多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、汗に悩む方の心のケアを重視した、様々な対策や治療法をご紹介します。

多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)トップ > 汗腺トレーニング

新着情報
  • 寝るためには汗をかけ! 夏の寝汗が睡眠にもたらすスゴイ効果
  • 寝るためには汗をかけ! 夏の寝汗が睡眠にもたらすスゴイ効果
  • 専門医直伝!「汗腺トレーニング」で汗&ニオイ問題を解決
  • この夏「いい汗」かくための処方箋【後編】「手足高温浴」と「半身浴」で汗腺トレーニング
  • あなたの脇汗はサラサラ? ベトベト? 汗腺を鍛えればキレイな汗に
  • “汗っかき体質”を改善する「熱温(あつぬる)汗腺トレーニング」
  • 汗博士に直撃! 汗腺トレーニングでいい汗を
  • 節電の夏に学ぶ「正しい汗」のかき方 暑さ乗り切る智恵の数々
  • お風呂上がりは脳を冷まそう
  • まず2週間の「手足高温浴」を
  • 大汗を防ぐには汗をかくこと!?
  • 汗の量・においを軽くする入浴法 3.入浴後のケア
  • 汗の量・においを軽くする入浴法 2.手足高温浴
  • 汗の量・においを軽くする入浴法 1.半身浴
  • 汗腺の機能を高めて思いきり汗をかく
  • 自宅のお風呂で大量発汗プロジェクト!

汗腺トレーニング

寝るためには汗をかけ! 夏の寝汗が睡眠にもたらすスゴイ効果

寝苦しい夏の夜。「汗の不快感で目が覚めた」「起きたら汗でびっしょりだった」ということもあるのでは? 夏の不快な寝汗を最小限に留めるにはどうしたらよいのでしょうか? 五味クリニック院長で体臭・多汗研究所所長も務める、五味常明先生に伺いました。


季節にかかわらず、人間は寝る間に汗をかく!
五味先生によれば、睡眠時の汗は下記の4種類に分けられるそう。

/夏りばなにかく汗
¬瓦鮓ているときなどにかく汗
I袖い里箸にかく汗
さげ垢覆紐杏瑤陵廾によってかく汗

夏の夜は気温が高いため、他の季節に比べい硫糠性発汗に悩まされます。熱帯夜は200ml〜600ml、多い人は1リットルもの汗をかくことがあるのだとか。い隆世多い場合は、寝室の気温の調整で対応できますが、重要なのは,隆世覆里世噺淕先生。

「寝るためには、脳の温度を下げる必要があります。そのためにかくのが,隆澄これは、快眠には不可欠な汗なのです」(五味先生)

の汗をかかなければ、脳温が高いままでスムーズに入眠できません。例えば、入浴してすぐに寝るつもりでも、脳も含めて身体全体の温度が高い状態なので寝つくのに苦労します。夏はお風呂上がりにすぐエアコンの効いた部屋へ移動する人も多いと思いますが、そうしてしまうと汗腺が閉じて“必要な”汗をかけず、脳温が下がらないために寝つきが悪くなってしまうのだそう。

「脳温が高いまま寝ようとすると、身体が一生懸命温度を下げようとするので、余計にたくさん寝汗をかくことになります。入浴後、1時間ほど時間を置き、うちわや扇風機を使って自然に脳温を下げてから寝ると、,凌牡世肋なくなりますよ」(五味先生)

脳温を下げるには、外から冷やすことも効果的です。冷やしたタオルや保冷剤などを枕にして、入眠時に頭を冷やすと寝つきやすくなるそう。

ちなみに、五味先生いわく、ふかふかなベッドで寝ている人のほうが汗をかきやすいのだそう。

「身体には“半側発汗(はんそくはっかん)”という仕組みがあり、身体の一部が圧迫されていると、その反対側だけ汗をかくようになっています。例えば、背中側が圧迫されているならお腹側、左半身が圧迫されているなら右半身という具合です。蒸発しやすい方に汗をかくようになっているんですね。

しかし、柔らかい寝具だと身体があまり圧迫されないため、身体全体に汗をかいてしまいます。布団と接して蒸発しにくい面にもムダな汗をかいてしまうのです」(五味先生)

この働きを利用して敷布団を固めにし、上掛けは圧迫感がなく汗が蒸発しやすいものにすると、効率的に体温を下げられ、結果的に寝汗の量を抑えられるそう。「汗っかきの人はいわゆる“煎餅布団”のような固めの寝具を使うと、身体が圧迫されてムダな汗が少なくなります」(五味先生)


寝る前には必ず水分補給! 冷蔵庫には麦茶と牛乳を常備
眠っている間の汗が必要だということはわかりましたが、ただ汗をかくばかりでは、脱水症状になってしまう可能性も。だからといって、寝る前に水を飲み過ぎても夜中にトイレで起きてしまいそう…。どうするのが正解なのでしょう?

「まず、寝る前の水分補給は絶対に必要です。量の目安としては、喉の渇きが収まる量にプラス1、2口くらい。夜中にトイレで起きた時も、ひと口水分を補給して下さい。夜中にトイレに行きたくないからといってあまり水分をとらないと、脳梗塞や心筋梗塞につながる可能性もあります。また、朝起きたときもすぐに水分をとるようにしてください」(五味先生)

寝る前の水分はつい量をセーブしてしまいがちですが、脱水症状防止のためには飲んでも大丈夫そうですね。では、どんなものを飲めばいいのでしょうか。

「“汗をかく=スポーツドリンクを飲む”と思っている人が多いですが、それはビショビショになるほど汗をかいた場合の話です。寝る前に飲むなら、カフェインが少なく身体を自然に冷ましてくれる麦茶がよいでしょう。起きた時に飲むなら牛乳がおすすめ。

牛乳に含まれるアルギニンという成分が血管内の水分を増やしてくれるので、脱水対策には非常に効果的なんです。飲むなら牛乳瓶1本分(約200ml)くらいが目安です」(五味先生)朝の1杯はコーヒーという人も多いと思いますが、起き抜けの1杯は牛乳を飲む習慣をつけるとよさそうですね。


汗をかく人、かかない人の違いは◯◯の数!?
では、びっしょりと寝汗をかいてしまう人もいれば、まったくといっていいほどかかない人もいます。この違いは、何が影響しているのでしょうか。

「人間の汗腺は生まれつき約500万ありますが、そのうち実際に働いている“能動汗腺”は約半分の230万ほど。この能動汗腺の数により、汗のかきかたが変わってきます。能動汗腺は子どものころに汗をかくことで増えるのですが、最近は汗をかかせない親が多いため、能動汗腺が少ない子どもが増えてきているんです」(五味先生)

能動汗腺が少ないと、汗をかけないために身体の熱が発散できず、暑さに弱くなってしまうのだとか。部活中に熱中症になってしまう子どもが増えているのも、そうした背景が考えられるとのこと。

汗腺の機能が弱っていたり、汗腺が少ないことで暑さに弱くなると、寝ている間に熱中症になってしまうこともあります。しかし、五味先生は「汗腺の機能が弱っている人は、トレーニングで汗腺を鍛えれば、少しの汗でも体温の調整ができるようになり、汗のニオイも抑えられる」といいます。

教えてもらった汗腺トレーニングの方法はこちら。

●汗腺を鍛える入浴方法
(1)43〜44℃の熱めのお湯を浴槽の1/3から半分くらいためる。
(2)四つん這いになり、両手は肘から手先まで、両脚はひざから下までを10〜15分ほどお湯につけ、手足浴をする。
(3)手足浴が終わったら、ぬるま湯を足して浴槽のお湯を36度ほどにし、今度は普通に10〜15分ほど湯船につかる。

能動汗腺の数が少ない人は、「熱中症体質」とも言えます。こうした人は、体温調節がうまくできないため、エアコンを使わないと熱中症になってしまう危険が。「タイマー機能なども活用して、我慢せずにエアコンを使用するようにしてください」(五味先生)

毎日かいている汗がこんなに重要だったとは! 寝汗をかかないようにするのではなく、汗腺トレーニングなども取り入れて「よい寝汗」をかけるようになることが、気持よく寝るためには必要です。今年の夏は健康的に汗をかいて、ぐっすり眠りましょう!


