多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、汗に悩む方の心のケアを重視した、様々な対策や治療法をご紹介します。

多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)トップ > 気になるニオイ

新着情報
  • 欧米化が体臭を強くする? ニオイを作る食事
  • 汗の成分の99%以上が水分。汗だけならニオわない!
  • オフィスの汗とニオイに対処せよ!
  • 汗のにおいと病気
  • あなたの悩みは汗? ニオイ?
  • 悪い汗は生活習慣が作り出している!
  • におう汗とにおわない汗の分かれ道
  • ニオわない汗をかく体に変えるテクニック
  • 汗・ニオイ・毛にまつわる都市伝説
  • 気になる汗とにおいの関係
  • 汗と体のニオイの関係は?
  • 夏の汗対策はこれで安心
  • 精神性発汗がにおいのもと
  • Q 気になる汗のニオイ、一体どうしたら防げますか?
  • 汗のにおい解消法
  • いつもよりクサイと感じる汗。その原因は何ですか?
  • 気になる「汗」と「におい」を解決!

気になるニオイ

欧米化が体臭を強くする? ニオイを作る食事

 汗腺の他に、肌のうるおいを保つ働きをする皮脂を分泌する皮脂腺もニオイに関係します。皮脂が多く分泌されすぎると、汗と共に分解・酸化されてニオイの元に。その原因は、動物性たんぱく質の摂りすぎにより皮脂腺が活発になってしまうから。

「欧米化した食事も体臭を強くする原因の一つです。動物性脂肪を摂りすぎると、皮脂が多く分泌されるだけでなく、汗腺から分泌される油脂成分が多くなり、体臭が強くなります」(五味先生)。

 食事内容の変化で肥満の人が増えたのも、体臭が気になる人が増えた理由のひとつです。肥満の人は、体外へ放出するのを分厚い皮下脂肪がブロックしてしまい、体温が上がりやすいのです。その体温を下げるために、発汗が必要となり普通の人よりも汗をかきやすくなります。

 それとは逆に、無理なダイエットも体臭を生み出す原因になりかねません。過度な食事制限をすると、エネルギーとなる炭水化物やたんぱく質が不足し、カラダが飢餓状態になります。そこで、身を守ろうと貯蔵していた中性脂肪を燃やそうとするのですが、このとき中性脂肪がニオイを放つ脂肪酸に変化します。これが初期段階の「ダイエット臭」です。次に、体内の酸素が不足することで疲労物質である乳酸が生まれますが、乳酸はアンモニアと一緒に汗に出る性質があり、アンモニア臭が強くなります。最後に、空腹のまま体内の脂肪を燃焼し続けると、脂肪酸がニオイの強いケトン体を生成して強いニオイを放ちます。


Body+  2012年9月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗の成分の99%以上が水分。汗だけならニオわない!

「汗の一番の理想は〈水〉です。水は粒子が小さいから蒸発しやすいんです」と五味先生。水に近い汗は蒸発しやすいので、より少ない汗の量で体温を下げられるのです。では、実際汗は何でできているのでしょうか? 汗は血液を材料としており、血しょうを薄めたものと同じです。成分の99%以上は水で、わずか1%の中に、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルや、ニオイの元となるアンモニアが微量ですが含まれています。しかし、汗をかくたびに水分以外の成分を排出しているとアンモニア臭が出て、カラダに必要なミネラルも失われてしまいます。そこで、汗腺には、水以外の成分だけを再吸収して、残りの水分を汗として出す働きがあります。つまり、本来の汗は水に近いので、ニオイが出るまでにはならないはずなのです。

 汗がほとんど水であればニオうことはないのに、汗にはなぜ「汗臭さ」があるのでしょうか? それは、時間が経つと皮膚の雑菌や垢と反応して、ニオイ物質が出るためです。また、ワキや汗がニオいやすいのは、汗が溜まったり蒸れたりしやすく、蒸発しにくい箇所だからということも原因のひとつです。このような「汗臭さ」には、ニオイが発生する前、汗をかいて1時間以内にふき取ることで対処できます。水で濡らしたタオルでふき取ると、雑菌や皮脂汚れも取り除くことができます。ただし、汗は体温を下げるためにかくものなので、自然に蒸発させることも大切です。すぐにふき取ることができないワキには、汗ワキパッドが有効でしょう。

Body+  2012年9月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

オフィスの汗とニオイに対処せよ!

汗には体温調節などの重要な役割があります。デオドラント剤を過剰に使って抑えすぎてしまうのは体によくありません。

汗をかくことに慣れている人は、サラサラとした水のような、におわない汗をかきますが、汗をかきにくい人は、ベタベタとしてニオイを発しやすい汗をかく傾向にあります。

ニオイ分子となる肉などの動物性タンパク質は控え、ニオイを抑制する効果のある食品(下記)を積極的に摂るようにしましょう。野菜を積極的に摂取することもおすすめします。


ニオイを抑制する効果のある食べ物の一例

 大豆製品(ミソ、豆腐、納豆など)、海藻、キノコ類など


今の自分の汗がにおいやすいかどうかはリトマス試験紙で調べてみよう

自分の汗のニオイが心配という人は、薬局などで販売しているリトマス試験紙を使って、確かめることができます。赤いリトマス試験紙に汗をつけ、色が赤いまま変化しなければサラサラとした酸性のにおわない汗、青く変化したら、アルカリ性で皮膚の細菌が繁殖しやすい汗といえます。
においやすい汗は、汗腺トレーニングを行うことで、におわない汗に変えることが可能です。



汗とニオイの攻略法

きちんと対処すればたいていの汗の不快なニオイはカバーできます。
基本はこの3つ

1 汗は事前におさえる!

 汗が気になりそうな日は、外出前にデオドラント剤をワキや足など特に気になる箇所につけます。この時、汗が気になる一部にだけつけることがポイント。全身につけてしまうと、体の熱の発散をおさえてしまい、体内に熱がこもる原因に。デオドラント剤をつけた後はしっかりと乾燥させましょう。

2 かいた汗は拭き取る

 汗を拭き取る際は、湿ったタオルを活用しましょう。乾いた布は、汗成分のうち水分のみを吸収し、ほかの成分を皮膚に残すことが多いとか。残った成分は雑菌の繁殖を招きニオイの原因になることがあります。一方、湿ったタオルはニオイ分子を吸収してくれるので、ニオイ対策におすすめです。

3 汗は衣類にしみこませない

 汗が衣類にしみこむと、ニオイが発生しやすくなります。ワキ汗パッドを利用するなど、衣類にしみこまない工夫を。汗を吸収・速乾してくれる夏用のインナーを着ることもおすすめです。夏のインナーの上には、シフォン素材のブラウスなどふんわりとした通気性の良い服を着用するといいでしょう。



Q ワキ毛があるとにおいやすいって本当?(30歳/金融)
A 毛はニオイの原因となる物質をキャッチします。ですから、ワキのニオイが気になるという人は、ワキ毛の処理を怠らない方が◎。それだけでニオイ対策になります。

Q 汗はすぐに拭かないとにおいますか?(27歳/建設)
A 汗は、時間が経つと雑菌などに触れてニオイが発生します。においやすくなるのは発汗後から約30分〜1時間ほど経った頃。この時間内に拭き取ればニオイを抑えることができます。

Q 自分にあったデオドラント剤の選び方は?(32歳/事務)
A デオドラント製品の役割は、「制汗」「殺菌」「消臭」。「自分の体臭の強さ」をチェックして、自分にあった製品を選びましょう(下表参照)。4〜5個当てはまる場合は体臭が強め。殺菌作用の強い"塩化ベンザルコニウム"などが入った製品がおすすめです。肌にしっかり密着する軟膏タイプやスティック式がいいでしょう。殺菌効果の持続時間が長い"銀"配合の製品も効果が期待できます。3つ程度なら、"フェノール"などの比較的マイルドな殺菌剤が配合された製品を。使用感の良いスプレー式がいいですね。2つ以下なら、消臭作用のある植物抽出エキスを配合したウェットシートなどで軽く拭き取るだけで、汗臭さは十分抑えられるはずですよ。


