大丈夫な脇の下と足だけに使用を。他の部位は、汗をかけなくなると体内に熱がこもり、熱中症になる危険が高まるので要注意」と五味院長。

シービックの「デオナチュレソフトストーンW」は、直塗りで汗を抑制。天然デオドラント成分、ミョウバンが高い抗菌作用を発揮する。ライオンの「Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル」は、マイナスイオンポリマーとナノイオン制汗成分が肌に密着。汗ジミの原因になるワキ汗を、出る前に抑えてくれる。

夏のお出かけには、これらのアイテムをバッグに忍ばせて。自分の汗のニオイが気になったらこまめにケア、を習慣づけていこう。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160802-00010000-ourage-life


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

「何かにおう…」もしや自分から発してない?夏の汗&ニオイに注意!

「汗とニオイ」が気になる高温多湿な夏。体臭・多汗治療の第一人者「五味クリニック」の五味常明院長に、部位別の原因と対策を聞いてみた。

◆頭皮  皮脂が多く、頭皮の角質でもあるフケが細菌の繁殖を促し、ニオイの元に。緊張でドッと発汗しやすい部分なので、蒸れないよう注意。

◆額  汗腺の密度が高いため、汗をかきやすい部位。緊張による精神性発汗も少なくないため、汗防止には気持ちにゆとりを持つことも大事。

◆首の後ろ  皮脂の分泌が活発で、アラフィフ世代になるとホットフラッシュでドッと汗をかきやすいのが首の後ろ。濃度の高いねばねばの汗はニオイも強めなので、なるべく早めにふき取るように。加齢臭にも気をつけたい場所。

◆胸  汗腺が多いため、意外と汗っかきな胸元。ワキガ臭を発生させる「アポクリン腺」が乳輪にあるため、嫌なニオイが気になることも。

◆脇の下  汗腺が多く、全身にあるエクリン腺と、脇の下など限られた場所にあるアポクリン腺もあり、いろいろなニオイが複合的に発生。

◆手のひら  緊張で手のひらにびっしょり汗をかいてしまう、精神性多汗に悩む人も。気にすると余計に発汗してしまうため、開き直ることも大切。

◆デリケートゾーン  汗をかきやすい部分なので、生理中はもちろん、下着やストッキングで締めつけると、蒸れてニオイが強くなることも。夏は要注意。

◆足の裏  足の裏には、背中の5〜10倍も汗腺が集中しているため、とても汗っかき。しかも厚い角質が垢となり、細菌が繁殖する温床に。洗ってもニオイが消えない場合は、血行不良、むくみによる疲労臭などが原因かも。

OurAge 7月26日(火)15時25分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160726-00010001-ourage-life

 

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

『汗』について知っておきたいことを、専門家の方に聞いてきました

現代人はなぜ汗をかかなくなった?

——先生が汗の専門家になったきっかけは何だったのでしょうか?

開業したのは30年ほど前です。当時は高度経済成長が終わって人々の生活は豊かになり、個人主義の時代へと変化していました。個室を与えられたり一人っ子が増えたりしたことで、人々は他人のにおいに敏感になり、体臭を否定するようになったのです。また、O-175など食中毒事件もあり清潔志向が進み、社会全体が「におい」を嫌うようになりました。

においを気にする社会になってきて、私は「自分がにおっている」という妄想を精神科で研究する一方、ワキガなどの原因がある場合は外科手術で解決していました。つまり、においの悩みには精神的な治療と外科的な治療の2通りの対処があったんです。そこで整形外科と精神科を組み合わせて心療外科と呼び、においの治療をしてきました。開業当時はにおいの専門家は他にいなかったのではないでしょうか。

そして、においは汗と密接な関係があります。汗をよくかくと当然においも強くなるので、汗の研究を始めました。

−—なぜ人間は汗をかくのですか?

汗をかく一番の目的は体温調節です。ほかの動物も舌を出したり、水浴びをしたりして体温を調節していますよね。体に熱がこもったときに汗をかいて気化熱を発散させ、体温を下げることが汗の役割です。

体のなかでも一番熱がこもりやすいのは脳なのですが、脳細胞は温度変化や熱にとても弱いんです。風邪をひいて体温が1〜2度上がっただけでも、頭がボーッとしてフラフラになってしまうのはそのため。そこで人間は、体温の上昇を抑え、脳を守るために汗をかくよう進化しました。人間の平熱である36〜37度というのは、実は脳にとって最適な温度なのです。

 

「良い汗」と「悪い汗」の違い

−—汗には「良い汗」と「悪い汗」があるとのことですが。

汗の原料が血液なのはご存知ですか?

汗腺は血液中の水分やナトリウム、マグネシウムなどのミネラルを取り込み、汗として分泌します。これらの成分は汗腺でろ過され再び体内に吸収され、再吸収されたミネラルは代謝などに使われます。汗を分泌することのみが汗腺の機能だと思われがちですが、この循環こそが汗腺の大事な役割なのです。

しかし、緊張して「急にドッと出る汗」などは循環が追いつかないため、代謝に必要なミネラルが放出されてしまいます。そのうえ、乳酸やアンモニアなど匂いのもとになる成分もたくさん含まれているため、ベタベタした濃度の濃い臭い汗になってしまう。これが「悪い汗」です。

悪い汗はただ臭いだけでなく、代謝に必要なミネラルが失われてしまうので、悪い汗ばかりかいていると、かえって太りやすい体質になってしまいます。

——悪い汗が出る原因はなんですか?

運動不足の人は汗腺が弱く、循環させる機能が弱いので悪い汗になってしまいがちです。ですから、よく運動をしているスポーツ選手よりも、事務仕事をしている人の方が、汗が臭いんですよ。

太っている人は「汗かき」の印象がありますが、太っている人は汗腺の機能とは別に、脂肪による要因が大きいです。脂肪は断熱材の機能を果たすので、暑い時も熱が体内に溜まり体温は上がる一方。普通の体型の人は自然と熱が発散されていくんですが、太っている人は脂肪のおかげで熱が逃げず、体温を調節するために多くの汗を一度にドッとかかないといけません。これも先ほどと同様に、濃度の濃い悪い汗です。さらに太っている人は、少し動いただけでも熱が上がってしまい体がしんどくなるので、できれば動きたくないはず。動かないから太ってしまう、という悪循環に陥ってしまうんですね。

 

良い汗は体の自然治癒力を高めてくれる



——反対に、「良い汗」とはどのような汗ですか?