監修:五味常明(五味クリニック 院長)


https://news.nifty.com/article/item/neta/12124-3741/


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

寝るためには汗をかけ! 夏の寝汗が睡眠にもたらすスゴイ効果

寝苦しい夏の夜。「汗の不快感で目が覚めた」「起きたら汗でびっしょりだった」ということもあるのでは? 夏の不快な寝汗を最小限に留めるにはどうしたらよいのでしょうか? 五味クリニック院長で体臭・多汗研究所所長も務める、五味常明先生に伺いました。

季節にかかわらず、人間は寝る間に汗をかく!

五味先生によれば、睡眠時の汗は下記の4種類に分けられるそう。
 
/夏りばなにかく汗
¬瓦鮓ているときなどにかく汗
I袖い里箸にかく汗
さげ垢覆紐杏瑤陵廾によってかく汗
 
夏の夜は気温が高いため、他の季節に比べい硫糠性発汗に悩まされます。熱帯夜は200ml〜600ml、多い人は1リットルもの汗をかくことがあるのだとか。い隆世多い場合は、寝室の気温の調整で対応できますが、重要なのは,隆世覆里世噺淕先生。
 
「寝るためには、脳の温度を下げる必要があります。そのためにかくのが,隆澄これは、快眠には不可欠な汗なのです」(五味先生)
 
の汗をかかなければ、脳温が高いままでスムーズに入眠できません。例えば、入浴してすぐに寝るつもりでも、脳も含めて身体全体の温度が高い状態なので寝つくのに苦労します。夏はお風呂上がりにすぐエアコンの効いた部屋へ移動する人も多いと思いますが、そうしてしまうと汗腺が閉じて“必要な”汗をかけず、脳温が下がらないために寝つきが悪くなってしまうのだそう。
 
「脳温が高いまま寝ようとすると、身体が一生懸命温度を下げようとするので、余計にたくさん寝汗をかくことになります。入浴後、1時間ほど時間を置き、うちわや扇風機を使って自然に脳温を下げてから寝ると、,凌牡世肋なくなりますよ」(五味先生)
 
脳温を下げるには、外から冷やすことも効果的です。冷やしたタオルや保冷剤などを枕にして、入眠時に頭を冷やすと寝つきやすくなるそう。
 
ちなみに、五味先生いわく、ふかふかなベッドで寝ている人のほうが汗をかきやすいのだそう。
 
「身体には“半側発汗(はんそくはっかん)”という仕組みがあり、身体の一部が圧迫されていると、その反対側だけ汗をかくようになっています。例えば、背中側が圧迫されているならお腹側、左半身が圧迫されているなら右半身という具合です。蒸発しやすい方に汗をかくようになっているんですね。しかし、柔らかい寝具だと身体があまり圧迫されないため、身体全体に汗をかいてしまいます。布団と接して蒸発しにくい面にもムダな汗をかいてしまうのです」(五味先生)
 
この働きを利用して敷布団を固めにし、上掛けは圧迫感がなく汗が蒸発しやすいものにすると、効率的に体温を下げられ、結果的に寝汗の量を抑えられるそう。
 
「汗っかきの人はいわゆる“煎餅布団”のような固めの寝具を使うと、身体が圧迫されてムダな汗が少なくなります」(五味先生)

寝る前には必ず水分補給! 冷蔵庫には麦茶と牛乳を常備

眠っている間の汗が必要だということはわかりましたが、ただ汗をかくばかりでは、脱水症状になってしまう可能性も。だからといって、寝る前に水を飲み過ぎても夜中にトイレで起きてしまいそう…。どうするのが正解なのでしょう?
 
「まず、寝る前の水分補給は絶対に必要です。量の目安としては、喉の渇きが収まる量にプラス1、2口くらい。夜中にトイレで起きた時も、ひと口水分を補給して下さい。夜中にトイレに行きたくないからといってあまり水分をとらないと、脳梗塞や心筋梗塞につながる可能性もあります。また、朝起きたときもすぐに水分をとるようにしてください」(五味先生)
 
寝る前の水分はつい量をセーブしてしまいがちですが、脱水症状防止のためには飲んでも大丈夫そうですね。では、どんなものを飲めばいいのでしょうか。
 
「“汗をかく=スポーツドリンクを飲む”と思っている人が多いですが、それはビショビショになるほど汗をかいた場合の話です。寝る前に飲むなら、カフェインが少なく身体を自然に冷ましてくれる麦茶がよいでしょう。起きた時に飲むなら牛乳がおすすめ。牛乳に含まれるアルギニンという成分が血管内の水分を増やしてくれるので、脱水対策には非常に効果的なんです。飲むなら牛乳瓶1本分(約200ml)くらいが目安です」(五味先生)
 
朝の1杯はコーヒーという人も多いと思いますが、起き抜けの1杯は牛乳を飲む習慣をつけるとよさそうですね。

汗をかく人、かかない人の違いは◯◯の数!?

では、びっしょりと寝汗をかいてしまう人もいれば、まったくといっていいほどかかない人もいます。この違いは、何が影響しているのでしょうか。
 
「人間の汗腺は生まれつき約500万ありますが、そのうち実際に働いている“能動汗腺”は約半分の230万ほど。この能動汗腺の数により、汗のかきかたが変わってきます。能動汗腺は子どものころに汗をかくことで増えるのですが、最近は汗をかかせない親が多いため、能動汗腺が少ない子どもが増えてきているんです」(五味先生)
 
能動汗腺が少ないと、汗をかけないために身体の熱が発散できず、暑さに弱くなってしまうのだとか。部活中に熱中症になってしまう子どもが増えているのも、そうした背景が考えられるとのこと。
 
汗腺の機能が弱っていたり、汗腺が少ないことで暑さに弱くなると、寝ている間に熱中症になってしまうこともあります。しかし、五味先生は「汗腺の機能が弱っている人は、トレーニングで汗腺を鍛えれば、少しの汗でも体温の調整ができるようになり、汗のニオイも抑えられる」といいます。
 
教えてもらった汗腺トレーニングの方法はこちら。
 
●汗腺を鍛える入浴方法
(1)43〜44℃の熱めのお湯を浴槽の1/3から半分くらいためる。
(2)四つん這いになり、両手は肘から手先まで、両脚はひざから下までを10〜15分ほどお湯につけ、手足浴をする。
(3)手足浴が終わったら、ぬるま湯を足して浴槽のお湯を36度ほどにし、今度は普通に10〜15分ほど湯船につかる。
 
能動汗腺の数が少ない人は、「熱中症体質」とも言えます。こうした人は、体温調節がうまくできないため、エアコンを使わないと熱中症になってしまう危険が。
 
「タイマー機能なども活用して、我慢せずにエアコンを使用するようにしてください」(五味先生)
 
毎日かいている汗がこんなに重要だったとは! 寝汗をかかないようにするのではなく、汗腺トレーニングなども取り入れて「よい寝汗」をかけるようになることが、気持よく寝るためには必要です。今年の夏は健康的に汗をかいて、ぐっすり眠りましょう!
 