詳細は以下のページをご覧ください。
http://www.sendailiving.jp/backnumber/webliving/cityonline/cw110610/index.html#page=2


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗のにおいと病気

汗のにおいで病気がわかることがあります。

糖尿病の人の汗は、甘酸っぱいにおいがすることがあります。同様のにおいは運動療法をともなわない極端なダイエットをしたときにすることがあり、「ダイエット臭」と呼ばれています。どちらも、代謝系が完全燃焼しないためにケトン体というにおい物質がつくられ、汗の中に出てくるからです。

肝臓や腎臓が悪いと尿素が汗に多く出て、アンモニア臭がします。

卵が腐ったようなにおいは、口腔の病気や胃腸系の病気で生じます。

呼吸器系の病気では肉の腐ったにおいがしたりすることがあります。

病気ではなくても、ストレスがたまると油が酸化したような皮脂のにおいがして、ストレス臭といわれます。

慢性的な疲労でも乳酸が汗に出てくると、皮脂のにおいとアンモニア臭が強くなります。

汗のにおいが急に変化したり、強くなったりした場合には、体の健康が損なわれたサインかもしれませんので注意しましょう。



五味常明・読売新聞大手小町編集部 著
『汗っかきを治す72のワザ+α』(保健同人社)より


汗っかきを治す72のワザ+α




多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

あなたの悩みは汗? ニオイ?

ところで、あなたの悩みは、汗をかきやすいこと、いわゆる多汗ですか? それとも、多汗にともなうニオイですか? あるいは、汗はあまりかかないのに、自分のニオイが気になってしかたがないですか?


そこで、まずは左の「汗かき」チェック表であなたの悩みが汗に由来するものかどうかを確かめてみましょう。(※ブログ注:チェック表は下記の書籍を参照)


その結果、多汗にともなうニオイの悩みがあれば、ワキガ型多汗か精神的発汗型多汗の可能性が大です。ワキガ型多汗というのは、ワキガ体質が原因になっている場合です。また、精神的発汗型多汗というのは、緊張したりすると発汗するタイプのことで、気持ちを落ち着かせる精神療法などを受けると徐々に解消されることがよくあります。


これらのいずれにも該当しないのに、自分のニオイが気になってしかたがないという場合は、「体臭恐怖症」か「自己臭妄想」の可能性があります。このような人には、心理的治療法をおすすめします。


このほか、全身疲労を感じている人は、体内の乳酸が増加し汗中にアンモニアの分泌が盛んになって体臭が強くなっている場合があります。また、制汗剤を使いすぎると汗がにおうこともあります。


なお、汗をよくかく部位が限られている場合には、内臓疾患の可能性もあり要注意です。たとえば、頭だけよく汗をかく場合は肝機能障害が、首から上だけなら虚弱体質、体力不足、神経過敏など、手のひらや足の裏だけならリウマチ、蓄膿症、高熱性疾患、神経疲労などが疑われるといいます。


五味常明著『気になる口臭・体臭・加齢臭』(旬報社)より


気になる口臭・体臭・加齢臭


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

悪い汗は生活習慣が作り出している!

汗がにおう6つの原因

におう汗はアポクリン腺からの分泌以外に、生活習慣が原因で発生する場合もあり! こんな生活習慣に心当たりはありませんか? 該当項目があったら、汗がにおっているかも!?

何気ない生活習慣がニオイを作っている

 「私たちが"暑くて汗をかく"と言うときにジワジワ出る汗はエクリン腺から分泌され、冷や汗のような、緊張したときなどにドバッと出る汗はアポクリン腺から分泌されています。汗はジワジワ出るほど、再吸収が行われて、サラサラの汗になるのですが、生活習慣の乱れにより、におわないはずのエクリン腺からの汗も一気に吹き出すベトベト汗に変わってきているのです。体温調節を行うための温度センサーは皮膚表面と脳の2ヶ所にあり、皮膚のセンサーは外気温の急激な変化に対応し、脳のセンサーは"カラダの芯=深部温"の変化に対応しています。そのため、エアコンの効いた寒い部屋から暑い外に出ると、皮膚のセンサーが大きな変化を感じ、体温を調節しようと一気に発汗が行われて、におう汗が分泌されるのです。また、汗は血液から作られるため、ドロドロ血液を作る生活習慣もニオイ汗の原因のひとつといわれています」(五味先生)。ニオイの原因の多くが、生活習慣。少しずつ意識して、さわやかな汗をかく生活に変えていきましょう。

1 動物性脂肪の多い食事

肉類などの高タンパク・高脂肪の食品を中心とした食事をしていると、血液が酸性になり、ドロドロになります。また、高カロリー食はエネルギーを産生しやすく、大量汗のもとに。一気に出るベタベタ汗を増やし、ニオイのある汗が発生しやすいのです。

2 不安・緊張状態が続く精神的ストレス

緊張や不安を溜め込みやすい人は、大量の汗をかきやすいと言われています。普通は、緊張や驚き、不安などによってかく冷や汗は一時的なもので、緊張状態が落ち着くと自然と引いてきますが、継続的なストレスによって、その状態が固着化してしまうのです。

3 汗腺の働きを衰退させる運動不足

運動は汗腺を強化する絶好のチャンス。しかし、運動不足の人が増え汗腺機能の働きが衰えている人が増えています。汗腺が鈍るとミネラル分を再吸収できなくなり、ベトベトしたにおう汗になってしまうのです。デスクワークが多い人は汗をかく機会を作りましょう。

4 無理や断食や単品食ばかりのダイエット

食事制限をすると体内のエネルギー源である炭水化物やタンパク質が不足し、カラダが飢餓状態になります。エネルギー不足になるとカラダは中性脂肪を燃やそうとするのですが、その脂肪がニオイを放つ脂肪酸に変化し、汗とともに出て強いニオイを発するのです。

5 汗をかかないように制限している水分不足

"水分を多く摂ると汗が出る"という解釈は間違い! もちろん、水分は汗をかくために欠かせないものですが、水分がすべて汗になるのではなく、体内で必要とされなかった場合は、尿として排出されます。水分を控えると血液がドロドロになり、ベトベト汗の原因に!

6 いつも快適温度でラクしてる!?エアコン依存の生活

カラダは本来、皮膚から感じ取る気温の変化に応じ、暑いときには汗を出して体温調節をしています。しかし、エアコン依存の生活によって汗をかく機会がなくなってしまうと、サラサラ汗が減り、一気に出るベトベト汗が増えてニオイが発生してしまうのです。

 


Body+ 2010年8月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

におう汗とにおわない汗の分かれ道

におわない女になる汗ケア術

日常生活でも汗をかく機会が増える夏。この季節に気になるのが、汗とニオイ。におわない汗をかく生活、汗をにおわせない処理法を習慣づけて、汗を気にしない毎日を過ごしましょう。

汗はカラダを健康に保つ調整役をしている

 暑いときや運動をしたとき(温熱性発汗)、緊張したり驚いたとき(精神性発汗)、辛いものを食べたとき(味覚制発汗)など、私たちのカラダはさまざまな変化・刺激に合わせて汗をかいています。特に夏は体温調節のために汗を多くかく季節。「嫌われがちな汗ですが、カラダにとって重要な役割を果たしているのです」と話すのは、汗とニオイのスペシャリストである五味先生。
 「私たちは食事から栄養を摂取し、それを体内の代謝によって活動エネルギーに変換して生活しています。代謝をすると熱が産生され、その熱が体温を上昇させて、脳の温度も上昇。人間は脳の温度が一定でなければ、健康的に活動ができません。そこで重要なのが発汗。代謝系機能を活発に働かせてエネルギーを作りながら、同時に出た熱は汗をかいて蒸散させ、熱を放出しているのです。熱の放出がされなかった末に起こるのが、熱中症。もしも発汗による体温調節が行われず、脳の温度を上げてしまうような事態になれば、人間は代謝を低下させてエネルギー産生を抑え、熱を発生させないようにするしかないのです。実はこの状態が現代人のさまざまな不健康の根源になっています。冷え性や慢性的な疲れ、だるさといった夏バテ症状もそのひとつ。カラダは汗をかかなくなるほど、ニオイを持った汗を分泌するようになります。"汗がにおう"というのは、汗をかかない生活習慣からきているのです」(五味先生)。
 冷房の普及や運動不足によって、汗をかく機会そのものが減っています。爽やかな良い汗をかく生活習慣を身につけて、ニオイ知らずの健康的な毎日を送りましょう。