日本人の汗腺はおよそ300〜500万個あるのですが、汗をかく能動汗腺と休んでいる休眠汗腺の2種類があります。能動汗腺が多いと循環が良いので、汗も臭くなくサラサラしています。これが「良い汗」ですね。

能動汗腺の数は子どもの頃にどれくらい汗をかいたかによって変わってきます。赤ちゃんの頃からエアコンがある環境が当たり前ですと、能動汗腺はどんどん少なくなってしまいます。すると汗が上手にかけないため、熱が体内に溜まりやすくなってしまう。実は、これが近年熱中症の症状が増えている原因です。

汗腺機能は、運動に影響しています。スポーツ選手でも能動汗腺が足りないために熱中症になりやすく、トレーニングのメニューを調整しなくてはいけない人が増えているため、これは深刻な問題です。能動汗腺は大人になってから増やすことは難しいので、子どもの頃から外で遊ばせて汗をかかせることが大事です。

——良い汗をかくと、どんないいことがあるのでしょうか?

じっくり時間をかけて体を芯から温めてかいた汗は、必要最小限の汗なので大切なミネラルが喪失されません。水に近くサラサラしているので、舐めてもしょっぱくないのが特徴です。

こうした良い汗には、免疫グロブリンのIgAが含まれています。能動汗腺がうまく働かず夏に汗をかいていないと、冬に風邪を引きやすいのは、この免疫グロブリンがうまく分泌されないためではないかと私は考えています。

能動汗腺が衰えて汗のかけなくなった現代人にとっては、良い汗をかくことは体の自然治癒力が高めてくれる健康法の一種といえるでしょう。さらに良い汗をかくと、汗が皮脂と混ざり合って、肌をしっとりさせる美肌効果もあるんですよ。



半身浴や岩盤浴で良い汗がかける理由

——良い汗を出すためにはどうすればいいですか?

「におうからイヤ」といって汗をかかないと汗腺が少なくなって濃度の濃い悪い汗になり、ますます臭い汗になります。ですから日常生活のなかで、ドンドン汗をかいたほうがいいですね。

生活習慣によってはすぐに汗をかくことは難しいと思うので、私は積極的に汗をかく「汗腺トレーニング」を提唱しています。例えばシャワーだけではなく半身浴をしたり、岩盤浴に行くのも良いでしょう。特に岩盤浴は皮膚を急速に温めるのではなく、遠赤外線が身体の深部を温めるので、ゆっくりじっくり分泌される良い汗がかけます。また遠赤外線には殺菌作用もあるため、岩盤浴でかいた汗は洗い流さないほうが良いんですよ。

ただ、汗はかくだけではなく蒸発することで気化熱を下げます。例えば全身浴は汗が蒸発しないため、体温が下がらず熱がこもってしまうので注意してください。また、サウナに入っても、出たあとに冷水で表面(皮膚)を冷やしてしまうと、汗がかけず体内に熱がこもってしまうため、汗腺機能の面から見ると意味がありません。

冒頭に申し上げたように、脳のためには体内の熱を逃さないといけないのですが、熱を逃す唯一の方法が汗をかくことです。脳の機能を維持するために大切なのは頭寒足熱、あるいは頭寒内熱ともいえますね。内臓は37度だと実は寒いので、温めたほうが良いんです。内臓の温度を1℃上げると免疫力が30%アップするというデータもあります。ですから脳以外は温めて、脳だけは冷やす、ということを心がけてください。

手のひらやワキなど局所に汗をかきすぎる多汗症に悩む人は日々増えていますが、汗を「うまくかけない」ことはもっと重大な問題をもたらします。熱中症も脳障害の一種ですし、冷房病をはじめ、自律神経失調等さまざまな病気すべてが、汗のかき方に関係しているんですよ。



healthy living 未来の健康を手に入れる より

http://healthy-living.jp/2800

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

今から知っておきたい。夏でもお風呂上りにサッパリ過ごす5つのワザ

気温が上がるほどお風呂に入るのが億劫になってしまいますが、1日の疲れをとるためにも、美容のためにも、シャワーで済ませずしっかりと湯船につかりたいものです。そこで今回は、お風呂上りをサッパリ爽快にしてくれる5つのワザを紹介します。


ぬるめの半身浴で汗を軽減

せっかくお風呂で汗を流したのに、お風呂上りにまたすぐ汗をかいてしまうのが、暑い季節の難点。でも、お風呂の入り方をちょっと工夫するだけで、湯上りの汗は軽減できるんです。まず、お湯は体温よりやや高めの37〜38℃に設定しましょう。肩までお湯につかると体が温まりすぎてしまい、お風呂から上がった後に余計に汗が出てしまうので、半身浴がオススメです。これだけで、いつもより湯上がりがサッパリするはず。

    

ハッカ油でお風呂上がりもスースー涼しく

スーッとした香りと独特な清涼感が人気の「ハッカ油」。ドラッグストアなどでも購入できるため、近年夏になると注目が集まるアイテムです。このハッカ油を湯船に3〜5滴入れ、しっかりとかき混ぜてから入浴すれば、爽やかな香りの効果で涼しく感じられます。また、お風呂上りは、体もスーッとした清涼感があるので、湯上りに暑さを感じにくくとっても快適。入れすぎると刺激を感じたりすることもあるので、最初は少なめの量から試してくださいね。

   

重曹風呂で汗のにおいを予防

女性にとっても夏場の気になることといえば、汗のにおい。これを解消してくれるアイテムが「重曹」です。重曹を大さじ2〜3杯程度、入浴剤代わりに湯船に入れてみましょう。重曹はアルカリ性で、体臭の原因である酸性物質を中和し、においのない体に近づけてくれるといわれています。また、重曹風呂に入ったあとは、シャワーでしっかり洗い流して、忘れず保湿を行いましょう。


