Q.汗っかきで、夏場はとくにたくさん汗をかきます。こまめに拭き取ったり、可能なときは着替えをしたりしていますが、やっぱりにおうのでは、と心配です。汗のニオイを防ぐよい方法はありますか?


A.いちばん簡単な方法は、汗をかき慣れることです。

ダラダラ、ベトベト、汗臭い!
近年、汗のイメージは最悪です。ひと昔前、汗は労働の結晶であり、スポーツでかく汗は健康の象徴でした。現代人は、なぜ汗をかくことを敬遠するようになったのか? それは臭い汗をかくようになったからです。

本来、かきたての汗は無臭です。汗の成分は99%以上が水、残りは塩化ナトリウム等の微量のミネラルです。その汗を長時間放置しておくと、皮膚の上で常在菌が繁殖し、汗臭くなるのです。ですから、汗をかいても細菌が繁殖する前に拭くなど、皮膚を清潔に保てばいくら汗をかいても臭くありません。

ところが、現代人の汗はかきたてから臭くなっています。それは、濃度が濃く、大粒でネバネバした「悪い汗」をかくからです。この悪い汗は皮膚の上ですばやく蒸発しないため、体温調節がうまくいかないことに加え、汗の中の血漿のニオイ成分が出てくるため、臭いのです。

悪い汗をかくのは、汗腺機能が衰えているからです。どのような器官でも、使わなければ機能が低下します。運動選手が現役を引退すると筋力が低下し、高齢者が寝たきりになると心肺機能が低下するのと同じで、汗をかかないでいると汗腺機能が低下してしまうのです。汗腺は汗の原料である血液を血管から汲み取り、血漿の成分は血管に戻して水だけを汗として出しますが、汗腺機能が低下すると血漿の成分も汗として出てきます。これはアンモニアや尿素などのニオイ成分が含まれているため、臭くなるのです。

では、臭くない「よい汗」をかくにはどうすればよいか? それは汗をかき慣れることです。四季の移ろいを肌で感じ、適度な量の汗をかくこと、冷房に頼らず、外気との温度差を5度程度にとどめること、積極的に体を動かし、体の中から沸いてくるエネルギーで汗をかくこと、エアコン漬けや運動不足の生活を改めることがよい汗をかく第一歩です。




参考になったという方はクリックを

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村










多汗症についての相談(回答内容別)
多汗症についての相談(質問内容別)