発汗には2つの汗腺が働いている

汗はカラダの表面にある2種類の汗腺(汗を分泌する腺)から分泌されています。この2つは分布する位置や汗の成分に違いがあり、汗のニオイを左右するキーポイントです。

気になる汗のニオイは汗腺の機能低下が原因

 汗には"におわない汗=良い汗"と"におう汗=悪い汗"があるそう。「汗はエクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺から出ています。エクリン腺は粒子の細かい汗を出して、体温調節をしています。この汗腺から出る汗は肌の上ですぐに乾いて、におわないのが特徴。一方、汗腺の大きいアポクリン腺から分泌される汗は汗の粒が大きく、ベトついてニオイます。このような機能から、本来ニオイ汗はアポクリン腺から分泌されるのですが、現代人が悩む汗のニオイはエクリン腺から発生しているのです。汗腺は血液から水分を汲み上げ、それを栄養分と水分にろ過しています。このろ過機能が汗腺の"再吸収"という大切な働き。本来エクリン腺はほとんどの栄養分を血管に戻しているので、汗の成分は99%が水で構成された濃度の低いサラサラ汗。しかし、汗腺機能の低下によりうまく再吸収が行われず、エクリン腺から濃度の高いニオイ汗が発生しているのです」(五味先生)。エクリン腺の機能向上がニオイ汗撃退に重要です。

汗分泌を行う2つの汗腺

におわない汗を分泌 エクリン腺
におう汗を分泌   アポクリン腺

汗をかく仕組み

エクリン腺

機能 全身に分布され、皮膚表面で蒸発しやすい粒子の細かい汗を分泌。体温調節を効果的にできる有効な汗を分泌している。

特徴 原液が腺体(分泌管)で血漿から作られる。この原液は血漿と同じくらいの塩分濃度だが、エクリン腺の導管を通る段階でナトリウム(Na)などのイオン類が導管の   細胞から血漿へ再吸収されて戻る。そのため、ほとんどが水分で構成された、塩分濃度の薄い汗を分泌。

アポクリン腺

機能 ほとんどはわきの下に分布。そのほかは、乳輪、へその周囲、外耳道、外陰部、肛門周辺などに存在し、ニオイの原因となる汗を分泌。

特徴 汗腺が肉眼でも確認できるほど大きく、汗の粒子も大きい。アポクリン腺の分泌液はアポクリン腺細胞の一部が離脱し、水分と栄養分がろ過されることなく、濃度の濃いまま皮膚表面に排出される。そのため、エクリン腺の汗より不透明で粘り気のある汗が分泌される。


Body+ 2010年8月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

ニオわない汗をかく体に変えるテクニック

ニオわない汗とニオう汗がある

Technique 01

汗はそもそも、体温を調節するもの。南の地域生まれとかスポーツを続けていて、汗をかき慣れている人の汗腺は機能が高く、出る汗はサラサラでニオわない。けれど現代は、終日エアコンの効いた中にいるため汗をかく必要も場面も少なく、汗腺の機能が低下・退化している人が多い、と五味先生は話す。「そういう汗腺から出る汗は成分が濃いため、ニオいます。さらに、ワキなど局部からドッと一気に出る。一気に出る汗はニオうんです」。

ニオイを強めてしまう習慣がある

Technique 02

「タバコと過度の飲酒は、ニオイの発生原因となります」と五味先生。「タバコに含まれるホルムアルデヒドは、独特の刺激臭がします。一方飲酒の場合、アルコールが代謝されるとアセトアルデヒドというニオイ物質に変化。それ自体がニオうのに加え、アセトアルデヒドには発汗促進作用もあります。急激な発汗はニオイの元」。また、「ストレスを感じると体内で活性酸素が発生し、皮脂が酸化。この酸化のニオイは加齢臭と同じなんです」。

温かいものを飲む?冷たいものを飲む?

Technique 03

夏、汗をかいたときに冷たいものを飲みたくなるが、「瞬間的に汗をとめるには、冷たいものを飲むといい。ただ、その後すぐ、また汗をかきます。逆に温かいものを飲むと、その直後は汗が出ますが、それで体温が下がるので、実は涼しく感じるんです」(五味先生)。また、汗をかきたくないからと水分を控える人もいるが、「水分を控えても、必要な場合は汗をかきます。それよりも、脱水症状が危険。便秘を招き、体臭が強くなることもあります」。

汗腺を鍛えて、汗かき上級者に

Technique 04

「ニオわない汗をかくためには、汗腺を鍛えて機能を高めることが大切です。一日中エアコンづけにならない、日常的にスポーツをする、シャワーだけで済ませずバスタブにつかるなど、汗をかく習慣をつけること。岩盤浴やヨガで、じんわりと汗をかくのもおすすめ」(五味先生)。機能の高い汗腺から出る汗はサラサラで粒が小さく、蒸発しやすい。だから、汗をかいているように見えない。ニオわず、見た目も涼しげな夏美人になれるかも!?

 

Voce 2010年8月号

 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗・ニオイ・毛にまつわる都市伝説

耳にしたことはあるけど、あの話って本当なの?
という数々のウワサ。専門医の立場から、真実を答えていただいた。

都市伝説1
寝不足が続くと汗がクサくなる?

睡眠不足が続いていると、前夜にきちんとお風呂に入っているにもかかわらず、起きたときになぜか汗クサい気がすることはないだろうか?「人は誰しも寝汗をかきますが、通常はサラサラとした汗でニオうことはありません。でも睡眠時間がきちんと取れないのは、精神がリラックスできていない状態。緊張したままだと頭部や首、胸のあたりを中心に、ねばっこい汗をかきます。そういうかき方をする汗は、ニオうことがあります」(五味先生)。また、精神的に不安を抱えていたり興奮するような夢を見た場合でも、ドッと汗をかいてこれがニオうことがある。

寝汗の質が変わり、ニオイが強くなることも

都市伝説2
ワキのボトックス注射はリスクが高い?

まずは、汗をかくメカニズムから。体が暑いと感じると、脳から「体温を下げろ」という信号が出る。この信号が交感神経に届くと、アセチルコリンという伝達物質が分泌され、発汗を促すという仕組みだ。「ボトックスは、このアセチルコリンの放出を抑制します。しかも、少量で効果的。私の患者さんでも、7割の方が『汗の量が70〜80%減少した』とおっしゃっていますよ」と五味先生。とはいえ、ワキはリンパが集中している場所。影響が心配だが……。「ボトックスは、真皮にある汗腺に注入します。リンパがあるのはもっと奥。場所が違うので、影響することはありません」

ワキのボトックス注射はもっとも安全かつもっとも効果が高い


都市伝説3
生理前や生理中は汗が多かったりニオイが強くなる?

汗腺とホルモンには深い関係がある、と五味先生。「生理が終わってから次の排卵までの期間には、エストロゲンという女性ホルモンが分泌されます。この期間は体温が低いため、比較的、汗をかきません。排卵から生理まではプロゲステロンという女性ホルモンが分泌され、この期間は体温が高く、汗をかきやすくなります。生理前や生理中にニオイが強くなると感じるのは、プロゲステロンのいたずらです」。また、生理中は嗅覚が敏感になることがあるそう。「普段は気にならないニオイがこの時期にだけ気になるのなら、ニオイそのものではなく、嗅覚の変化かもしれません」

女性ホルモンの影響で、体温が変化し、それに伴って汗の量も変化します。



都市伝説4
永久脱毛をするとワキのニオイがきつくなる?