※以下略


サントリーのサイトより
2016/6/14

http://www.suntory.co.jp/enjoy/harenavi/topic/curation/004899.html


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

専門医直伝!「汗腺トレーニング」で汗&ニオイ問題を解決

だんだんと暑くなってきて、汗ばむようになってきました。特に汗っかきさんには、ツラい季節ですよね。汗でメイクは崩れるし、ニオイも気になるし…。そこで、今回は夏が来る前にできる汗対策をご紹介します。

汗腺を鍛えて、汗の量をコントロール

人間は汗をかくことで、体温を調節し、上昇していく熱から身体を守っています。なので、悩ましい汗は、必要不可欠なこと。とはいえ、できるだけ汗の量&ニオイは抑えたいところ…。そこでオススメしたいのが、汗腺トレーニング。汗腺を鍛えることで、少量の発汗でも体温の調節ができるようになるため、汗の量はもちろんニオイも改善できますよ。

汗腺を鍛える!「手足高温浴」のやり方

43〜44℃の熱めのお湯を浴槽に少なめにはる。
四つん這いになり、両手のひじから先と両足のひざから下を10〜15分浸かる。
POINT 

手足高温浴の後は、湯船に水を足して37〜38℃のぬるま湯で半身浴をするとより効果的。

入浴後のクールダウンもお忘れなく!

入浴後にクールダウンをすることで汗腺機能がさらにアップしますよ。正しいクールダウンの方法をマスターしましょう!

入浴後のクールダウン3か条

✔クーラーなどにあたらず、ゆっくり汗をかきながら体温を自然に下げる。
✔タオルで軽くおさえるように身体の汗をふく。肌に湿り気を残す程度が◎。
✔すぐに服を着ず、汗が収まるのを待ってから身体が冷える前に着る。

忙しくて時間がない、暑いし面倒くさい…とお風呂に浸からず毎日シャワーだけになるのはNG。汗腺トレーニングで、気になる汗を解決しましょう。


「レアルタ」より
http://lealta.jp/sweat-glands-training/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗のにおいを抑えるセルフケア ハンドメイド制汗剤は安全で経済的

Q 汗かきなので、汗のにおいが気になります。市販のデオドラント製品を使っていますが、皮膚が弱いので、時々かゆくなることがあります。デオドラント製品を選ぶときに、注意することは何でしょうか。(45歳・男性)

A 汗のにおいなどの体臭を抑えるデオドラント製品は、においを抑えるデオドラント剤(消臭剤)と汗を抑える制汗剤に大別され、両方の効果を持つものは制汗消臭剤と呼ばれます。汗や汗臭さの対策なら、塩化アルミニウムなど、制汗効果の高い成分を含む製品を選ぶとよいでしょう。
 制汗剤を使う際の注意点としては、原則としてわきと足のみに使用し、体全体に塗らないようにしましょう。制汗剤を体全体に塗布すると、発汗による体温調節機構が働かなくなり、熱中症のリスクが高まります。
 なお、制汗剤などを長期に使用すると、湿疹やかぶれ、色素沈着などの原因になることがあるので注意しましょう。また、消臭剤には、雑菌の繁殖を抑える抗菌薬が配合されていることが多く、長期間使用すると正常な常在菌のバランスが崩れる可能性があります。安全な制汗消臭剤は、ミョウバン(*1)や重曹などを使って自分で作れます。

続きはこちらを御覧下さい。

日経グッデイ 専門医に聞く
http://gooday.nikkei.co.jp/atcldr/column/16/061300024/061300004/


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗かき体質は治せる!? 「異常な汗」への対処法

汗かき体質は治せる!?「異常な汗」への対処法
自律神経をコントロールして「精神性発汗」を抑える

Q 子どものころから汗かきで、夏になると髪の毛がベタベタになるぐらい、滝のように汗が流れます。人前に出て緊張すると特にひどく、臭いも気になります。汗かき体質は治せるのでしょうか。(35歳・男性)
 
A 汗を分泌するエクリン腺は人間のほぼ全身に満遍なくありますが、密度が濃い所と薄い所があり、顔面や頭部は、比較的エクリン腺の多い場所です。顔面や頭部の汗に対しては、わきの下に使う制汗剤は使用できず、手術や神経ブロックのような治療法も開発されていません。緊張時の異常な汗は、心の不安を取り除くことで改善することが多く、そのためには精神療法、自律神経をコントロールする自律訓練法、呼吸法、運動療法、薬物療法など様々な治療法があります。太っていると汗をかきやすいので、肥満の人であればダイエットも有効です。これらの治療法は、どれも根気と時間がかかります。


日経グッデイ 専門医に聞く より
続きはこちらを御覧下さい。
http://gooday.nikkei.co.jp/atcldr/column/16/061300024/061300001/

 

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

残暑に見苦しくならないための「汗」対処法

9月が訪れ、いつの間にか訪れた秋。しかし、暦の上で秋が訪れたからといって安心してはいられない。最近はともすれば10月くらいまでは真夏のような気温が続くことも珍しくない。しかし、いくら暑くても汗だくで洋服に汗染みがついているようでは、格好がつかないだけでなく清潔感からもほど遠い。そこで、残暑の多汗に役立ちそうな「汗対処法」について、五味クリニック院長の五味常明先生に伺った。

■■今回のアドバイザー
五味クリニック 五味常明さん

昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。ワキガ・体臭・多汗治療の現場で実践。TVや雑誌でも活躍中。

■汗腺の発達は脳の発達によってもたらされた

五味先生「汗をかく理由は体温を調節するため。熱い道路に打ち水をすると熱が和らぐように、汗が蒸発するときの気化熱で体の熱を奪い体温を冷ます働きをします。

しかし、このように体温調節のために汗をかくのは、猿の一部を除けば人間だけ。体の組織の仲でも、脳細胞はとくに熱に弱く、体温が1度上がるだけでも頭がボーッとしてしまいます。それだけでなく、2〜3度体温があがると、神経やホルモン系までもがオーバーヒートしてしまうのです。

このような熱のダメージから脳を守るために、人間は汗をかくための器官『エクリン腺』という『汗腺』を発達させてきました。汗をかくことは、人間の脳が他の動物に比べて非常に発達している証なのです」

■汗を恐れずに生活するためのテクニックとは?

