多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長が、汗に悩む方の心のケアを重視した、様々な対策や治療法をご紹介します。

多汗症や汗のニオイに悩む方のためのブログ(五味クリニック)トップ > 体温調節

新着情報
  • 単なる体内の水分排出ではないさまざまな汗の役割
  • 汗を嫌わずにどんどんかいてください。新陳代謝が活発になり、免疫力も高まります。

体温調節

単なる体内の水分排出ではないさまざまな汗の役割

汗のもっと大事な役割は体温調節
汗をかくのは、単に水分を体外に排出しているだけではありません。体内の温度を一定に保つという重要な役割があります。周囲の温度や体内の熱が高くなったときに、発汗によって熱を体外に発散しているのです。

発汗による体温調節は人間にしか備わっていません。犬は舌を出して熱を発散させたり、象は水浴び、豚は泥をからだにこすりつけるなどして、体温を下げています。

人間にこうした機能があるのは、人間の脳が熱に弱く、40度以上の熱が数十分続くと意識障害を起こしてしまうためです。つまり熱に弱い脳を守るため、体内に熱がたまったときに、すみやかに体温を下げるシステムなのです。このほかにも、いい汗をかくと新陳代謝が高まる、肌がきれいになるといったよい面があります。


できるだけかきたくないと嫌われがちな汗
現代人は汗をかきにくくなっている傾向があります。エアコンの普及で、室内や電車・バス・車の中は春夏秋冬一定の温度に保たれ、交通手段が発達してからだを動かす機会が減ったことが関係しているのでしょう。

さらに、昨今の「清潔志向」の影響も考えられます。日本人は特に「臭い」に敏感です。「汗=くさい」というイメージがあるらしく、汗を汚いものの象徴としてとらえがちです。「オヤジ臭」などという言葉がはやった影響で、若い世代だけでなく、中高年までが汗を敬遠するようになっています。ところが、その一方で、健康のために汗を出そうと、お金を出して岩盤浴やサウナにせっせと通う人もいるのです。なんと矛盾しているのでしょうか。

一昔前は額に汗して働いたり、からだを動かして汗を流すのは美徳であり、健康の象徴でした。汗をかかないでいると、汗腺の機能はどんどん低下していき、汗をかきにくくなってしまいます。上手に汗がかけなければ、発熱したり、外気温が高いところにいるときなど、いざというときの体温調節がうまくできなくなります。

夏になると、熱中症で倒れる人のニュースが聞かれますが、汗を上手にかけなくなったことも影響しているのかもしれません。エアコンが普及して快適な生活が送れるからといって、汗を軽視しないようにしたいものです。


MOANALIFE 2008年5月



この情報が参考になったという方はクリックを

人気ブログランキングへ


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

汗を嫌わずにどんどんかいてください。新陳代謝が活発になり、免疫力も高まります。

 ご存知のように、人間は汗をかくことで体温を調整しています。体温が上がる→汗をかく→かいた汗が皮膚表面で蒸発する→気化熱で体温を体の外に逃がしているわけです。

 汗をかくために大事な器官が汗腺です。人間の体には400万〜500万個の汗腺がありますが、実際に働いている「能動汗腺」は、全体の約半分と言われています。残りの半分は環境が急変したときに対応できるように休眠しています。

 季節によっても能動汗腺の数は変わります。暑い夏には能動汗腺の数が増えて体温を逃し、寒い冬には能動汗腺を減らすことで気温の変化に順応してきたわけです。

 ところがこのところ、夏になっても汗をかきにくい人が増えています。暖かい季節になっても能動汗腺の数が増えないケースです。言うまでもなく、冷房が普及してきたせいでしょう。

 能動汗腺が増えないと、どうなるのか。

 まず、体温調節が上手にできなくなります。暑いときに熱が体にこもりやすくなるので、熱中症になりやすくなります。

 さらに、汗の質が変わります。汗をかきやすい人は水のようなサラサラした汗をかきますが、汗をかきにくい人の汗はネバネバした汗になります。私は「悪い汗」と呼んでいますが、血漿の成分やミネラルをたくさん含んでいるので、蒸発しにくくて臭いが強いという性質があります。体の方はミネラルが失われるので、夏バテのような慢性疲労の症状が起こりやすくなります。

 ではどうしたらいいのか。

 なるべく、夏は汗をかきやすい生活を心がけてください。真夏の暑い日に冷房を一切使うなというわけにもいきませんが、せめて外気と室内の温度差を5℃以内に抑えてください。

 汗腺が活発に活動することで、サラサラしたいい汗をかける。細胞の代謝が活発になると、血流が増えて酸素が全身に運ばれて、さらに代謝が高まるといういい循環が生まれていきます。

通販生活2009年夏号


*「通販生活」ではこの後、7つの汗臭、汗ジミ対策商品が紹介されています。




この情報が参考になったという方はクリックを
人気ブログランキングへ


多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)

記事検索
リンク

加齢臭、その原因と対策
活性酸素の生成を抑える抗酸化食品を摂る等の加齢臭防止の方法をご紹介しています。

体のニオイの悩みに応える体臭ブログ
においをケアして、悩みを解消、もっときれいになろう。

わきがで悩んでいる方のためのブログ
ワキガの原因から、ワキガの悩みを解消するための様々な方法を取り上げています。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

since 2009.04.07

プロフィール

医学博士・五味常明
1949年、長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。ワキガ・体臭・多汗治療の現場で実践。 わきがの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。 TVや雑誌でも活躍中。 99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

五味クリニック院長
流通経済大学 客員教授
日本心療外科研究会代表
体臭・多汗研究所所長

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