レーザーやIPLで永久脱毛した後、お手入れが楽になったのはいいけれど、ワキ汗のニオイが以前より気になるようになった、という声もちらほら。「ワキ脱毛によって、発汗刺激が起こり、汗の量が増えることもあります。でもそれは一時的な現象にすぎません」(五味先生)。

汗腺の刺激により、一時的に発汗が増えることも

Voce 2010年8月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

気になる汗とにおいの関係

 多量の汗をかくと皮膚の表面に付着しているアカや皮脂、ほこり、フケ、脱落した表皮の角質などが汗と混じり合い、細菌類にとっては繁殖しやすい環境になります。そして、細菌類が増殖することでにおい物質が発生します。このため夏に大汗をかくと汗くさい感じがするのです。

よい汗は99%が水なので、におわない

 また、汗は血液から汗腺にミネラルと水分を取り込みます。ほとんどのミネラル分は再び体に吸収されて、水分と微量な塩分などだけが汗となって皮膚から排出されます。これが本来の汗で、言ってみれば「よい汗」です。サラリとしていて限りなく水に近く(99%が水)蒸発もしやすい汗です。
 ところが汗腺の働きが悪いと再吸収されるはずのミネラルなどが、そのまま汗として排出されてしまうので、ベタベタとして蒸発しにくい「悪い汗」になります。とくにエアコンに頼って暑さや寒さを感じないで過ごしていると汗腺の働きが悪くなるだけでなく、汗腺に老廃物がたまり、汗といっしょに排出されますが、これも悪い汗のひとつです。
 においに深く関係しているのは、この「悪い汗」です。よい汗は水に近いので皮膚本来の弱酸性を保つことができ、皮膚の常在菌の繁殖も抑えることができます。一方、悪い汗は皮膚の表面をアルカリ性にするので皮膚の常在菌が繁殖して、においもきつくなってしまうのです。
「いい汗をかく」ことは健康面からはもちろん、汗からにおいを発生させないためにも大切なことなのです。


Point1 汗をかき慣れる

 汗腺は使わないとすぐに退化し、いい汗が出にくくなります。反対に汗をかき慣れていると汗腺からはいい汗が出るようになります。いい汗はにおいもしないので、汗くささが気になることもありません。本格的な夏になる前からエアコンづけの生活はしない。真夏も外気と部屋の温度差は5℃以内に抑えるようにしましょう。また適度に運動(有酸素運動)をすると、いい汗が出やすい体になります。

Point2 わきの下の汗対策
 
 夏の汗で一番気になる場所はわきの下ではないでしょうか。においも発生しやすいのでとくに気をつけたい場所です。制汗剤をつけたときは、よく乾燥させるとより効果が得られます。汗が出たら、早めにぬれタオルなどでふき取るようにします。衣類にしみ込むと、においや黄ばみの元になるのでわきパッドなども利用すると予防できます。また、シャツのえり汚れを防ぐには着る前にベビーパウダーを軽くはたくのもよいでしょう。

Point3 水分の摂り方

 標準的な体格の人で夏は1日に400〜500mlの汗をかくといわれます。汗は体温調節が必要になって排出されているのですから、汗を気にして水分を控えると熱中症や脱水症状になりかねません。こまめな水分補給がいい汗を出すためには必要です。また、冷たい飲み物を一気に飲むと血行が悪くなり悪い汗になるので注意。ミネラルを補えて炭酸が疲労回復にもひと役買ってくれる、ミネラル炭酸水が夏の水分補給にはおすすめです。

Point4 お風呂でにおい対策

 においの元となる細菌類は酸性が苦手です。杯2〜3杯ほどのお酢をお風呂に入れて入浴すると、皮膚の表面が弱酸性に保たれるので菌の繁殖を抑えることができます。なるべく醸造酢や黒酢などのクエン酸が多く含まれるお酢を使うのがポイントです。開いた汗腺からクエン酸が皮膚に染み込み乳酸の分泌を抑えるので、アンモニアも発生しにくくなって、においを抑えることができます。

Point5 塩・炭で発汗促進

 自然塩をひとつまみ入れたお風呂は体を温めるので、汗腺が開きやすく汗も出やすくなります。汗腺から吸収されたナトリウムイオンが体内の有害物質と結合して、汗と一緒に排出されるのでデトックス効果も高まります。また、備長炭や竹炭をお風呂に入れると遠赤外線効果で岩盤浴に近い発汗効果を得られます。

Point6 手作り制汗剤

 ミョウバンは古くから使われている安心な制汗体臭予防剤です。ペットボトルに1.5lの水を入れてミョウバン50gを加え、よく振って溶かしたらでき上がり。ガーゼにひたしてわきの下など汗が気になる部分をふいたり、スプレーに入れて直接吹きつけます。皮膚が弱酸性に保たれるので細菌の繁殖が抑えられます。

Point7 デオドラント剤を使うときの注意

 市販のデオドラント剤は以下のように大きく分けて5つのタイプがあります。
?汗を抑える
?細菌の繁殖を抑える
?消臭・脱臭
?ほかのにおいでマスキングする
?汗を吸収(ふきとる)
 汗や汗くささのためにデオドラント剤を使用する際は、塩化アルミニウムなどの制汗作用の高いものを選びます。抗菌・殺菌作用の高いデオドラント剤を毎日使って菌を殺してしまうと、さらに強い菌が繁殖することもあるので、抗菌・殺菌作用の高いものはむしろ避けるようにします。

Point8 重曹で体臭と汗じみを予防

 アルカリ性の重曹は酸性傾向の強い皮脂や汗のにおい成分を無臭化します。また、酸性と同様に細菌類はアルカリ傾向が強くなると皮膚で繁殖しにくくなります。重曹の粉を直接においが気になるわきの下や足などに塗布してもいいですし、水に重曹を溶かしてスプレーしても効果があります。重曹は衣類に汗じみや黄ばみができるのも予防するので、衣類に吹きつけておくのもおすすめです。


汗と加齢臭
 
汗腺からも加齢臭が発生する

 年齢とともに皮脂腺のなかでノネナールという脂肪酸が作られるようになり、これが加齢臭の原因物質です。ノネナールの多くは皮脂腺で作られますが、汗として汗腺からも出ています。とくに高齢者や女性は汗腺から出ることが多い傾向にあります。これは腸内年齢と関係していて乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維を摂るように心がけ、腸内年齢を若返らせると、汗から出る加齢臭対策になります。

抗酸化物質を積極的に摂る

 皮脂を酸化させ活性酸素を発生(老化が進む)させない生活は、加齢臭の予防にも効果があります。そのためには抗酸化物質といわれる食品を積極的に摂りましょう。ビタミンC、Eやイソフラボン、カロテン、セサミノール、カテキンなどのポリフェノール類は、抗酸化食品の代表です。また、ストレスを感じると活性酸素が発生するので、上手にストレスとつきあうことも老化防止に役立ちます。



パンプキン 2010年7月号より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗と体のニオイの関係は?

汗をかくとニオイが強くなるの!?そもそもニオイはどうやって出るの?体質は関係あるの?「ワキガ」ってどんな人がなるの?そんなニオイと体のメカニズムの基本から勉強してみましょう。ニオイを味方につけるヒントがきっと見つかるハズ!

○「3つの腺」がニオイをつかさどっていた
いわゆる体臭は皮膚表面からのニオイですが、皮膚や汗そのものに強いニオイはないのだとか。皮脂腺や汗腺から出される分泌物が皮膚表面の細菌に分解されることで、ニオイの原因となります。
「汗腺には2種類あり、エクリン腺は全身に分布している小さな汗腺で、ここから出る汗の成分は99%が水分。
一方、アポクリン腺はわきやおへそ周りなど身体の一部のみに分布し、毛穴と出口を共有する大きな汗腺で、ワキガなどの原因となるニオイ成分の強い汗が出ます。さらに、皮脂腺から油脂成分が出ることでニオイが強くなります」(五味クリニック院長・五味常明先生)
これらニオイの基本をベースに、さまざまな汗の種類を紹介します。


●特にニオイが気になる場所



わきの下
乳首のまわり
へそのまわり
生殖器

アポクリン腺のあるところ
エクリン腺のあるところ

 

○ダイエットにも影響するよい汗・悪い汗とは!?
体温が上がると、血液からミネラルと水分がエクリン腺にとりこまれます。そして体に必要なミネラルは汗腺の導管から体に再吸収され、残りの塩分と水分が汗となって排出されます。ところが汗腺の機能が鈍ると、ミネラルの再吸収が行われず、汗腺からミネラルが排出されドロドロのにおいやすい汗に。
「冷房にあたりすぎたり制汗剤を過剰に使ったりすると汗をかきにくくなり、ドロドロ汗となる原因に。不快な匂いはもちろん、代謝に必要なミネラルも喪失するので、脂肪の燃焼も鈍ることに。」(五味先生)

○ニオイの「快・不快」は濃度の問題
汗腺機能の低下のほか、大気汚染の進んでいる都会に住むとニオイが強くなるなど、汗のニオイは環境にも左右されます。
「しかしニオイ=悪臭と考えないで。便のニオイを薄めていくと、実はジャスミンの香りになります。つまり、薄ければ“香り”、濃ければ“ニオイ”なのです。薄い香りは人に好まれます。つまり不快かどうかは、汗の濃度の問題なのです」(五味先生)
好感度を上げたいなら、ニオイをやみくもに消そうとするのではなく、濃度の薄いサラサラのよい汗がかけるようにすることがヒントのよう!