五味先生「とはいえ、見た目の清潔感を保つ上では、大量に流れる汗は嬉しいとはいいがたいもの。外出先で汗がとめどなく流れて困っている…という人のために、汗を引かせるためのテクニックを3つご紹介しましょう。

・首筋を冷やす
体温調節をするために発汗するということは、体温が適温であれば発汗量が減少する場合があるということ。大きな動脈が通っている体の部分を保冷剤などで冷やすと、血液が冷却され体温が低下し、汗を抑えてくれます。オススメの場所は、首筋、ワキの下、股の間、手首。仲でも首筋は、脳へと続く頸動脈が通っている場所。脳音を低下させる事ができるので、発汗中枢が反応してスピーディーに汗を減少させることができます。

・圧迫する
顔など、体の一部の汗を止めるために有効なのが、『皮膚圧反射』を応用した方法です。


皮膚圧反射とは、体のある部分を圧迫することで汗が蒸発しにくくなるため汗が抑圧され、体の別の部分が代わって汗をかく作用のこと。仰向けに寝ると背中が圧迫され汗が減少し、代わりに胸側の汗が増加します。顔やワキなど上半身の汗にお悩みの方は、胸の上の肋骨を両手で強く圧迫してみてください。上半身を圧迫することで、上半身の汗が減少し下半身の汗が増える実感があるでしょう。両手で長時間胸を圧迫するのがむずかしい場合は、ひもなどを使って圧迫するのもひとつの方法。舞妓さんが顔に汗をかかないのは、高帯で胸を圧迫しているからと言われています。

・ボトックス注射をうつ
シワ消しなど、プチ整形などで名前を聞くことがある『ボトックス注射』は、多汗にも効果的。ボトックスの成分であるボツリヌス菌毒素が交感神経の末端に結合し、発汗刺激を抑制するのです。一回の注射で得られる効果は、個人差はあるもののおよそ半年。痛みも少なく傷も残らないため、生活への支障もありません。特にワキの汗には効果的とされています」

■「もう大丈夫」という安心が汗を減少させる

五味先生「基本的には気温の変化や運動・病気による体温上昇を調整するためにかく汗ですが、極度の緊張や興奮による『精神性発汗』も存在します。

汗かきで悩んでいる人のなかには、『また汗をかいてしまうかも』といった不安や緊張によって悪循環に陥っている人も少なくありません。

上記のような方法を試してみて『もう大丈夫』と心の底から安心することが、多汗を改善することもあるのです。あまり悩みすぎないことが第一歩かもしれませんよ」

■最後にアドバイザーからひと言

「体にとって大切な役割を持つ汗。コントロール方法を身につけて上手に付き合いましょう」


EXCITEニュース


 

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

ああ、勘違い! 汗をすぐ拭ってしまうと、ますます汗が…。夏の汗&ニオイ対策4カ条 

汗をかくたびに、乾いたタオルやハンカチでふいていませんか?
やってしまいがちなこの行為、かえって汗をかく原因になっているかも。

汗そのものは無味無臭で、かいた直後はニオイません。でも、1時間もすると皮膚のアカやホコリなどと混じって雑菌が繁殖してニオイ始めます。

つまり、臭いを防ぐためには、早めに拭くのが正解! 
でも、拭き方が肝心。体全体から、足先まで上手な汗ケアでニオイ対策。

汗のケアと体臭予防に詳しい医師、五味常明先生(五味クリニック院長/東京・新宿区)のアドバイスをもとに、手軽にできる汗対策を紹介します。
 

1.  湿ったタオルやウエットティッシュでふく

2.デオドラントを使った後はしっかり落とす

3.手作りミョウバン水を活用する

4.いい汗をたくさんかいて、汗腺を鍛える



詳細は 医療ライター小川留奈のききみみ頭巾のページをごらんください。

 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

あなたの脇汗はサラサラ? ベトベト? 汗腺を鍛えればキレイな汗に

同じ脇汗でも、いい汗と悪い汗があるって知っている? 悪い汗をかくと、汗臭くなったり、体調が悪くなったりすることもあるみたい。ワキガ・体臭・多汗治療を行っている五味クリニック院長の五味常明さんに、いい汗と悪い汗の見分け方を教えてもらった。 

「汗の最大の仕事は体温を下げること。さらに、体内で作られる汗の原液には、血液中の大切な成分が汗と一緒に流れ出ないようにする働きも。いい脇汗とは、こうした汗本来の役目をきちんと果たしてくれる汗のことです」(同) 

汗腺には、汗の原液からカラダに必要な微量成分やミネラルを血管に戻す機能があり、これを“再吸収”と呼ぶそう。この再吸収の機能が十分に働いていれば、汗は濃度が薄くてサラサラに、不十分なら濃度が濃くてベトベトになるとか。 

■いい脇汗3カ条 
1.サラサラですぐ乾く 
いい汗は粒子が細かく、かいてもさっと乾いて、効率よく体温を下げてくれる。悪い汗はその正反対で、大粒でベトベトしていて、なかなか蒸発しないそう。 

2.臭いがほとんどない 
いい汗の成分は限りなく水に近くて無味無臭。悪い汗は、血中のミネラルなども一緒に流し出してしまうため、ニオイがある。 

3.すぐに出て、さっと引く 
暑いときに速やかに出て体温を下げ、役割を終えたらすぐに引くのがいい汗。悪い汗はだらだらといつまでも流れ出るわりに体温調節の役割を果たしておらず、かくと不快感や疲労感が残る。 

「エアコンの発達した環境で暮らす現代人は、汗腺が退化しやすく、いい汗をかけない傾向にあります。そうなると代謝が下がって冷え症になったり、太りやすくなったりすることも分かっています」(同) 

また、汗腺が衰えて汗そのものをほとんどかけない人も増えているとか。こうなると、体温調節ができずに、体内に熱がこもり過ぎてしまう“オーバーヒート”を起こす可能性があるそう。そこで実践したいのが、いい汗をかく汗腺トレーニング。 

「まず、冷房に頼りきった生活を見直しましょう。屋外との気温差は5度以内に。また、夏もシャワーだけですませずに湯船につかり、お風呂から出た後にしっかり汗を出すのも効果的。風呂上りはすぐに扇風機やクーラーに当たったりせず、ウチワであおぐ程度に」(同) 

自分の汗の気化熱で体温を下げるのが重要で、運動して汗をかくことも汗腺を鍛えるいいトレーニングになるそう。ニオイのないサラサラの脇汗をかけるようにがんばって! 