監修:五味常明(五味クリニック 院長) 


フミナーズ
http://fuminners.jp/newsranking/4206/


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

専門医直伝!「汗腺トレーニング」で汗&ニオイ問題を解決

だんだんと暑くなってきて、汗ばむようになってきました。特に汗っかきさんには、ツラい季節ですよね。汗でメイクは崩れるし、ニオイも気になるし…。そこで、今回は夏が来る前にできる汗対策をご紹介します。

汗腺を鍛えて、汗の量をコントロール

人間は汗をかくことで、体温を調節し、上昇していく熱から身体を守っています。なので、悩ましい汗は、必要不可欠なこと。とはいえ、できるだけ汗の量&ニオイは抑えたいところ…。そこでオススメしたいのが、汗腺トレーニング。汗腺を鍛えることで、少量の発汗でも体温の調節ができるようになるため、汗の量はもちろんニオイも改善できますよ。

汗腺を鍛える!「手足高温浴」のやり方

43〜44℃の熱めのお湯を浴槽に少なめにはる。
四つん這いになり、両手のひじから先と両足のひざから下を10〜15分浸かる。
POINT 

手足高温浴の後は、湯船に水を足して37〜38℃のぬるま湯で半身浴をするとより効果的。

入浴後のクールダウンもお忘れなく!

入浴後にクールダウンをすることで汗腺機能がさらにアップしますよ。正しいクールダウンの方法をマスターしましょう!

入浴後のクールダウン3か条

✔クーラーなどにあたらず、ゆっくり汗をかきながら体温を自然に下げる。
✔タオルで軽くおさえるように身体の汗をふく。肌に湿り気を残す程度が◎。
✔すぐに服を着ず、汗が収まるのを待ってから身体が冷える前に着る。

忙しくて時間がない、暑いし面倒くさい…とお風呂に浸からず毎日シャワーだけになるのはNG。汗腺トレーニングで、気になる汗を解決しましょう。


「レアルタ」より
http://lealta.jp/sweat-glands-training/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

この夏「いい汗」かくための処方箋【後編】「手足高温浴」と「半身浴」で汗腺トレーニング

美肌効果もある「いい汗」


 いい汗にはどういう効果が期待できるのか。五味院長によれば、特に女性にとってはうれしい美肌につながるという。サラサラした汗は蒸発しやすいだけでなく、皮膚表面の角質から吸収されやすいため、保湿作用がある。さらに、汗をかくと皮脂腺の分泌が盛んになり、新鮮な皮脂が汗と一緒になって皮脂膜を形成する。内側から水分が蒸発するのを防ぎ、ウイルスなどの侵入を防いでくれるのだ。さらに、皮脂膜には善玉常在菌である表皮ブドウ球菌がすみ着き、汗から分泌される抗体「免疫グロブリン」と相まって、免疫力を高めてくれるという。

汗腺トレーニングを始めよう

 では、いい汗をかくにはどうすれば良いのか。五味院長が推奨するのが「手足高温浴」と「半身浴」を組み合わせた「汗腺トレーニング」だ。

 手足高温浴とは、浴槽にやや熱い43〜44度のお湯を少なめにはり、両手の肘から先と両足の膝から下だけを10〜15分間浸す入浴法。脳から遠い手足の汗腺は機能が落ちやすく休眠しているものも多いため、積極的に鍛えなくてはならない。腕や足の血液が温められるとその血液が全身に行き渡り、じっくりといい汗をかくことができるという。また、手足以外は空気に触れているため、かいた汗が蒸発して体温を調節する理想的な発汗状態になる。この方法を2〜3週間続けると全身の休眠していた汗腺が活発になり、能動汗腺の数を増やすことができるのだ。


 手足高温浴の後は、湯船に水を加えて37〜38度にし、10〜15分間、みぞおちまでつかる半身浴をするといい。手足高温浴では交感神経が刺激されるが、半身浴では副交感神経が優位になるため、自律神経のバランスが取れるという。

 ただし、70歳以上の高齢者や、高温浴をしても皮膚が赤くなるだけで汗が出ず、時にぴりぴりとした痛みを感じるような人は要注意だ。高齢者は皮膚感覚が弱いため、湯温を42〜43度に設定する。汗が出なくて皮膚が赤くなる人は「熱中症体質」と自覚し、炎天下を歩かない、きちんとエアコンを使うなどの予防が必要だという。

熟睡するために

 良い眠りのためにもいい汗が必要だ。人間は寝入りばなに生理的に汗をかき、体温を下げることで眠りに入る。ところが寝る前に脳の温度が高いままだと普通の生理的発汗より多くの汗をかかなければならず、寝汗が多くなってさらに眠りにくくなってしまう。

 対策として、入浴は寝る1時間前に済ませるのがいいという。また、お風呂から上がった後は扇風機を回したり、うちわであおいだりして、自然に体温を下げていかなくてはならない。すぐにクーラーの利いた部屋に入るのはNG。皮膚血管が冷えて汗腺が閉じてしまい、熱がこもったままになってしまうからだ。

 それでも寝苦しい時は、乾いたタオルを冷蔵庫で冷やし、耳から上あたりの頭に当てたり、枕カバーにして寝たりするといいという。また、硬めの布団で寝るのも効果的。体のある部分を圧迫すると汗が蒸発しにくくなり、代わりに別の部分が汗をかくためだ。あおむけに寝ると背中側が圧迫されて汗が減少する一方、胸側の汗が増える。この汗が蒸発して体温を下げるため、涼しく感じられるという。

「熱中症体質」だと分かったら

 汗腺トレーニングは自分が熱中症体質かどうかを知る判定法にもなる。もし自分が熱中症体質だと分かったら、生活の中でエアコンの設定温度を少しずつ上げていったり、1日20分くらいの散歩など有酸素運動をしたりすることから始めるといい。その際、クーラーの使い方は非常に重要だという。24度以下だと皮膚血管が収縮してしまい、汗がかけなくなって逆に熱がこもってしまう。その状態で外出すればさらに熱が入り、熱中症になりやすくなるためだ。

 まずは25〜26度に設定し、クーラーをかけながら窓やドアなどを2カ所開ける。全開ではなく5〜10センチにする方が、空気が回りやすくなる。空気が対流し汗が蒸発しやすくなるため、自然と涼しくなる。ただ、理想は27〜28度だという。これで暑いと感じる人には換気をしながら扇風機を併用することを勧めている。