●よい汗とは
1.サラサラで蒸発しやすい
2.ニオわなくベタつきが少ない
3.気温の変化で汗が出やすい
4.汗がひくのが早い


●悪い汗とは
1.ドロドロで蒸発しにくい
2.なめるとしょっぱい
3.高気温でも汗が出にくい
4.ダラダラと流れる


●ワキガの人の特徴は?
アポクリン腺の数には個人差、人種差があり、実際にワキガと呼べるほどのニオイを発する体質の人は、日本人場合、わずか10〜15%。下着のわき部分に黄色いシミができる、耳あかが湿っている人はワキガ体質の場合もあります。

 

ニオイとモテ度の関係は?

フェロモンが間接的に発汗機能を整える可能性も?

アポクリン腺から分泌されるニオイ物質は本来、異性を惹きつける香りだったといいますがフェロモンと関係あるのでしょうか?「直接的には関係ありません。しかしフェロモンが無意識的に自律神経や分泌系の働きを整え、汗腺機能が整うことはあるかも。またフェロモン香水などの直接的な効果はわかりませんが、“コレをつけたらモテる”という心理的な作用が内面の美しさをサポートするのは確かでしょう」(五味先生)

 

自分の“ニオイ度”をチェックしてみよう!

□汗をなめてみるとかなりしょっぱい
□汗の粒が大きい
□日中冷房の中にいて夏でも汗をかかない
□デオドランドグッズを愛用している
□肉、魚、乳製品をよく食べる
□蚊によく刺される
□ナイロンやきつめの下着をよくつける
□おフロはシャワーのみ
□最近ストレスを感じやすい
□タバコをよく吸う

(診断)
1〜3個の人は
まずまずの体内環境ですが、ひとつでもあてはまる項目があれば要注意。ドロドロ汗の予防を徹底して。

4〜6個の人は
やや強めのニオイを発している可能性は大です。食べ物や衣服選びなど、生活を見直して。

7個以上の人は
汗の質が悪くなっている(濃い汗)の恐れが!今すぐ汗腺機能を高める生活を実行して。

 

FYTTE 2005年10月号

 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

夏の汗対策はこれで安心

汗とにおいの新常識
日本人は体臭が薄いは過去の話。体臭の権威に学ぶ「からだのにおい」のトリビア



いまや女性にとって体のにおい対策は四季を通じた常識といえます。しかも動物性タンパク質を大量に摂取するようになった食生活の変化、衣類や生活様式の変化によって、日本人の体臭は昔の人に比べ、確実に強くなっているのも事実です。そこで今回は五味クリニックの五味常明先生に最も効果的な体のにおい対策について伺ってみました。

○汗とにおいをセットで考えないこと
女性が最も気になるのは腋の下のにおいですが、その原因を知ることがにおい対策の第一歩といえます。「女性は男性より嗅覚が敏感ですが、この能力はホルモンのバランスによって変化してしまい、一定じぁありません。それだけに、敏感なときと鈍感なときの落差が激しく、男性よりにおいを気にしやすいという前提があります。次ににおいの発生ですが、例えば腋の下のにおいは細菌によって汗が分解されて発生します。ですから、においを抑えるなら腋の下の発汗を抑えるのが基本です」(五味先生)
しかし、実際には汗のかき始めはベタつくし、においがきついと思う人も多いようです。「そうなんです。本来、汗自体はそれほどにおいのするものではありませんが、汗をかかない生活をしていると、汗に含まれている血しょうを再吸収する能力が衰えます。そういう人がかいた汗は、においの元となる重炭酸塩とアンモニアを多量に含んでいるんですね」

○こうすれば簡単 自分の体臭チェック
においの元が汗と解れば、利用したいのが制汗剤。しかし、制汗剤はスプレーやスティックといった形状や種類も豊富で何を基準に選べばいいのでしょう。「綿棒で1回外耳道をこすったときに、キャラメルが溶けたような耳垢がつくようなら比較的においが強く、綿棒がただ湿った状態になるだけなら軽度から中度。カサカサならワキガ体質ではありません。それから女性の場合、腋の下のお手入れで肌が敏感になっていますから、ワンブッシュでムラなく、しかも薄く塗布できるタイプ。それをシャワー後など、汗をかく前に使うのが理想です」


週刊女性 2005年8月2日号より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

精神性発汗がにおいのもと

ドロドロ汗の正体

 運動後のさわやかな汗と、においを発するベタベタとした汗。この2つは同じカラダから発散されるのに、どうして違いが出るのでしょうか?「汗の種類は2つあり、エクリン腺とアポクリン腺から出ています。この2つには、においなどに大きな違いがあります。まずエクリン腺は、全身の至る所に分布していて、ここから出る汗の成分は99%以上が水分なので、サラッとしてにおいもほとんどありません。一方、アポクリン腺は、腋の下やおへそまわり、耳の外耳道、乳首の乳輪や性器、肛門まわりなど、体内の一部に分布しており、毛穴と出口を共有している大きな汗腺です。ここから出る汗はにおいを含み、タンパク質、糖分、グルコース、コレステロール、鉄分、アンモニア、また、粘っこい脂性の物質まで含まれ、ワキガの原因にもなります」(五味先生)。
 この2つの汗がサラサラ汗とベタベタ汗の違いなのでしょうか?「エクリン腺から出るサラサラ汗は、本来かくべきよい汗です。このサラサラ汗を出す機能がうまく働いていると、より水分に近い汗になります。水に近いので蒸発しやすく、気化熱による体温調節がうまく働きます。エクリン腺の機能が鈍って、ミネラル分を再吸収せずに水分と一緒に体外へ排出される汗は、ベタベタしていて蒸発しにくく、体温調節機能がうまく働きません。現代人のかく汗のほとんどがこの悪い汗。この汗は、エクリン腺から発されます。アポクリン腺だけがにおいを伴うわけではないのです。肉中心の食事やストレス、運動不足などによって、汗をかく習慣のない人は、悪い汗が出てしまうのです」(五味先生)。
 また女性は、女性ホルモンの分泌が活発になるなど、生理周期によって、皮脂分泌が活発になるため、汗と混ざり合って、生理前ににおいが強くなるということもあります。

全身に分布するエクリン腺と、腋の下やおへそまわりなど、体内の一部に分布されているアポクリン腺。さらにもう1つの腺である皮脂腺から出る皮脂が、汗のにおいを左右します。


生活習慣がにおいに現れる!

におう汗を作る原因とは?