五味常明
医師/五味クリニック院長。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。体臭多汗研究所を設立し、ワキガ・体臭・多汗治療を行っている。著書に『新・もう汗で悩まない』(ハート出版)などがある。 

http://news.ameba.jp/20150626-6/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

お風呂上がりにクーラーで涼むと熱中症を招く可能性もありNG

 まだ5月だというのに汗がダラダラ、おしゃれして出かけても、すぐに汗だくでメイクは溶けて、髪はぺたんこ。電車に乗っても、わき汗が気になってつり革に手を伸ばせない。出かけるのも億劫になるこれからの季節、汗とうまくつきあうためにはどうすればいいのか。

 多汗症などを専門に診察する五味クリニック院長の五味常明さんは「汗を抑えつつ、“いい汗”をかくようにしましょう」と指南する。 

 初夏から夏本番を快適に過ごすための汗対策完全マニュアルを紹介する。

 汗を流すにはお風呂がいいが、どんな入り方がいいのか? 暑い季節の入浴のキーワードは「半身浴」と「温度は37℃」なのだとか。 

「お湯は体温よりやや高めの37〜38℃に設定しましょう。肩までつかると体が温まりすぎてしまい、お風呂から上がった後に余計汗が出てしまうので半身浴がオススメです。また、お風呂上がりは首すじやわきの下をうちわであおいだり、扇風機を使ったりすると効果的に体温が下がります。服は汗がひいてから着てください」(五味さん)

 お風呂上がりにクーラーの効いた部屋で涼むのは、NG。

「汗には蒸発するときに皮膚の温度を下げ、体温を下げるという重要な働きがあります。お風呂から上がって体に熱がこもっているのに、クーラーで急に体を冷やすと汗腺(汗を分泌する皮膚腺)が閉じてしまう。そうすると汗が出なくなって体の体温を下げられません。そうする と、寝つきが悪くなったり、熱中症になったりする可能性があります」(五味さん)

※女性セブン2015年6月4日
http://www.news-postseven.com/archives/20150525_324319.html 

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗が臭う原因は食生活にあった!発汗を促す&臭いを防止する飲み物2つ

これからの季節、気になるのが汗のニオイ。汗は身体から出てくるものですから、ニオイが強くなってしまう原因の一つに食べた物も関係しています。五味クリニックの五味院長によれば、食生活の欧米化が体臭を強くしている可能性があるのだとか。「動物性脂肪が好き」、「野菜がキライ」、「いつも適温で生活している」方は、要注意ですよ。


■良い汗と悪い汗

良い汗の99%は水分で、サラサラしていてすぐに蒸発します。悪い汗は、ベタベタとして身体に残り、ニオイの元となってしまいます。

常にエアコンの効いた快適な環境で生活していると、汗による体温調節の必要がないため汗腺の機能が悪くなり、サラサラな汗ではなくベタベタした汗が出やすくなってしまうそう。悪い汗は、ミネラルなど身体に必要な栄養分を汗と一緒に排出してしまう作用があるだけでなく、汗腺を詰まらせニキビや肌荒れを引き起こす場合もあります。


■汗が臭うNG食習慣

(1)動物性脂肪が好き

肉や生クリーム、バターなどの動物性脂肪は、皮脂分泌を増やすだけでなく、汗の油脂成分も増幅させてしまいます。皮脂や汗に含まれる脂肪は汗が蒸発して身体に残ることで酸化され、ニオイの原因となってしまうそうですから、ベタベタ汗をかきやすい方は、動物性脂肪を控えてみて。

(2)野菜がキライ

野菜に含まれるビタミン・ミネラルは、脂肪の代謝をサポートするだけでなく、ポリフェノールの抗酸化作用で皮脂の酸化を抑える効果も期待できます。野菜は美容だけでなく、汗ケアのためにも積極的に食べておきたいところ。

■ドリンクで発汗・ニオイ対策

五味医師によれば、良い汗を出すには汗腺を鍛えることが大切なのだとか。たくさん汗を出すためにも、お風呂はシャワーで済まさず湯船につかって汗を出す習慣をつけましょう。そしてしっかり汗が出たところで、ニオイケアができるドリンクを飲んで水分補給をすると、更に効果アップ!

●発汗を促す!ジンジャーティ

冷え取りでお馴染みの生姜には、発汗を促す働きがあります。とくに生の生姜には強い発汗作用がありますから、いつものお茶に摩り下ろした生姜を加えてみて!