 汗腺トレーニングで自分の体質を知り、自分に合った対策でこの夏を乗り切ってほしい。


毎日新聞医療プレミア
http://mainichi.jp/premier/health/entry/index.html?id=20150707med00m010004000c
 

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

あなたの脇汗はサラサラ? ベトベト? 汗腺を鍛えればキレイな汗に

同じ脇汗でも、いい汗と悪い汗があるって知っている? 悪い汗をかくと、汗臭くなったり、体調が悪くなったりすることもあるみたい。ワキガ・体臭・多汗治療を行っている五味クリニック院長の五味常明さんに、いい汗と悪い汗の見分け方を教えてもらった。 

「汗の最大の仕事は体温を下げること。さらに、体内で作られる汗の原液には、血液中の大切な成分が汗と一緒に流れ出ないようにする働きも。いい脇汗とは、こうした汗本来の役目をきちんと果たしてくれる汗のことです」(同) 

汗腺には、汗の原液からカラダに必要な微量成分やミネラルを血管に戻す機能があり、これを“再吸収”と呼ぶそう。この再吸収の機能が十分に働いていれば、汗は濃度が薄くてサラサラに、不十分なら濃度が濃くてベトベトになるとか。 

■いい脇汗3カ条 
1.サラサラですぐ乾く 
いい汗は粒子が細かく、かいてもさっと乾いて、効率よく体温を下げてくれる。悪い汗はその正反対で、大粒でベトベトしていて、なかなか蒸発しないそう。 

2.臭いがほとんどない 
いい汗の成分は限りなく水に近くて無味無臭。悪い汗は、血中のミネラルなども一緒に流し出してしまうため、ニオイがある。 

3.すぐに出て、さっと引く 
暑いときに速やかに出て体温を下げ、役割を終えたらすぐに引くのがいい汗。悪い汗はだらだらといつまでも流れ出るわりに体温調節の役割を果たしておらず、かくと不快感や疲労感が残る。 

「エアコンの発達した環境で暮らす現代人は、汗腺が退化しやすく、いい汗をかけない傾向にあります。そうなると代謝が下がって冷え症になったり、太りやすくなったりすることも分かっています」(同) 

また、汗腺が衰えて汗そのものをほとんどかけない人も増えているとか。こうなると、体温調節ができずに、体内に熱がこもり過ぎてしまう“オーバーヒート”を起こす可能性があるそう。そこで実践したいのが、いい汗をかく汗腺トレーニング。 

「まず、冷房に頼りきった生活を見直しましょう。屋外との気温差は5度以内に。また、夏もシャワーだけですませずに湯船につかり、お風呂から出た後にしっかり汗を出すのも効果的。風呂上りはすぐに扇風機やクーラーに当たったりせず、ウチワであおぐ程度に」(同) 

自分の汗の気化熱で体温を下げるのが重要で、運動して汗をかくことも汗腺を鍛えるいいトレーニングになるそう。ニオイのないサラサラの脇汗をかけるようにがんばって! 


五味常明
医師/五味クリニック院長。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。体臭多汗研究所を設立し、ワキガ・体臭・多汗治療を行っている。著書に『新・もう汗で悩まない』(ハート出版)などがある。 

http://news.ameba.jp/20150626-6/

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

“汗っかき体質”を改善する「熱温(あつぬる)汗腺トレーニング」

いまどきの日本人は汗かきベタになっている

 とにかく汗が多い、脇の汗ジミが恥ずかしい…。そんな悩みは多いですが、汗の治療にくわしい五味常明先生は「多汗な体質というのは、実はないんです。そう思っている人は、汗のかき方が下手な人なんですよ」と指摘します。
「汗とは、体が高温になりすぎないよう、温度調節のために出るもの。蒸発するときの気化熱で、体温を下げます。だから本来の汗は、かいたそばから蒸発する。汗っかきと思っている人は、汗が多いのではなく、蒸発しやすい”いい汗“をかけていないんです。また部分的に多くかく人は、働いていない汗腺が多いのが原因」
 代謝が低下するからこと世代は、こうした”汗かきベタ“が増えるそう。またこんな理由も。
「クーラーと運動不足で汗をかかないから、汗腺が退化している。また、暑い外から冷房の効いた室内にはいると、体は冷たく感じて毛穴を閉じる。でも体内に熱がたまっているので、脳は汗を出せと命令する。これがくり返され、発汗機能がどんどん乱れるんです」
 そんなダメ汗体質を改善するのが「汗腺トレーニング」。これで汗の悩みとさよならしましょう。

「汗かき体質」は汗がうまくかけない体!

ダラ汗をかくのは ネバネバ汗体質
汗は血液のミネラル分を濾過したもので、いい汗は水に近くサラサラしています。ひとつひとつの汗が小さく、すぐに蒸発するので肌に残りません。しかし、血液の成分が残った悪い汗は、大粒でネバネバするので、うまく蒸発せずにたまり、滝のように流れる状態に。

サラサラのいい汗は、発汗してすぐ蒸発。 ベタベタの大粒汗は、蒸発せず肌にたまる。

額など部分大汗は サボリ毛穴体質
人の汗腺は400〜500万ありますが、働いている「能動汗腺」は半分ほど。しかし、それ以上に“サボリ毛穴”が多い人は、体全体で汗をかけないため、額や脇などの働いている毛穴でたくさん汗をかこうとします。部分汗が多い人は、怠けている毛穴が多いのです。

働かない毛穴があると、働いている「能動汗腺」から大量に汗が出る。蒸発しにくく肌に残る。

汗腺トレーニングで「いい汗体質」に

汗ととめる簡単テク
「人に会うのに、汗ボタボタで困っちゃう」そんなときに使える、速攻テクをご紹介。

ミョウバン水で制汗を
古代ローマ時代から制汗剤として使われていたという「ミョウバン」。水300ccにミョウバン10gを溶かし、スプレー容器に。汗の多い部分に吹きつけて。冷蔵庫で1カ月保存可能。効き目がいまひとつなら、少し濃度を上げて。

体を冷やすには首筋から
大きな動脈のあるポイントを冷やすと、効果的に冷たい血液が巡って、汗が引きやすくなります。「首筋」、「脇の下」、「手首」に、冷たいおしぼりや保冷剤をしばらく当てて。


いい汗をかくための汗腺トレーニング

手足を温めて汗腺機能をアップ
手足の汗腺は機能が低下しやすいため、ここを鍛えて、効率的に汗腺の働きをよくするトレーニング。次第に全身に熱が回り、湯に浸かっていない部分から、サラサラのいい汗が出ます。3週間ほど続けると、より汗が出るようになり、さらに続けると、どんどんいい汗体質に。

1 高温の湯で手足浴をする
浴槽に、43〜44℃の熱めの湯を1/3から半分ほどためる。ひじから先と、ひざから下をつけ10〜15分ほど手足浴を。皮膚の弱い人は1〜2℃下げて。手浴と足浴を1日置きに行ってもOK。

2 ぬるい湯でリラックスする
手足浴の後は、温度36℃くらいのぬるい湯にし、リラックスして入浴を。高温浴とぬるま湯浴を行うことで、自律神経のバランスが調い、汗の調整が上手な体になります。