汗腺の働き以外に、毎日の生活習慣がにおいを作り出します。においを発する原因を突き止めてにおわないサラサラ汗になる生活習慣を心がけて。


動物性脂肪の多い食事

汗はもともと血液なので、血液がドロドロでは汗もベトベトになってしまいます。タンパク質の多い食事に偏ったり、バランスの悪い食事では、においのある汗になる可能性も。肉類などの動物性脂肪の多い食事は熱の生産が多いために体温を上昇させ、その温度を下げようとして汗がたくさん出てしまうので、食べ過ぎに注意。

食事制限などのダイエット

無理なダイエットはにおいを発しやすくなります。食事制限をしていると、体内のエネルギー源である炭水化物やタンパク質が不足し、カラダが飢餓状態に。そこでカラダは身を守ろうと、貯蔵していた中性脂肪を燃焼しようとするときに、中性脂肪がにおいを放つ脂肪酸に変化し、汗とともに強いにおいを発します。

常に緊張状態が続くストレス

におう汗をかくのはまじめな人! 手の平や腋などの局部にかく、緊張や驚き、不安な状態から起こる冷や汗は精神性の発汗です。精神性発汗は、自分でコントロールしにくく、緊張や不安状態になればなるほど大量の汗が出てくるのが特徴。この発汗は心の問題でもあるため、まずは「不安」な気持ちをリセットすることが必要。

汗腺の働きが鈍くなる運動不足

運動不足や、年中クーラーのきいた部屋にいると、手足の指先などの血行も悪くなります。酸素が行き渡らず、疲労物質である乳酸が増え、乳酸が汗腺の中でアンモニアを増やし、においを伴う汗でベトベトになります。汗をかく習慣が少ないと、汗腺の働きが弱くなってしまうのも理由。

汗対策に水分を避けている水分不足

なるべく汗をかかないようにしたいがために、日頃から水分を摂らないという人もいます。もちろん、水がすべて汗になるわけではなく、余分な水分は尿としてちゃんと排泄されます。水分を控えてしまうと、血液がドロドロになり、ベトベト汗になりかねません。


においを伴うベタベタ汗の予防&対処法

原因がわかったら、サラサラ汗をかく訓練を始めましょう! 生活習慣を少し変えると内側から発するにおいまで変わるんです!

1.食事や水分摂取でサラサラ汗に導く

食事はなるべくアルカリ性食品を中心にして、緑黄色野菜や海草類を多く摂り、できるだけ多種類の栄養素を取り入れましょう。そして、塩分、糖分、香辛料などは控えめに。水分を摂って、良い汗をかける状態に整えることが大切です。お酒、たばこ、アルコールなどの刺激物も控えめにしましょう。

2.入浴で汗腺トレーニング

熱いお湯で積極的に汗腺を刺激するトレーニングをしましょう。?高温手足浴。浴槽に43〜44度くらいの熱めのお湯を少なめにはって、両手足(腕・膝下まで)を10〜15分くらい温めます。?微温浴。?で入っていた熱めのお湯にぬるいお湯を足して、ぬるま湯に全身つかり、リラックス。高温で高まった交感神経を安定させましょう。お湯に酢を入れると、より効果的です。

3.においの元になる食事を避ける

動物性脂肪の多いタンパク質は、肝臓でエネルギーに変換されるときに、他の栄養素と比べ、約5倍の量の熱を生み出します。この熱が汗の原因になるので、においの元となり得る多汗を防ぐには肉類の摂取を控えましょう。汗腺機能を高める食材は山芋などのムコ多糖類。豆乳とメカブは悪臭を防ぐ効果も。

4.デオドラント剤でベタベタ汗予防

市販のデオドラント剤は、腋など専用の局部に使うことを必ず守りましょう。他の部分に使用すると、汗腺の働きが狂ってしまうことも。汗や体内の働きを乱さずに効果的かつ簡単にできるのが、ミョウバンの粉末で作る手作りデオドラント剤。ミョウバン50gを1.5lの水で薄め、スプレー容器に移せば完成!

5.汗をかいた後はぬれタオルでにおい対策

少量の汗なら、乾いたタオルでふき取ればOK。でも、ワークアウトでたっぷり汗をかき、シャワーを浴びれない……というときのにおい対策には、ぬれタオルが活躍。大量の汗をかいた後は、雑菌が肌に残るので、繁殖を防ぐためにも、かいたばかりのうちにぬれタオルでしっかりふき取りましょう。

自己暗示効果もある!?
汗に悩むならボトックス治療がおすすめ

ボトックス治療は、汗腺の働きを抑制することで、発汗を減少させる治療。注射での治療は6カ月程の効果で、その後は再び汗をかき始めるはずが、多汗症の治療を受けた人の多くが以前より汗が少なくなるという傾向にあります。それは、汗をかかないことに慣れて、「また汗をかくのではないか」と汗を予想する不安が、自信に変わったということです。すべての人に当てはまることではありませんが、こういった自己暗示作用で、心が安心するということも汗を抑える方法なのです。

 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

Q 気になる汗のニオイ、一体どうしたら防げますか?

Q 気になる汗のニオイ、一体どうしたら防げますか?

「汗は本来、無臭のもの。それが皮膚表面の垢などを分解するとニオイが発生するのです。かいたばかりの汗ならニオイがないから、汗はこまめに拭くのがニオイ防止にいちばんです。また、日ごろから汗をかき慣れていない人がかく汗は臭いので、なるべく意識的に汗をかくトレーニングを。例えば膝下とひじ下だけを10〜15分浸して発汗し、エアコンはつけないぐらいでOK。また、強力なデオドラン剤は必要な菌まで殺してしまって、そのために発生した他の菌がニオイのもとになる場合もあるので、使いすぎには注意が必要。衣類用消臭剤なども上手に使い分けて」


anan 2005年6月29日号より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗のにおい解消法

■気になるにおいを抑えよう

 気温や湿度が上がり、汗をかきやすい季節になると、汗のにおいが気になりだしますよね。じつは、汗にはさらっとしてにおいにくい「いい汗」と、べたべたしてにおいやすい「悪い汗」があります。
 汗をかいたときに、皮膚にある汗腺の働きが正常であれば、水分とともに排出されるミネラル成分が体に再吸収され、におわない汗になります。ところが現代人はエアコンの利いた部屋で過ごすことが多いため、汗腺の働きが低下し、ミネラル成分の再吸収がうまく行われていません。そのため、細菌がミネラル成分を栄養にして繁殖し、におう汗となる傾向にあるのです。
 いい汗をかくためには、まず入浴方法を改めましょう。夏だからといってシャワーだけで済ませてしまわず、しっかり湯につかることがたいせつです。
 また、日ごろから農作業や運動で積極的に汗をかき、たまっている老廃物を排出し、汗腺機能を高めていくことも、におい対策につながります。


汗のにおい解消法――

■入浴方法を改善して質のいい汗をかこう

汗腺の働きが低下すると、におう汗になってしまいます。生活習慣を改善することがにおわない汗をかくトレーニングになりますから、まず3週間実践してみましょう。


・酢風呂でいい汗をかこう

浴槽に43〜44℃の熱い湯を1/3程度張り、膝下と肘から先を10〜15分浸して温め、汗腺の機能を高めます。次に水を足して36℃くらいにし、浴槽半分の湯にたいし、酢を150ml程度入れて10〜15分半身浴をします。


・風呂上がりはエアコンに頼らない

風呂から上がり、体をタオルでふいたら、すぐに冷房の効いた部屋などで涼んだりせずに、うちわなどを使って自然に汗がひくのを待ちましょう。こうすることで汗腺が開き、ふだんから汗をかきやすくなります。


・お酢ドリンクを飲んで代謝を活発に

汗をかきやすくするには、体の代謝を円滑にするクエン酸を含む飲み物が最適。風呂上がりにリンゴ酢や黒酢を水やジュースで割ったものや、おろしショウガにハチミツを加えてお湯割りにしたもので水分補給を。



家の光 2010年7月号より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

いつもよりクサイと感じる汗。その原因は何ですか?

Q いつもよりクサイと感じる汗。その原因は何ですか?

A 汗腺は血液から血球を除いた血漿を汗としてくみ出し、血漿の成分のみ血液に再吸収し、残りの水分を汗として出します。多くの血漿成分を再吸収できた「良い汗」は、99%以上が水。さらっとしてニオイもほとんどありません。ところが、食生活やストレス、運動不足等の影響で汗腺の機能が鈍ると血漿成分は十分に再吸収されず、ネバネバして蒸発しにくく、ニオイが強い「悪い汗」になるのです。汗のニオイを抑えるには、食生活などの見直しや有酸素運動、汗腺トレーニングで「良い汗」をかき慣れるのが効果的です。

ノジュール 2010年6月号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

気になる「汗」と「におい」を解決!