●ニオイ対策には!クエン酸・リンゴ酸ドリンク

五味医師によれば、酢に含まれるクエン酸や、リンゴ酢に含まれるリンゴ酸には消臭効果が期待できるそう。コップ1杯の水や炭酸水に小さじ1を目安に酢を加えましょう。

1〜2週間、入浴やドリンクを続けることで汗腺の機能が高まるそうですから、ベタベタ汗が気になる方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

マイナビニュース
 
http://news.mynavi.jp/news/2015/05/05/359/


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗対策 (3)消臭効果高いミョウバン

一番悩まされるのが、わきの汗だ。デオドラント販売のシービック社(東京都港区)の20、30歳代を対象にした調査によると、自分のわきの汗を気にしている人が84%、他人のが気になる人が76%もいた。

 肉の摂取量の多い欧米人に比べると、日本人にわきがの人は少ない。「わきがだと来院する人の7割以上は、気にする必要はありません」。東京・新宿の五味クリニック院長、五味常明さんはこう話す。

 しかし、東日本大震災以降の節電による冷房温度の高め設定や、臭いを問題とする「スメルハラスメント」という新語も登場して、汗や体臭に敏感になる人が増えている。

 制汗剤として売り上げが伸びているのが、「ミョウバン」を主成分にしたじか塗りタイプだ。ローマ帝国のシーザーが携えてクレオパトラに会いに行ったと伝わるくらい、ミョウバンは古代からの消臭剤。無香料で、臭いの元となる雑菌と汗を抑える効果がある。

 「スプレーよりも肌への直塗りの方が、消臭成分が密着しやすく、効果が長続きする」とシービック社は説明する。ひんやり感のある夏タイプも発売された。

 五味さんによると、いい汗をかく食品は葛根、ショウガ、大豆製品(豆腐、納豆、豆乳)。くず粉でもいいので、くず湯にしたり、くず粉を料理に加える。また、すりおろしたショウガに蜂蜜を加えて、湯で溶いたショウガドリンクもいい。

 「汗をかきにくい人は真夏でも、きんぴらや大根おろしなど、体を温める根菜類をたくさん食べることを勧めます」(斉藤勝久)

(2014年7月6日 読売新聞)


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗対策 (2)室内こそ熱中症に注意

 熱中症になる人が近年、増えている。気になるのが、炎天下の戸外でなく、普通に生活している人の「室内熱中症」や、高齢者の死者も出た「睡眠時熱中症」だ。

 「最近の熱中症は、クーラーの普及で汗をかくことが減り、汗腺が鈍った体温調節障害ともいえる。エアコン漬けの現代人の誰もが陥る可能性がある」。東京・新宿の五味クリニック院長で、体臭・多汗研究所長の五味常明さんの指摘だ。

 この問題は、平熱が35度台の低体温児が増えていることにも結びついている。「今の子供は夏も冬も、エアコンによる快適温度の中で育てられている。汗腺が成長する乳幼児期に汗をかかないと、汗腺が未発達になり、体温調節が下手な変温動物になってしまう」と五味さんは忠告する。

 熱中症対策の“常識”には誤りが多い(表参照)。水はたくさん飲むのでなく、こまめに取る。塩分補給も忘れずに。室内でも、火を使って熱がこもりやすい台所などは要注意。冷えた車内と暑い戸外の出入りを繰り返していると、汗腺が疲労して大量の汗をかき、脱水症状を起こして室内熱中症になりかねない。

 臭いと嫌われる汗だが、いい汗には美肌効果もある。良い皮膚膜ができて肌をしっとりさせ、ウイルスの侵入を防いでくれる。だから、汗のふき方も大事だ。汗が出るたびに、乾いたハンカチなどでふきとってしまうと、皮膚の上での蒸発がないので、体温が下がらず、また汗が出る。

 「湿ったタオルでふくと、皮膚についた水滴が汗の代わりに蒸発して、体温を下げ、涼しくなる」と五味さんはアドバイスする。

(2014年6月22日 読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=100589 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗対策 (1)冷房普及、退化する「体温調節」

人類は体温調節のため、暑くなると汗をかく。日本は四季があるので、人は昔から、夏は「汗腺」を働かせ、たっぷり汗をかいた。

 冬は汗腺を休ませ、気候の変化に順応してきた。ところが約20年前からの冷房の急速な普及で、夏でも汗をかく機会が大幅に減った。

 「うまく汗をかけない日本人が増え、自分で体温調節できない爬虫はちゅう類化した人が増えている」と警鐘を鳴らす東京・新宿の五味クリニック院長、五味常明さんに夏の汗対策を聞いた。

 一般に、人の最適な体温は約37度とされる。これは脳の働きを安定させるための温度だ。暑さを皮膚と脳で感じ、約37度を超えないよう、ほぼ一定に保っている。

 汗が出る汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺がある。エクリン腺は全身に分布しており、平均して約350万個ある。非常に小さい。ここからの汗は99%以上が水分で、臭いもあまりない。体温調節のためにエクリン腺があるのは人類だけだ。

 アポクリン腺は大半がわきの下にあり、毛穴と出口を共有する。ここの汗はたんぱく質、脂質、アンモニアなどを含む。動物のフェロモンのように、異性をひきつけたりする役割をしていたとみられるが、退化した。栄養があるので皮膚の常在菌が繁殖しやすく、わきが臭ともなる。

 これからの夏は、暑い戸外と冷房のきいた室内の往復を強いられる。「繰り返していると、体温を調節する中枢は、脳よりも皮膚で感じる温度の変化に敏感に反応するようになる。これが爬虫類のような変温動物になる始まりです。汗がかけないと、体温が上がり、様々な病気の原因になる」と五味さんは警告する。

(2014年6月15日 読売新聞)
 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=100171


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

ワキ臭対策には"酢のお風呂"が効果的!? - 酢の殺菌力でにおいを撃退

暑い夏は、全身から発せられる汗で体がべたつきがち。自分が不快になるだけではなく、その汗が原因となる臭いで周囲も不快になるケースもある。それを防ぐためのカギとなりそうなのが「酢」だという。

酢に含まれるクエン酸が雑菌の活動を抑える

夏にエアコンの効いた室内で長時間過ごす人は、汗をかかない。そうなると、通常は汗と共に体外に排出される老廃物が体内に蓄積されてしまい、その分、体臭が臭くなる傾向がある。夏はシャワーだけで体を洗う人も多いが、せめて週に1回は湯船につかり、たっぷりと汗をかくことで、体内の老廃物と毛穴にたまった汚れをすっきりと排出するのがお勧めだ。

五味クリニックの院長で、体臭・多汗研究所所長でもある五味常明先生によると、酢を入れた風呂に入るのも体臭軽減に効果があるという。酢に含まれるクエン酸には、皮膚の表面を弱酸性に保つことによって雑菌の活動を抑える効果がある。さらに、クエン酸が汗腺から吸収されると、アンモニアと乳酸の生成が抑えられ、体全体の汗臭さを防げるとのこと。