3 クーラーなしで体温を下げる
入浴後は、屋外の風やうちわで汗を蒸発させ、自然に体温を下げて。クーラーや扇風機を使うと自然な体温調整ができず、トレーニングの効果がなくなってしまいます。汗が引いたら衣服を身につけて。




胸を押すと上半身の汗が減る
汗には、体を圧迫している部分は汗が減るという性質が。胸の乳輪の上のあたりを強く押すと、顔や脇、手の汗も止まります。浴衣のひもなどでキツめに締めてもOK。

寝汗対策は硬いマットで
寝汗が気になる人は、敷布団やマットを硬いものに。背中が圧迫されると、上面のお腹側に汗がよく出ます。空気に触れている面は汗が蒸発しやすいので、汗が残りません。

わき汗パッドは時間を決めて
脇に直接貼る「わき汗パッド」は効果的ですが、脇に意識が向くことで、逆に発汗が増えることもあるとか。人と会う間だけなど、短時間に絞って使うほうが効果的です。

「吸水+速乾」の最新ウエアを
汗は蒸発させないと、次々出てきます。衣服は吸水性が高く、かつ速乾性がありムレない素材の服がベスト。両方の機能を備えた最新ウエアだと、汗が気になりにくく。

Column ボトックス注射、岩盤浴やヨガも
いい汗体質には、岩盤浴やヨガも有効。岩盤浴は、遠赤外線とマイナスイオン効果で汗がサラサラに。ヨガも体の巡りをよくして発汗を整えます。また「ボトックス注射」には、汗を抑える働きが。効果は半年ほどですが、そのまま汗が減る人も多いので試してみても。



からだにいいこと 2013年9月号 より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗博士に直撃! 汗腺トレーニングでいい汗を

 無臭の汗がにおい始めるまで、1〜2時間のタイムラグがある。ところが最近、かいたばかりの汗がにおうという人も増えているという。日本を代表する汗博士・五味常明先生(五味クリニック院長)に話を聞いた。
「汗自体にニオイをつくる成分が含まれていると、かきたての汗もにおいます。日頃汗をかかない人は要注意。汗腺の機能が低下すると、血漿の成分(ミネラルなど)が再吸収されないため、濃度の高い汗をかいてしまいます。これには汗臭さを強める重炭酸イオンや、分解されるとアンモニアになる尿素などが含まれているため、汗にニオイが出てしまうんです」。
 クーラーに効いた部屋にいることが多く、夏でも汗をかかない人は汗腺の機能が低下しているかも。「汗腺の機能は、湯船に入ることで回復します」と五味先生は言う。さらに、より効果的なのは下記のトレーニング方法。3週間で効き目が感じられるそう。簡単にできることなので、さっそく実践してみよう。


汗腺トレーニングの手順
ー蠡高温浴 10〜15分
汗腺機能が低下しやすい、体の末端を積極的にトレーニング。43℃の熱めのお湯に、膝下 ? かがみ浸す。皮膚 ? 40℃程に。

微温浴 10〜15分
,療鯀イ砲湯を足して36℃くらいに下げ、そこにコップ半分くらいのお酢を投入。発汗を促しながら交感神経をリラックスさせる。

4世隆チ隋10〜15分
入浴後は汗をふき取り、体をゆっくり休ませながら、りんご酢や黒酢、クエン酸入りやしょうが入りのドリンクを摂ってきちんと水分補給を。


処方箋

Q 手のひらが湿っていて、彼と手をつなぐのすらためらわれるくらい。手術も考えています。(Y・Yさん/25才/会社員)
A そう思っていなくても潜在的に「汗をかくのが不安だな」とあると発汗してしまう。それを見て本当に不安になり、さらに汗をかいてしまうという、精神性発汗の悪循環が原因です。カウンセリングや自律訓練法などでメンタル面からアプローチする方法もありますよ。

Q どうして足はあんなに臭くなるのでしょう?(A・Mさん/24才/保育士)
A 汗をかいても靴を履いているから、蒸れて高温多湿になる。すると菌が、ほか以上に繁殖して分解され、ニオイがひどくなるわけです。角質が多いのも原因のひとつ。足を清潔に保ちながら、通気性のいい靴を履きましょう。

Q わきを脱毛したら汗が増えた気がします。(S・Nさん/22才/大学生)
A 医学的な原因はまだ解明されていませんが、ひとつは、脱毛処理がエクリン腺を一時的に刺激してしまっている可能性。もうひとつは、脱毛という行為で意識がわきに集中し、精神性発汗を促している可能性です。どうしても気になるなら、ボトックス治療を。




ツボ押し制汗
 汗を止めたくて困ったとき、周りの人に知られることなくお手軽に効果を発揮するのがツボ押し。手を握ったときにできる小指の下の出っ張り"後谿(こけい)”や、手首から1僂らい下の"陰郄(いんげき)"をプッシュ。乳首の5僂らい上を強く押すのも効き目あり。舞妓さんが何枚も着物を着ていても汗を抑えられるのは、ここを圧迫しているからだそう。

いにしえの知恵
柿渋とミョウバン
 柿の絞り汁を発酵させてできる柿渋や、自然から採取されるミョウバンは、古くからその殺菌効果が利用されてきた。また、柿渋に含まれるポリフェノールの消臭作用や、ミョウバンの制汗作用にも注目が集まり、様々なものに製品化されている。歴史ある素材を使ったアイテム、一度お試しあれ。



「汗とニオイ」新聞 2013年6月23日 より


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

節電の夏に学ぶ「正しい汗」のかき方 暑さ乗り切る智恵の数々

【五味院長取材記事・番組紹介】
BIGLOBEニュース
節電の夏に学ぶ「正しい汗」のかき方 暑さ乗り切る智恵の数々
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0702/jc_120702_7592528958.html

今年もうんざりするような暑い季節の到来だ。熱中症にも夏バテにも負けず、節電の夏を乗り切りたい。こまめな水分補給や睡眠はもちろんだが、ほかに手頃な対策はないものか。

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

お風呂上がりは脳を冷まそう

婦人公論2011年8月22日号
「お風呂と眠りにひと工夫 全身の汗腺を開けば、汗はさらさらになる」3/5


クーラーのない熱帯夜はぐっしょりと寝汗をかいて、なかなか熟睡できないものです。しかし、寝入りばなの汗は、体温を下げるために必要な「良い汗」。熟睡するために、深部体温を下げて、脳細胞を落ち着かせているのです。


深部体温というのは、皮膚ではなく内臓や脳の温度のこと。サウナに入ったときを思い出してください。最初は、熱を感知した皮膚から体温調節のためにどっと汗が出ます。しばらくすると、今度はさらさらの汗がゆっくり出てきますね。これは体の奥深くに熱が届いて、脳が発汗指令を出したことでかく汗。寝入りばなにかく「良い汗」と同じく、深部体温を下げる汗です。


体温を下げるという意味では、その前に一度、体温を上げてしまうのも効果的でしょう。眠る2時間前ぐらいに入浴で一度体温を上げ、自然にクールダウンすると気持ち良く入眠できるというわけです。


