多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、汗に悩む方の心のケアを重視した、様々な対策や治療法をご紹介します。

多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)トップ > 寝汗

新着情報
  • 寝汗はかく方が良い?かかない方が良い?
  • 「熟睡のためには寝汗をかくのが大切」と専門家
  • 堅い布団で「半側発汗」いやな寝汗を防ぐ
  • 寝汗―頭部や首、腰などに粘っこい汗をかいていたら要注意

寝汗

寝汗はかく方が良い?かかない方が良い?

起きた時にTシャツやベッドが寝汗でグッショリ、なんて経験も多くなるはず。
運動もしてないのに、寝ているだけでかいてしまう「寝汗」。なぜ私たちは寝汗をかくのでしょうか?

五味クリニック院長で体臭・多汗研究所所長の五味常明先生にお尋ねしました。

寝汗をかく理由とは?

通常、私たちは寝ている間に、コップ1杯程度は寝汗をかいているんだそうです。
寝ているだけで、なぜそんなにも汗をかくのでしょうか。

答えは体温調節のため。
人間は恒温動物なので、体温を一定にしなければ生きていけません。通常私たちは体温が上がると、汗をかくことで体温を下げています。それは寝ている時も同じ同じなのです。寝汗は私たちが生きていく上で必要不可欠なものなのですね。

寝汗をかけば身体の水分が減ります。これから心配な熱中症対策のため、寝る前の水分補給が大切です。

五味先生のアドバイスとして、寝る前に行う水分補給は、水などを一杯飲んで喉がもう潤ったと思っても、プラスアルファ、もうひと口多く飲んだ方が良いそうです。

こんな人が寝汗をかきやすい

ところで同じ部屋で寝ていても、寝汗をかく人とあまりかかない人がいます。
例えば、自分は全然かかないのに、同じ場所で寝ていた他の人はすごく寝汗をかいている…

この違い、ひとつは汗腺の数によって生まれるそうです。汗をかく「能動汗腺」の数は人によって異なるそうです。
さらに、人によって代謝の量も違います。代謝の多い人は熱を作りやすいので汗をかきやすくなるわけです。
この組み合わせによって、人の寝汗のかきやすさは変わってくるのだそうです。

寝汗をかかない人は要注意!

逆に能動汗腺が少なかったり、代謝が少ない人は、体温調整が上手くできずに熱が体内にこもってしまいます。
その結果、熱中症を引き起こしてしまいます。

つまりは能動汗腺が多く、代謝が良く、寝汗をかく人が健康的と言えます。
ちなみに能動汗腺を増やすためには日々の運動が大切なんだそうです。汗をかく習慣をつけましょう。

ただし、寝汗をちゃんと掻いている人も、水分補給をしないと同じく熱中症になってしまいますので気をつけましょう。

こんな理由で寝汗をかいている人も…

一方、嫌な夢から目が覚めたらシーツが寝汗でグッショリ…という経験をしたことはありませんか?

これは「精神性発汗」というものだそうで、起きている時の冷や汗と同じ現象なんです。
この精神性発汗はストレスが原因で起こるため、健康的な寝汗ではなくあまり良くない寝汗です。
思い当たる人はまずはストレスを解消し、気分をリフレッシュしてみましょう。

https://radichubu.jp/life/5705


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

「熟睡のためには寝汗をかくのが大切」と専門家

「女性自身」

「汗をかきにくいことと不眠には密接な関係があります。人の体温は日内変動といって昼に体温が上がり、夜下がるリズムを保ちながら健康を維持しています。そして夜、体温が下がることで基礎代謝が落ち、『プチ冬眠』のようになり熟睡できるのです」


こう語るのは、医学博士で流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授、五味クリニック院長の五味常明先生。このとき重要なのは脳の温度が下がっていること。そのため、寝入りばなに生理的な寝汗をかいて体温を下げることが重要だという。


「体温が高いまま寝ると、基礎代謝が下がらずにプチ冬眠域に入れず、眠れなくなるわけです。また、入浴でかいた汗は、エアコンで皮膚温度を下げてしまうとせっかくのいい汗が止まってしまいます。その状態で十分に脳温が下がらないままでいると、寝つきが悪くなってしまうのです」


夏の入浴後に行ってほしいのは……



〈1〉タオルでやさしく汗をふく


〈2〉ほてりがある場合は扇風機を下向きにして活用


〈3〉湯上がりはリンゴ酢や黒酢のドリンクを飲み発汗を促す


〈4〉さらに、ショウガドリンクなどで水分補給を行う



就寝時は起きているとき以上に体温を下げるための生理的な汗をかく。夏は寝汗による脱水から熱中症になりやすく、それが原因で脳梗塞にもなりかねないという。



「予防には寝る前に水分補給するほか、エアコンもうまく活用しましょう。また、夏の寝具は硬めの敷布団がいい。それは布団と接している皮膚の蒸発しない汗が抑えられ、接していない蒸発する側の汗が増えることで体温が下がり、熟睡できるからです」



夏こそ、いい睡眠を!