"酢のお風呂"を家庭で試す場合、醸造酢なら180Lのお湯に対してコップ一杯(約200)、黒酢ならおちょこ1杯程度でOK。シャワーで洗い流せば、酢の臭いも残らないので安心だ。

酢の摂取は、エネルギー代謝を円滑にして、疲労物質「乳酸」の生成や不快な臭いのもとである過酸化脂質の生成を抑える効果がある。そのため、酢を毎日適度に飲み続けるのも体臭軽減に良い。

最近ではスーパーなどでも、そのまま飲めるストレートタイプの黒酢やりんご酢などのドリンクが販売されている。あれこれ試してみて、自分が長く続けられそうなものを探してみるのもいいだろう。

マイナビニュース 

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

出先で汗だく! そんなときに効果的なワキ臭対策は●●を使う

仕事のアポイントやデートの待ち合わせなど、「遅刻してはまずい」というケースで必死に走った経験がある人も多いだろう。気がつくとワキの下からじんわり汗が。「まずい、臭いが気になる」……。そんな出先での「汗のトラブル」にはどう対応したらいいのか紹介しよう。

ぬれタオルでさっとひとふき、服は綿素材を選ぶ

五味クリニックの院長で、体臭・多汗研究所所長でもある五味常明先生によると、たとえ汗をかいても、臭いが発生するまでには約1時間かかるとのこと。もし出先で手元に制汗剤がなかったら、タオルやハンカチをぬらして絞り、ワキの下などをすぐにふきとるのが最も効果的だという。

臭いの原因は皮膚に残った雑菌であり、ぬれタオルでふくことで、雑菌といっしょに皮脂汚れなども取り除くことができる。一度使用したぬれタオルは、臭くなるのですぐに洗濯しよう。

また、汗をかいたら服の中の湿度を高めないように、できるだけ汗を発散・蒸発させることで臭いを防ぐことができる。そのため、服や下着は通気性や吸水性がよく、かつ速乾性にも優れる綿(コットン)素材のものがベスト。ポリエステル素材は、シワになりにくいというメリットはあるが、通気性が悪いため暑苦しく、臭いがこもりやすいという。

特に近年は、吸水性や速乾性が従来よりも高められて、臭い成分を吸着してくれるような新素材なども出てきている。夏場に着用する衣類選びの際のポイントにしてみてはいかがだろうか。


マイナビニュース
 

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

ワキの臭い対策の第一歩、そもそもの臭いの原因って何?

汗ばむ季節。どうしても気になってくるのが、満員電車やオフィスの中で、近くにいる人の不快な臭い。思わず、「もしかして自分も? 」と不安を抱く人もいるだろう。ただ、そもそもなぜワキは臭いのだろうか。

汗自体が問題ではなく、菌の繁殖が臭いの原因

「とにかく汗が臭いので、それが原因」と思いこんでいる人は多いかもしれないが、それは間違い。汗自体に臭いはなく、汗や皮膚の汚れ、皮脂に含まれる「菌」がたんぱく質などを食べるといった活動(繁殖)をすることで、臭いが発生する。そのため、たとえ汗をかいても、菌の繁殖さえ抑えられれば、臭いの発生も抑えられるのだ。

五味クリニックの院長で、体臭・多汗研究所所長でもある五味常明先生によると、人間の体には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があるという。

2種類の汗腺の正体

全身に200〜500万個ほど分布しているエクリン腺から出る汗の成分は、99%が水分。残りは塩分や尿素、アンモニアなどで、サラッとしていて汗自体は無臭だ。

一方、アポクリン腺はワキの下やへそのまわり、乳輪、性器、肛門の周囲など、体の一部にのみ分布する。毛穴と出口を共有し、糖質や脂質、アンモニアなど、さまざまな栄養素を含んだやや粘り気のある汗を出す。エクリン腺とは違い、塩分をほぼ含まないため、皮膚の常在菌が繁殖しやすいのが特徴だ。

常在菌とは、人体に日常的に生息している微生物(細菌)のこと。特にワキは肌と肌が密着していて風通しが悪く、汗が発散・蒸発しにくいため、菌の繁殖活動がさかんになり、臭いが発生するというわけだ。

「満員電車のようなストレス下でかいた汗は、運動でかいた汗と比較して皮膚常在菌が繁殖しやすく臭いが強くなります」(五味先生)。満員電車での不快な臭いも、これで納得していただけたろう。

ワキの臭いの原因は、ワキの下などにあるアポクリン腺から出る汗によって、皮膚の常在菌が繁殖するからだということがわかった。では、その臭い対策として効果的な方法は何なのだろうか、次回以降で紹介していく。

 
マイナビニュース

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

じめじめ暑い夏の乗り切り方 汗腺鍛えてサラサラ汗に

どうすれば安全安心:じめじめ暑い夏の乗り切り方 汗腺鍛えてサラサラ汗に
毎日新聞 2014年06月12日 東京夕刊



 ◇まず手足を熱い湯に/ぬるめの湯で半身浴/入浴後はゆっくり乾燥

 じめじめと暑い季節がやってきた。噴き出す汗をぬぐいながら、満員電車に揺られる人も多いのではないか。薬局の店頭に対策商品が並ぶほど不快に感じることが多い汗だが、人間の体調維持には欠かせない機能だそう。では、どうやって汗と付き合っていけば良いのか。専門家に話を聞いた。【田村彰子】

 「夏は汗をかきたくないと思う人は多いでしょう。でも、汗をかきやすい体になればかえって汗の量を減らせるのです」。汗博士として知られる五味クリニック院長の五味常明さんはそう語る。

 人は汗をかき、汗が蒸発するときの気化熱で体温を下げている。汗を分泌する汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺があるが、アポクリン腺の多い脇やへその周りを除き、大部分の皮膚の表面にはエクリン腺がある。