入浴後は汗を自然に蒸発させるのが理想的。クーラーの冷たい風にあたってしまうと冷水につけた茹でたての卵のようになります。すると、体の表面だけは熱が下がり、体温が下がったと勘違いした脳が、深部体温を下げてくれるはずの汗をストックさせてしまうのです。そうなるとなかなか熟睡できません。


また、寝る前に1杯水を飲んでおくと、寝入りばなの汗がスムーズに出て、深部体温が下がりやすくなります。体温を下げるためといっても、冷たいものを飲むと汗が止まってしまって逆効果。常温の水を飲んでください。


熱は寝汗による脱水で血液がドロドロになりやすく、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。予防のためにも、寝る前にしっかり水分補給しておきましょう。


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

まず2週間の「手足高温浴」を

婦人公論2011年8月22日号
「お風呂と眠りにひと工夫 全身の汗腺を開けば、汗はさらさらになる」2/5


休眠汗腺を目覚めさせるトレーニングとして最も効果が高いのが「手足高温浴」です。バスタブの中に椅子を入れ、43〜44℃の熱めの湯を少なめに張り、ひざから下とひじから先を10〜15分かけて集中的に温めます。5分ぐらいたつと全身から大量の汗が噴き出してくるはず。


手足高温浴の後は湯に水を足してぬるめにし、半身浴を。これを2週間ほど続けると休眠汗腺が活動を再開し、小粒で蒸発しやすい汗がかけるようになります。汗をたっぷりかきますから、入浴前と後にしっかり水分補給をしましょう。


また休眠汗腺トレーニングには、ウォーキングなどの有酸素運動で日常的に汗をかくのも有効です。運動をはじめた当初はダラダラ汗をたくさんかくでしょうが、次第に体が順応してきて粒の細かい汗がかけるようになり、運動中もそれほど汗が気にならなくなるはずです。お風呂にしても運動にしても、「今は汗をかいて大丈夫」という時間を習慣づけることが、トレーニングを続けるコツでしょう。


より効率よく本格的にトレーニングに取り組みたいのであれば、飲む水をかえることをお勧めします。具体的には、入浴や運動の前は飲みやすい軟水で水分補給、汗をかいている最中は、ミネラルが汗と一緒に失われているので硬水を飲むこと。それから、意外なように思われるかもしれませんが、汗をたくさんかくような運動をした後は、炭酸水を飲みましょう。炭酸は、体の中にたまった乳酸を中和してくれるので、疲れが取れやすくなるのです。


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

大汗を防ぐには汗をかくこと!?

婦人公論2011年8月22日号
「お風呂と眠りにひと工夫 全身の汗腺を開けば、汗はさらさらになる」1/5


立秋とはなばかりで、まだまだ残暑が続きそうなうえ、今年は節電でクーラーも積極的に使えません。「できるだけ暑くならないように」「できるだけ汗をかかないように」と努力している人が多いのではないでしょうか。

しかし、汗をかくことは体内にまったく余分な熱を外に逃がすために必要不可欠な生理現象。上手に汗をかくコツさえつかめば、熱中症を防ぐのはもちろん、残暑も快適に過ごせ、また秋になっても体調を崩すことはありません。

ポイントは、体に備わっているのに使われていない「休眠汗腺」を目覚めさせ、フルに活動させること。汗にはエクリン腺から出るものと、アポクリン腺から出るものがありますが、アポクリン腺はわきの下に集中しており、一般に「汗をかく」というときはエクリン腺から出る汗のことを指します。エクリン腺は全身に200万〜500万個ありますが、冷暖房に慣れた現代人の場合、活動しているのは、その半数程度だと考えられています。

働いている汗腺が多いのは首から上です。これは脳を最適温度の37℃に保つために、汗と一緒に熱を逃がす必要があるからです。逆に休眠しがちなのは、脳から遠いひじから先、ひざより下など手足の汗腺です。この休眠汗腺を目覚めさせ、全身からまんべんなく汗がかけるようになれば、首から上に汗が集中することもなく、顔や頭からのダラダラ汗を抑えることができます。

人前で滝のような汗をかいて恥ずかしいという人の中には「汗腺をもっと働かせるなんて、とんでもない!」とおっしゃる方もいますが、逆なんですね。そもそも、働いている汗腺が少ないから、滝のように汗がダラダラと流れるのです。眠っている汗腺が多いと、活動中の汗腺に大量の汗が集中してしまいます。大粒の汗は蒸発しにくく、体温を下げる効果も低い。理想的なのは霧のような小粒の汗で、肌がしっとりと濡れたような状態です。こういう状態の汗は体から気化熱を奪って蒸発するので、効率よく体をクールダウンすることができます。

霧のような汗をかくためには休眠中の汗腺を叩き起こし、フル稼働させ、汗腺1つあたりの汗の分泌量を少なくする必要があるのです。



多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗の量・においを軽くする入浴法 3.入浴後のケア

入浴後は水分を十分タオルでふき、自然の風やうちわなどで汗を蒸発させ、寒くない程度にゆっくりと体温を下げるようにします。首筋や腋の下をうちわであおぐと、効果的に体温が下がります。衣服は汗が引いてから身につけてください。暑いからといってクーラーや扇風機を使っては、汗腺トレーニングが水の泡です。皮膚の温度センサーが涼しくなったと勘違いして、すぐに汗腺を閉じてしまいます。汗は引きますが、脳の温度は高いままなので、眠ったときに極端な汗をかくことになります。



五味常明・読売新聞大手小町編集部 著
『汗っかきを治す72のワザ+α』(保健同人社)より


汗っかきを治す72のワザ+α





多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗の量・においを軽くする入浴法 2.手足高温浴

熱帯地方に住んでいる人はあまり汗をかきません。長年暑いところで生活していると、基礎代謝が比較的低くなり、熱の産生も少なくなります。さらに皮膚温が上がり、熱の放出が盛んになるため、たくさんの汗をかく必要が少なくなるからです。しかも、暑い所で生活していると自然に汗腺が訓練されて、少量の発汗でも体温の調節ができるように汗腺機能が高まるのです。これを「長期暑熱順化」といいます。

実は、これを日本の夏の汗対策に応用できるのです。夏本番になる前から汗腺の機能訓練、すなわち「短期暑熱順化」をするのです。

具体的には、43〜44度の熱めのお湯を浴槽に少なめに張り、両手のひじから先と、両足のひざから下を浸します。5分くらいで大量の汗が出てきますが、10〜15分ほど浸しておいてください。手や足だけ浸すのは、汗腺の予備力が一番多いところですので、機能を高めるには最も効果的なのです。この手足高温浴の後は、湯船に水をたして半身浴で微温浴をします。2つの入浴を続けて行うのは、自律神経のバランスを取るためです。手足高温浴では交感神経が刺激され、一方微温浴では高ぶった交感神経を鎮め、副交感神経が優位になります。


五味常明・読売新聞大手小町編集部 著
『汗っかきを治す72のワザ+α』(保健同人社)より


汗っかきを治す72のワザ+α




多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗の量・においを軽くする入浴法 1.半身浴

全身浴と半身浴を比較すると、汗腺のトレーニングとしては半身浴がおすすめです。汗の役割は、皮膚の上で蒸発するときの気化熱で体温を下げることです。ですから、ただ汗が出るだけでは汗をかく意味がありません。お湯に入り体が温まると汗は出ますが、全身浴では体がほとんどお湯で浸されているため、出た汗は蒸発できず体温を調節しないムダな汗が出るだけです。しかも、周囲のお湯が静水圧として、心臓を圧迫して血圧が上昇します。全身浴で急に湯船から出たときにふらふらとめまいがするのは、深部体温と血圧が急激に上昇しているからです。