 


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

堅い布団で「半側発汗」いやな寝汗を防ぐ

婦人公論2011年8月22日号
「お風呂と眠りにひと工夫 全身の汗腺を開けば、汗はさらさらになる」4/5


また、「眠っている間にかく汗が不快」という人は、堅めの深部で寝るのがお勧めです。人間の体には「半側発汗」という反射機能があり、体の片側を圧迫すると圧迫された側の汗が出にくくなり、反対側は汗が出やすくなります。


堅い布団で寝るのはこの原理の応用です。堅い布団で寝ると背中側が適度な圧迫を受け、お腹側から汗が出るようになります。この汗は空気に触れ、蒸発しやすくなる。寝具と密着している側はあまり汗をかかないということもなく、夏風邪の原因になる寝冷えもしにくくなります。


扇風機を上に向けて、部屋の中の空気を対流っせたり、体を締めつけない寝間着を身につけたりして、汗が蒸発しやすいようにすることも大切です。


「半側発汗」は普段の生活でも応用できますよ。たとえば、顔汗が大量に出て困ったときは、バストトップから5セント上ぐらいを圧迫すると一時的に顔の汗が止まります。またブラジャーをきつくしたり、着物を着ているときであれば帯紐をきつく締めても一定の効果があるでしょう。舞妓さんが帯で強く胸を締めているのは、顔の汗を抑えて化粧崩れを防ぐためだと言われていて、これはまさに「半側発汗」の応用ですね。


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

寝汗―頭部や首、腰などに粘っこい汗をかいていたら要注意

寝入りばなの汗は、熟睡するために必要な汗です。脳細胞を落ち着かせるために、視床下部の発汗中枢が体温を下げようとして汗をかくからです。このときの発汗は寝汗といっても全く生理的なもので異常ではありません。

また、朝方に多くの汗をかく人がみられます。睡眠にはレム睡眠と呼ばれる時間帯がありますが、このときに怖い夢や興奮する夢を見ると、中枢が刺激されて汗が出てくるのです。レム睡眠の時間は朝方に向けて増加するので、着ているパジャマが朝ぐしょぐしょになり、気になる人もいますが病的な意味はありません。

ところが、眠っている間に持続的に粘っこい汗を頭部や首から胸の回り、腰から股の間にかく場合は、注意する必要があります。これは寝汗と区別して、中医学では「盗汗」と呼ばれています。生理的な寝汗はサラサラしていますが、盗汗の場合は血漿の成分が多く、濃い汗で、皮膚に出ても蒸発しにくくベトベトしています。また、汗でミネラルや水分が失われているので、起きたときから疲労感があるのが盗汗の特徴です。寝汗を嫌がり、寝る前の水分摂取を避ける人もいますが、それは逆効果です。汗による脱水で血液の濃度が濃くなってしまいますので、十分に水分をとるようにしましょう。

盗汗は、虚弱な人や不眠、口渇、精神不安がある人、結核、甲状腺機能亢進症などの消耗生疾患を患っている人に多くみられます。このような汗がしばらく続き、原因が不明の場合は、医療機関を受診してください。


飲酒と寝酒の関係ですが、アルコールにはもともと皮膚血管を広げて発汗を促進させる性質があります。二日酔いのときも汗は出やすく、二日酔いの原因となっているアセトアルデヒドが体温調節中枢に直接働いて、発汗中枢を刺激するからです。



五味常明・読売新聞大手小町編集部 著
『汗っかきを治す72のワザ+α』(保健同人社)より


汗っかきを治す72のワザ+α





多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

記事検索
リンク

加齢臭、その原因と対策
活性酸素の生成を抑える抗酸化食品を摂る等の加齢臭防止の方法をご紹介しています。

体のニオイの悩みに応える体臭ブログ
においをケアして、悩みを解消、もっときれいになろう。

わきがで悩んでいる方のためのブログ
ワキガの原因から、ワキガの悩みを解消するための様々な方法を取り上げています。

健康食品関連リンク

各種ビタミンの健康への効果を紹介した書籍
トマトのリコピンやトコトリエノールなどのビタミン関連の健康食品を紹介したサイトです。ハート出版の健康書籍ふるさと文庫から。

健康によいビタミンの本(ブログ)
アスタキサンチンやリコピンなど健康によい各種のビタミン類を紹介したブログです。

ソムリエのいるイタリアン酒場、何駄感駄
池袋での結婚式の2次会や忘年会など各種宴会、パーティーで人気のお店、何駄感駄(なんだかんだ)公式サイトです。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

since 2009.04.07

プロフィール

医学博士・五味常明
1949年、長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。ワキガ・体臭・多汗治療の現場で実践。 わきがの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。 TVや雑誌でも活躍中。 99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

五味クリニック院長
流通経済大学 客員教授
日本心療外科研究会代表
体臭・多汗研究所所長

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