 体温が高まると、蒸発によって熱を下げるため主に血漿(けっしょう)が汗腺の中に移動する。エクリン腺がきちんと機能していれば、体外へ出るまでに水以外の成分が再吸収され、99%が水の蒸発しやすいサラサラ汗が出る。しかし汗腺が衰えると再吸収されにくくなり、ナトリウムや乳酸、アンモニアなども含まれるネバネバした濃い汗が出てしまう。ネバネバ汗は臭いのもととなりやすい上に蒸発しにくく体温の調整にも役立たない。そのため体は体温を下げようとして、どんどん汗をかく悪循環が生まれる。逆にサラサラ汗だと、五味さんが言うように汗の量を減らせるというわけだ。さらにネバネバ汗の場合、再吸収されなかったミネラル分も体外に出してしまうので夏バテもしやすくなる。


 「汗腺のうち有効な汗をかけるものを『能動汗腺』といい、およその数が子供の時に決まります」。早稲田大学人間科学学術院教授の永島計さんは解説する。能動汗腺数は生まれてから小児期の環境に大きな影響を受け、暑い地域で暮らした人の方が多い。「現代の日本人は、赤ちゃんの頃からエアコンで温度が一定に保たれた環境で育っているので、昔より能動汗腺数が減っている」と永島さん。

 例えば東南アジアの人たちは暑い中でも涼しい顔をしている人が多いが、決して汗をかいていないわけではない。能動汗腺が多く、体中でまんべんなく汗をかいているので体温を下げられるというのだ。「『玉のような汗』をかいている人は、能動汗腺が少ない人に多い。大人になってから増やすことは難しいが、今ある能動汗腺を鍛えることは可能です」

 汗腺を活性化させてサラサラの「良い汗」を全身でかくことが大事だが、汗腺を鍛えるにはどうしたら良いのか。五味さんが勧めるのが「汗腺トレーニング」だ。3週間ほど続けると、汗腺が鍛えられ良い汗が出るようになるという。

 まず「手足高温浴」から始める。膝から下と肘から下を42〜43度のお湯に10〜15分ほど浸す。体の大部分は外に出ているため、汗が蒸発しやすいので全身の汗腺が鍛えられる。お湯につけた際に汗をかかず皮膚が赤くなるだけの人は、汗腺がうまく働いていない「熱中症体質」なので注意が必要だ。「その場合は高温浴を中止し、運動などで長期的な改善をしていかなければなりません。エアコンも活用して、無理をしないことも大切です」と五味さん。高齢者も皮膚が温度を感じにくいため、40〜41度の低めに設定したい。

 続いて、37〜38度のぬるめのお湯にみぞおちぐらいまで入る「半身浴」を10〜15分ぐらいする。湯にコップ半分の酢を入れると、より発汗を促すので、汗腺機能を強化できるという。

 入浴後の汗の乾かし方も大事だ。エアコンで冷えた部屋で急に体を冷やすと汗腺が閉じてしまい、汗で体の熱を逃がすことができない。熱が残ったまま寝てしまうと、大量の寝汗をかいて朝には冷えてしまって夏バテの原因になる。まずはタオルで軽く水気を拭き取り、肌がしっとりする程度に保つ。そして、うちわや扇子で首筋や脇など動脈が通っている部分をあおぎ、汗を蒸発させてゆっくり体温を下げる。「固く絞ったぬれタオルで水気を取ると、臭いの対策にもなります」と五味さん。

 永島さんは「少し息が切れるぐらいの運動、速足でのウオーキングを毎日30分程度続けることでも汗腺を鍛えられます」と話す。「約1週間で少しずつ体がなじみ、1〜2カ月継続すると汗をうまくかく能力が身につきます」。夏場には汗を吸収しやすい素材の衣類を着ることも、快適で安全に運動するための知恵だという。

 しかし、どうしても気になる時もある。簡単にできる汗対策も五味さんに聞いた。

 汗をどうしても止めたい時は、冷たい水を口の中にしばらく含む▽首筋を冷やす−−がおすすめ。口の中には温度を感じる機能があり、冷たいものを口に入れることで「冷えた」と脳が感知し、汗が引いてくる。食道や胃にはこの機能はないので、口の中に冷たいものをとどめておく方が効果がある。首筋は大きな動脈があり、冷やすと脳の温度が下がりやすくなって発汗が抑えられる。冷たい血液も循環しやすくなるので、熱中症の応急処置にもいい。

 顔から流れる汗を止めたい人は、胸を圧迫すると効果的だ。「両乳首の5センチ上あたりに、上半身の汗を減らすツボがあります。舞妓(まいこ)さんも帯で圧迫することで顔の汗を防いでいるようです」と五味さん。寝汗が気になる人も、敷布団を硬いものにして背中を圧迫すると背中の汗は減るという。

 上手に汗と付き合って、快適に夏を過ごしたい。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

記事検索
リンク

加齢臭、その原因と対策
活性酸素の生成を抑える抗酸化食品を摂る等の加齢臭防止の方法をご紹介しています。

体のニオイの悩みに応える体臭ブログ
においをケアして、悩みを解消、もっときれいになろう。

わきがで悩んでいる方のためのブログ
ワキガの原因から、ワキガの悩みを解消するための様々な方法を取り上げています。

健康食品関連リンク

各種ビタミンの健康への効果を紹介した書籍
トマトのリコピンやトコトリエノールなどのビタミン関連の健康食品を紹介したサイトです。ハート出版の健康書籍ふるさと文庫から。

健康によいビタミンの本(ブログ)
アスタキサンチンやリコピンなど健康によい各種のビタミン類を紹介したブログです。

ソムリエのいるイタリアン酒場、何駄感駄
池袋での結婚式の2次会や忘年会など各種宴会、パーティーで人気のお店、何駄感駄(なんだかんだ)公式サイトです。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

since 2009.04.07

プロフィール

医学博士・五味常明
1949年、長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。ワキガ・体臭・多汗治療の現場で実践。 わきがの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。 TVや雑誌でも活躍中。 99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

五味クリニック院長
流通経済大学 客員教授
日本心療外科研究会代表
体臭・多汗研究所所長

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