一方、半身浴は胸から上の半身から汗が蒸発するため、体温を調節しながら汗をかくことができます。汗腺の本来の働きが保たれる入浴方法ですので、汗腺トレーニングに適しているのです。

入浴方法は、37〜38度のぬるま湯にみぞおちまで入ります。足首を上下に動かしたり、足を上から下にマッサージしたりすると、体の芯まで温まり、発汗効果がより期待できます。


五味常明・読売新聞大手小町編集部 著
『汗っかきを治す72のワザ+α』(保健同人社)より


汗っかきを治す72のワザ+α


続きを読む

多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗腺の機能を高めて思いきり汗をかく

pumpkin 2010年7月号


「汗をかくということは汗腺を使うということです」

汗博士として知られる五味常明さん。どこにでもエアコンが完備されている生活で、現代人はますます汗腺を使わなくなっています。筋肉と同じで、使わないと機能は低下して、ベタベタした不快な汗が出るようになるのです。

汗をかかないと脳の機能が低下する
そもそもなぜ人間は汗をかくのでしょう?
人間は脳を発達させてきた生き物ですが、さまざまな中枢機能が集中する脳が正常に働くために、体温は37℃ほどに保つ必要があります。それ以上あがると脳の機能は低下してしまうからです。つねに体温を一定に保つために体から水分を蒸発させて調節しているわけですが、その大切な役割を担っているのが汗なのです。
ところが汗腺を使わなくなった現代人は能動汗腺(機能している汗腺)の働きが衰えているので「いい汗」が出にくくなっています。
 汗腺の機能がよくないと「悪い汗」に傾いていく――。ベタベタして気持ちが悪いのはこのせいでもあります。

低体温になり、免疫力が低下。疲れやだるさを引き起こす
「汗腺の数は3歳から5歳くらいで決まってきますが、子供のころからエアコンづけになった生活では、汗腺がきちんとできあがりません。汗をかくのはエネルギー代謝によって発生した体の熱を冷却するためですが、汗腺が働かずうまく冷却できないとどうなるか――。体は脳にダメージを与えないように代謝を落として熱をつくらないようになります。つまり低代謝。そして低体温になります。低体温になると、免疫力が低下して疲れやすくなり、感染症などにかかりやすくなってしまうばかりか、自律神経やホルモンのバランスも乱れるので、うつ状態やキレるといった症状にもつながると考えられています。汗をかかないということは、とても危険なことなんです」

ストレス汗は、活性酸素も影響。汗は知れば知るほど大切な存在
汗腺が働いていてもストレスがあると活性酸素が発生して皮脂が酸化しやすくなり、汗といっしょになることでにおいを発します。それだけでなく、手足やわきなどに汗をかく精神性発汗にもなりやすくなります。こんなときは、なるべく汗を止めようと意識しないで、ほかのことに意識を向けることが大切。
「汗は出るだけでなく蒸発して初めて"汗をかいた"と言える状態になります。蒸発させるためにはあまりふき過ぎず、少し湿り気を残す程度に押さえた方が、汗が止まりやすくなります」

体を動かすことが夏バテ、熱中症予防にもなる
汗は、どんどんかいて汗腺を働かせるとともに、いい汗は体温をきちんと調節してくれます。逆に悪い汗は体温調節できないだけでなく、大切な体の成分も体外へ排出してしまいます。いい汗をかけるようになると汗の量は少なくなります。
 逆に夏バテや熱中症は、体液の成分が出てしまう悪い汗を無駄にかいていることが原因のひとつです。
本格的な夏になる前からエアコンに頼りきったりせず、自然に暑さに慣らして汗腺をウォーミングアップするとともに、生活のちょっとした工夫で積極的に汗腺を鍛えておきましょう。


6月ごろからわずか2週間で鍛えられます!
いい汗をかくための汗腺トレーニング

一気に出るより、じっくりかいたほうが"いい汗"
運動すると汗が出て、汗腺はよく働くようになります。そのためにおすすめの運動は、まず歩く(大またで早歩きする)こと。運動した後の汗がサラサラしていて体がスッキリするのは、汗腺が働いている証拠です。

汗のふき方は表面に湿り気が残る程度に
汗を強くふいてしまうと表皮は乾いているので汗は蒸発しません。結果として体温が下がらないことに……。汗は表面に湿り気が残る程度にやさしく押さえるようにふきます。気化熱が体の熱をうばって涼しくしてくれます。

いい汗 蒸発しやすく体温調節できる汗
限りなく水に近く、サラリとしている。
においがない。
味がしない。目に入っても痛くない。
汗をかいた後、スッキリ爽快になる。

悪い汗 蒸発しにくい汗
ネバネバしている(老廃物が含まれているため)。
汗の粒が大きくダラダラ流れる。
汗くさい。
しょっぱい、すっぱい。
汗をかいた後、疲労感がある。


発汗を促進する食材ショウガ、葛粉でいい汗を出す。
ショウガは漢方薬でも発汗解熱剤として使われるように、発汗効果の高い食材です。料理だけでなく紅茶に入れたりして手軽に摂れます。葛粉にも発汗作用があります。唐辛子やカレー粉は発汗作用がありますが、体を冷やすので、冬に冷え性の人が食べ過ぎると体を冷やしてしまいます。

におい対策にはぬらしたハンカチで
汗のにおいが気になるときは、ぬらしたタオルやハンカチでたたくように汗をふきます。におい成分は水溶性なので、乾いたハンカチより効果があります。

出かける5分前はエアコンをオフして温度に慣らす
冷えた部屋からいきなり外へ出ると一気に汗が出ますが、これは悪い汗。外出するときは、早めにエアコンを切っておき、なるべく玄関など外気と温度差が少ない場所で5分ほど汗腺を慣らし、それから外に出ます。外から部屋に入るときも同じようにします。

半身浴で体温を調整する
全身浴では肌がお湯につかっているので汗が出たとしても蒸発しないため体温が下がらず、入浴後はボーッとしてしまいます。汗は蒸発するときに体温が下がるので、入浴は半身浴がおすすめです。

お風呂上がりエアコンで体を冷やすのは逆効果
お風呂上がりに、いきなりエアコンのきいた部屋で体の表面を冷やすと、汗は止まります。皮膚にあるセンサーが汗を止めるように指示するからですが、これでは熱がこもったままになってしまいます。体温が下がらないと寝つきが悪くなるので、夏の寝苦しさは倍増。お風呂上がりは自然の風やうちわで汗を蒸発させ、体温を下げるようにします。

体に密着しないファッションで
肌と衣類のあいだに空気の層を作ると汗は蒸発しやすくなります。また衣類は通気性、吸湿性、速乾性がよい素材を選びます。絹や綿、最近人気の機能性素材がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

自宅のお風呂で大量発汗プロジェクト!