◎汗とにおいについて知っておこう!


暑いと汗が出るのはどうして?からだがにおうのはなぜ?知っているようで知らない、私たちの汗やにおいのこと。きちんと対策をするためにも、まずは汗とにおいについて正しく知っておきましょう。


○汗の種類と役割 ― 汗は熱を発散し、体温を下げる
汗は、皮脂にある汗腺(エクリン腺とアポクリン腺)から出る分泌物です。
私たちがふだん“汗をかく”というときはエクリン腺の汗のこと。エクリン腺は全身にあり、暑いときの体温調節をはじめ、緊張したとき、辛いものを食べたときなどに汗を出します。一方、アポクリン腺は、フェロモンのように異性をひきつける役割でしたが、進化の過程で退化し、現代ではわきや性器の周辺に存在するだけです。

・エクリン腺は全身にあり、皮膚表面に直接汗が出ます。アポクリン腺は主にわきの下に多く、汗は毛穴を通って出ます。また、わきの下の毛穴には皮脂腺もあって油脂成分が分泌。

○汗がにおう理由―汗そのものは、におわない
エクリン腺の汗もアポクリン腺の汗も、からだの中では無臭。汗がにおうのは、皮膚表面の細菌に分解・酸化されるためです。エクリン腺から出る汗はほとんど水分のため、においが発生するまでにしばらく時間がかかります。けれども、アポクリン腺の汗は、たんぱく質や脂肪酸などの物質を含み、皮脂腺から出る皮脂と混ざりやすいので、皮脂表面に出るとすぐに強いにおいを発します。

○においやすい場所 ― わきの下、足の裏がにおいやすい
アポクリン腺が最も多いわきの下は、皮脂や雑菌の繁殖も早いため、においやすい場所です。性器周辺にもアポクリン腺がわずかですが存在し、生理などもにおいの原因になります。エクリン腺が多いのが、手のひら、足の裏、ひたい。とくに足の裏は、靴や靴下などでムレるため、雑菌が繁殖しにおいが発生しがち。皮脂腺が多い頭部や、周囲のにおいを吸着しやすい髪にも気をつけてください。

・汗をかきやすいココに注意!
頭−頭の皮膚に皮脂腺が多いので、においが発生しやすい場所です。また、においを吸着しやすい髪は、周囲のにおいもつくので要注意。
わき−アポクリン腺が集中しているうえ、皮脂や雑菌が繁殖しやすく、においが強くなる可能性が。
また−性器にはアポクリン腺がわずかに存在するので、においやすい場所。生理などによるにおいも気になります。
足の裏−エクリン腺が密集し、靴下やストッキング、靴など、蒸れてにおいが発生しやすい条件がそろっています。

one point advice ― ストレスによるにおいに注意
忙しすぎたり、人間関係がつらかったり・・・、こうした過度のストレスを感じつづけると、からだの中の活性酸素が増えてしまいます。活性酸素によって酸化された脂質が、皮脂腺から出る脂肪酸と結びつくと、いやなにおいの原因となりますので気をつけて。

 

◎汗対策と体質改善で、におわないからだに!


体温を調節するなど、人にとって汗をかくことは重要なことです。でも、汗をかいたままでは、においのもとに!汗対策のポイントは、汗をかいたあとのケアと、においにくい体質に改善することです。


解決1 ― 汗をかいたら、すぐふく!
エクリン腺からの汗は、1時間以内にふけばにおい防止になります。というのは、約1時間で雑菌が繁殖し、汗を分解・酸化してにおいが発生するからです。また、汗をかけばかくほど塩分濃度が濃くなり、ネバついてほこりなどがつきやすくなるので、早めにふきましょう。

[汗はすぐふく]
乾いたハンカチで、汗を押さえつけるようにふきます。何度も汗をかいてネバつくようなら、ぬらしたタオルで。

解決2 ― サラサラ汗をかく習慣をつける!
汗も、サラサラとした「いい汗」と、ドロドロとした「悪い汗」があります。運動不足で空調の整った部屋にいることが多い人は、血行が悪くなり、乳酸という疲労物質が大量に生産されます。この乳酸は、においのもとであるアンモニアの分泌を増加するため、においの強いドロドロとした「悪い汗」となるのです。逆に「いい汗」は、スポーツのあとやお風呂上がりにかく、サラサラとした汗です。普段から汗をかく習慣をつければ、水に近いサラサラ汗になります。

[クーラーに頼りすぎない]
クーラーに頼って、夏でも汗をかかない生活を送っていると、どんどん「悪い汗」になっていきます。ときどきはクーラーを切って、自然に汗を出しましょう。

[運動して汗を出す]
普段から運動をして、「いい汗」をかく習慣をつけましょう。積極的に汗を流すことで、汗腺をよく働かせて、ドロドロとした「悪い汗」を減らすことができます。


解決3 ― 吸湿性の高いインナーでサラサラ肌に!
オシャレなブラウスなのに、汗じみやベタつきは気持ちよくありません。しかも、汗をそのままにしては雑菌のエサになり、においのもとに。夏にインナーを着ると、よけいに暑い気がして素肌に直接アウターを着る人が多いですが、インナーをうまく使えばサラサラ感を高め、心地よく過ごすことができます。ポイントは、通気性が高く、汗をよく吸いとって素早く発散させるものを選ぶこと。消臭効果や抗菌作用のあるインナーも開発されているので、夏こそインナーが大切です。

解決4 ― アルカリ性食品でにおいのもとを絶つ!
酸性食品の肉類や添加物の多いインスタント食品ばかりを食べていると、抵抗力が無くなり、においの原因となります。アルカリ性の食品は、それらの食品を中和するので、においのもとを絶つことができます。においに効果があるアルカリ性食品は、梅干しやお酢、海藻類、緑茶などです。なにより、バランスよく食べて健康を保つことが、からだの不調によるにおいを予防することにつながります。

[消臭効果のある食品] 梅干し 緑茶 お酢 海藻類
梅干しやお酢は食品として酸性ですが、からだの中で燃焼するとアルカリ性になります。また、海藻類に多く含まれる食物繊維は、アンモニアなどのにおい成分を体外に排出してくれます。緑茶には、ポリフェノールの一種であるカテキンが含まれていて、口臭予防に効果があります。

[におうもととなる食品] ハンバーガー インスタント食品 肉類
肉類やファストフードなどの脂肪分は体内で酸化して、におい物質を発生します。そのうえアポクリン腺や皮脂腺の発達につながることも。インスタント食品は、食品添加物がにおいのもとになるといわれています。


解決5 ― お風呂で、汗腺機能を回復!
汗腺は汗を出すだけでなく、汗と一緒に分泌されたからだに必要なミネラル成分などを体内に再吸収しています。再吸収がきちんとされていれば、汗はほとんど水分と塩分のサラサラした「いい汗」でにおうことはありません。しかし、汗をかかない生活を送っていると汗腺機能が弱まり、必要な成分が再吸収されずに肌表面に残ります。これがベタつきやにおいの原因に。そこで毎日の入浴で汗腺をトレーニングして、汗腺機能を高めましょう。

1.高温の手足浴で、汗腺を目覚めさせて43℃くらいの熱めのシャワーを、ひじ先とひじ下に10〜15分かけます。バスタブにお湯をはって手足をつけてもOK。5分程度で汗腺が働きはじめ、汗が大量に出てきます。

2.ぬるめのお湯につかり、リラックス。バスタブに36℃くらいのぬるめのお湯をはって、ゆっくりと10〜15分つかり、高まった交感神経をしずめます。半身浴でも全身浴でも好きなほうで。お酢をコップ1杯入れると、さらに汗腺機能回復に効果的。

3.自然に乾かして、働きだした汗腺を休ませない
お風呂から上がったら、出ている汗はタオルでふきとります。あとは、すぐに服を着ないで自然に蒸発させて乾かします。扇風機やエアコンで強制的にからだを冷やしてもいけません。リンゴ酢や黒酢などのお酢のドリンクで水分を補給すると、におい予防にも。