汗腺を鍛えて汗かき上手になろう。

汗には、いい汗と悪い汗があるのを知ってました?バスタイムで汗腺を鍛え、「いい汗」をかく体質をつくりましょう。

○2週間のトレーニングで、 あなたの汗腺が活性化する。

暑い日中、取引先に向かう途中小走りしたとき、タラリと頬を伝う汗。少し走っただけで汗が流れるなんて代謝がいい証拠!と、汗を拭う。ここでちょっと汗を分析。霧吹きで吹いたような細かい汗なら問題ないけれど、ダラダラ流れているようなら要注意。その汗、顔だけにしか流れない、ベトッとした汗ではありませんか?実はその汗、NGなんです。
「前者の細かい粒は、肌の上ですぐ乾く汗。ミネラルなど、体の貴重な成分が汗に含まれていないために水に近いサラサラした状態です。一方、後者はネバネバで乾きにくく、体の貴重な成分も体外に出してしまう悪い汗。たくさん出ていても、体温調節があまり利かない。汗はかく量ばかりでなく、質が大切なのです」
と、五味常明先生。現代人の多くは、顔や腋など、部分的に汗をかく場合が多いともいう。「環境問題が原因です。どこに行っても冷房が強く、人間が体温を調節しなくてもいいようになっています。そうすると、汗腺は退化して働かなくなる。汗腺には本来、濾過機能があり、血液から流れ出た不要物質を排出し、大切なミネラルは再び血液中に再吸収させる働きがあります。それが働かなくなると汗はネバネバになります」
暑いからと冷房を強くして機械に頼った快適空間に甘んじていると汗腺は鈍るばかり。では、どうすれば汗腺は復活するの?「普段の生活で汗をかくことを日常化させてください。まず室温と外気温の差は5度以下にすること。有酸素運動を適度に取り入れる習慣も大切です。そして、手軽にできて効果的なのがお風呂の中で行う汗腺トレーニング。温熱刺激を与えて退化した汗腺機能を覚醒させ、能動汗腺を増やすことができます。目標は、部分ではなく、全身から汗がかけるようになること。そして、ミネラルなどの成分が放出されていないサラサラの汗を出すことです。ダラダラ汗は失うものが多く、蒸発もしづらい。一方、サラサラ汗は蒸発しやすく、最小限の発汗で体温の上昇が抑制できる。いわば、効率のよい汗というわけです」
さっそく、左のイラストを参考に汗腺トレーニングを開始。五味先生によれば2週間程度で汗腺は確実に目覚めていく。

 

汗をかきやすくする汗腺トレーニング法

[高温手足浴]
浴槽に43〜44度の熱いお湯を少なめに張り、ひざ下とひじから先を10〜15分ほど浸ける。浅い浴槽ならイスを使って前屈みの姿勢をとっても。つらいようなら、手足、別々の温浴を各10〜15分ずつ行っても大丈夫。

[微温浴]
前の熱めの湯にぬるい湯を足して、36度くらいのぬるめの湯をつくる。全身浸かり、リラックスして、高温で高まった交感神経を安定させる。このとき、浴槽に発汗を促すバスソルトや酢を加えるといい。

[汗の乾燥]
風呂から上がったら、汗を拭き取り汗がひくまで休養する。このとき、すぐに服を着ないで、そのままで汗を乾燥させる。リンゴ酢や黒酢ドリンクで水分補給をすると、クエン酸の効果でより代謝が高まる。

 

汗腺が目覚めたら、半身浴でサラサラ汗をキープしよう。

さて、2週間の汗腺トレーニングで退化した汗腺が復活したら、ここからが本当の勝負。せっかくネバネバ汗とサヨナラしたのだから、手に入れたサラサラ汗をずっとキープしようではないか。ということで、どうやったらキープできるのか、五味先生に聞いた。
「すでに汗腺は目覚めたので、さらにトレーニングを行う必要はありません。これからは半身浴を日課にしましょう。半身浴はぬるめのお湯でも大丈夫ですが、40度くらいがベストです。そこにマイナスイオンを出すといわれている炭を布の袋に入れて浴槽に入れたり、粗塩などの天然塩などを入れるといい。炭や塩は体を深部から温めるので発汗を促すことはもちろん、浸透圧が高まり、汗腺の出口がふやけて狭くなったところに働きかけて汗を出やすくするといった利点があります。また、毛穴の汚れが取れるので、新鮮な皮脂も分泌される。それと汗が混じり合っていい汗をつくるのです。いい汗をかけば、風呂上がりの汗がローションと同じ役目を果たし、肌を保護してくれるんですよ。また体の深部まで温めるという意味では、入浴剤も効果的です。半身浴の時間は細かい汗が出るまで。目安は15〜20分位です。途中、熱くてボーッとしてきたらお風呂の中にうちわなどを持ち込んで、額に風を送って脳の温度を下げるようにします。半身浴がすんだら、全身浴を10分ほど行います。お風呂から上がったら、トレーニングのときと同じようにお酢を水で薄めたドリンクやショウガのドリンクを飲みながら休息をとるといいでしょう」
さらに―。いい汗はデトックスにつながり、そして、その効果は悪い汗の何倍も、と五味先生はいいきる。
「いい汗をかきなれた汗腺は腎臓のような“排泄機能”を持っています。腎臓がカラダに必要なミネラルを残し不要な老廃物を尿で排泄するように、汗の場合は体内に溜まった水銀や鉛、カドミウムなどの有害金属を排出するんです」
あなたの汗はどうだろうか?目指すは“サラサラ汗”なのだ。

 

汗腺を鍛えたら、半身浴を習慣に。

[半身浴]
浴槽に胸の下程度までにくるように湯を張る。温度は39〜40度程度。心臓や肺への負担が軽いので長く入っていられるため、リラックス効果もある。入浴時間は個人差があるので、下のイラストを参考にして。

[入浴時間の目安]
手や肩に細かい汗がぎっしりとつくくらいまで。大きな粒が顔からダラダラ流れるだけではトレーニング不足かも。

 


Hanako 2005年8月31日号


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

記事検索
リンク

加齢臭、その原因と対策
活性酸素の生成を抑える抗酸化食品を摂る等の加齢臭防止の方法をご紹介しています。

体のニオイの悩みに応える体臭ブログ
においをケアして、悩みを解消、もっときれいになろう。

わきがで悩んでいる方のためのブログ
ワキガの原因から、ワキガの悩みを解消するための様々な方法を取り上げています。

健康食品関連リンク

各種ビタミンの健康への効果を紹介した書籍
トマトのリコピンやトコトリエノールなどのビタミン関連の健康食品を紹介したサイトです。ハート出版の健康書籍ふるさと文庫から。

健康によいビタミンの本(ブログ)
アスタキサンチンやリコピンなど健康によい各種のビタミン類を紹介したブログです。

ソムリエのいるイタリアン酒場、何駄感駄
池袋での結婚式の2次会や忘年会など各種宴会、パーティーで人気のお店、何駄感駄(なんだかんだ)公式サイトです。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

since 2009.04.07

プロフィール

医学博士・五味常明
1949年、長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。ワキガ・体臭・多汗治療の現場で実践。 わきがの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。 TVや雑誌でも活躍中。 99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

五味クリニック院長
流通経済大学 客員教授
日本心療外科研究会代表
体臭・多汗研究所所長

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