ONE POINT ADVEICE
指を水に長くつけていると白っぽくふやけますが、顔の肌も同じ。顔は角質層が薄いために、白っぽく見えないだけです。水分でふやけた肌は角質層が壊れやすくなっています。また、水分は蒸発するときに、肌の天然保湿成分も一緒に奪っていきます。顔の汗はそのままにせず、すぐにふき取りましょう。ゴシゴシふくと肌を傷めるので、必ず押さえて吸い取って。



◎パーツ別 汗・におい対策


からだの中でも、とくににおいやすい場所があります。
気になるのは、やはり、わき、足、頭。それぞれの対策方法を。

○夏場はとくに気になる「わき」
電車のつり革につかまるときや、ちょっと腕を上げたときなど、とても気になるのが、わきの汗とにおい。6ページでも紹介したように、汗をすぐふき取ることが第一ですが、さらに、におい予防には、わきのお手入れや服にしみこませないことなども大切です。

ワキガ体質チェック
最近、ワキガでは・・・?と悩んでいる人が増えているそうです。自分ではわかりづらいものだけに、まずは簡易チェックをしてみましょう。当てはまるものにチェックをしてください。

□耳あかがネバついて湿っている
□インナーや服のわきが黄ばむ
□わきにかく汗が多く、粘りけがある
□家族にワキガ体質の人がいる
□わきの毛が多い、もしくは太い
□肉類中心の生活をしている

当てはまる項目が多かった人、もしくは「耳あかがネバついて湿っている」にチェックがついた人は、ワキガ体質の可能性が高いです。
3つ以下なら、単なる汗のにおいであることが多いので、きちんと汗対策をすれば大丈夫です。
*ワキガ体質の人はアポクリン腺が活発に働いています。どうしても気になるようなら、ワキガ治療を行っている病院やクリニックでアポクリン腺の検査ができます。


解決1 ― 制汗デオドラント剤で殺菌・消臭!
デオドラント剤には、いろいろなタイプがあります。強いにおいに悩んでいる人は、雑菌が増えないように殺菌効果のあるものを。汗や汗くささをおさえたいだけなら、殺菌効果のないマイルドな制汗剤で充分です。また、使いやすいスプレータイプ、外出先でふき取るのに便利なシートタイプ、皮膚に均一に塗れるロールオンタイプ、皮膚へ密着度の高いジェルタイプ、制汗作用の高いパウダータイプなどもあります。どれも、つけたあと、薬剤を乾燥させることがポイントです。デオドラント剤の使いすぎは、すべての雑菌を殺してしまい、もっと強い雑菌が繁殖してより強いにおいになったり汗腺をふさいでしまうこともあるので、週に2日ほどは使用を休みましょう。

解決2 ― わきの下のお手入れで、雑菌の繁殖を防ぐ!
わきの毛を伸ばしたままだと、アポクリン腺から分泌された汗や皮脂が付着しやすく、雑菌も繁殖しやすくなります。これでは、においが発生する環境を作っていることになり、どんな制汗剤を使っても効果は半減。わきのにおい防止のためにも、ふだんからムダ毛処理をしておきましょう。

解決3 ― わきパッドなどで、洋服に汗をしみこませない!
インナーやアウターなどの衣類に汗がしみこむと、においが発生しやすくなります。わきパッドなどを利用すると、衣類に直接汗がつかないので、においが気にならず快適に過ごせます。6ページで紹介したように吸湿性の高いインナーを着て、アウターまで汗を通さないという方法も効果的。さらに夏場はアウターも、綿や麻などの放熱性や放湿性の高いものが汗とにおい対策におすすめです。

 

○汗をよくかき、靴でむれる「足」
足の裏や足の指のまわりは、からだの中でも最も汗腺が多いので、汗をかきやすい場所です。また、靴を履くために高温多湿になり、細菌が繁殖しやすい環境にあります。ふだんから清潔にしておくことが大切です。

解決1 ― 足は常に清潔にしておく!
足のにおい防止には、なんといっても洗うことです。足の指や爪は、意外と手入れを忘れがち。においの原因となる汗やほこりは、指1本1本ていねいに洗い流しましょう。洗ったあとに湿気が残っていると細菌が発生しやすくなるので、ゆびの間までよくふき取ります。

1.指の間をていねいに洗う
足の指と指の間に、手の指を入れるようにして、石けんなどをよくあわ立てて洗います。1本1本ていねいに。
2.爪ブラシで汚れをとる
足の爪の隙間は、爪ブラシなどを使って汚れを取り除きます。かかとや足の裏、爪のまわりにある余分な角質も落とします。
3.湿気をふきとる
乾いたタオルで、足をよくふきます。指の間にも湿気が残らないように、ていねいにふいて。
4.クリームなどでケア
最後に汗やにおいをおさえる効果のあるクリームやパウダーなどを塗ります。塗ったらきちんと乾かしましょう。

解決2 ― 出かける前にお酢で足浴を!
お酢は足のにおいにも有効。出かける前に、洗面器にお湯を入れてお酢をたらし、足をひたしますす。お酢の殺菌効果で細菌が減り、におい防止に。おすすめは、炭を作るときにできる竹酢液や木酢液です。

解決3 ― 靴をお手入れして防臭!
足のケアをしても靴ににおいがあると足にうつってしまいます。1日にコップ1杯もの汗をかく足にはいている靴は、1日はいただけでかなりの湿気に。脱いだ靴は、消臭剤をスプレーしてから、乾燥剤を入れて陰干をし、よく乾燥させます。できれば、毎日同じ靴を履くのは避けて、2日おきぐらいに履きましょう。吸汗性のあるインソールを靴に入れたり、1日のうちでも履き替えたりするとむれを軽減できます。


○いろいろなにおいがつきやすい「髪」「頭皮」
頭もにおいが気になる部分。頭のにおいの原因には、大きく2種類あります。皮脂腺が多く、においが発生しやすいのが頭皮、周囲のにおいを吸着しやすいのが髪の毛です。

解決1 ― 髪の洗い方に注意!
におうからといって髪をゴシゴシ洗っては、キューティクルを傷つけ、かえってその傷に周囲のにおいが吸着しやすくなります。また、髪の洗いすぎもキューティクルが流れ落ちるので、毎日のシャンプーは避けて、ときどきはお湯で流すだけにしてあげましょう。髪が生乾きの場合は、においがより付着しやすいので、朝に洗髪する場合は、しっかりと髪を乾かしてから出かけるようにしてください。

解決2 ― 洗髪後にミネラルウォーターをスプレー!
髪を洗ったあとで、スプレーボトルに入れたミネラルウォーターをシュッとふりかけます。それからドライヤーなどで乾かして。ミネラルウォーターに含まれるミネラル分が、キューティクルの傷をふさぐ役目を果たし、においの吸着を阻止してくれます。外出前にさっとスプレーするのもにおい予防に効果的です。できるだけカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が多い硬水を選ぶといいでしょう。

 

FELISSIMO 桜なでしこ 2005年4月  より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

記事検索
リンク

加齢臭、その原因と対策
活性酸素の生成を抑える抗酸化食品を摂る等の加齢臭防止の方法をご紹介しています。

体のニオイの悩みに応える体臭ブログ
においをケアして、悩みを解消、もっときれいになろう。

わきがで悩んでいる方のためのブログ
ワキガの原因から、ワキガの悩みを解消するための様々な方法を取り上げています。

健康食品関連リンク

各種ビタミンの健康への効果を紹介した書籍
トマトのリコピンやトコトリエノールなどのビタミン関連の健康食品を紹介したサイトです。ハート出版の健康書籍ふるさと文庫から。

健康によいビタミンの本(ブログ)
アスタキサンチンやリコピンなど健康によい各種のビタミン類を紹介したブログです。

ソムリエのいるイタリアン酒場、何駄感駄
池袋での結婚式の2次会や忘年会など各種宴会、パーティーで人気のお店、何駄感駄(なんだかんだ)公式サイトです。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

since 2009.04.07

プロフィール

医学博士・五味常明
1949年、長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。ワキガ・体臭・多汗治療の現場で実践。 わきがの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。 TVや雑誌でも活躍中。 99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

五味クリニック院長
流通経済大学 客員教授
日本心療外科研究会代表
体臭・多汗研究所所長

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